tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CAL

名称

cal, ncal – カレンダおよびイースターの日付を表示する

内容

書式


cal [-jy] [ [month] year ]
cal [-j] -m month [year]
ncal [-jJpwy] [-s country_code] [ [month] year ]
ncal [-Jeo] [year]

解説

cal ユーティリティは簡単なカレンダを表示します。 また ncal は別のフォーマット、追加のオプション、イースターの日付も提供します。 新しいフォーマットは込み入っていますが、 25x80 文字の端末で一年が表示できます。 引数が指定されなかった場合は今月のものを表示します。

オプションには以下のものがあります:
-J
  ユリウス暦でカレンダを表示します。 -e オプションと共に使用すると、ユリウス暦でのイースターを表示します。
-e
  イースターの日付を表示します (西方教会)。
-j
  ユリウス日で表示します。(1 月 1 日を第 1 日とする通日です) (訳注:天文学での定義とは異なります。[Mar.1996])
-m month
  指定した month を表示します。
-o
  東方正教会のイースターの日付を表示します (ギリシャおよびロシアの東方正教会)。
-p
  カントリーコードと、ユリウス暦からグレゴリオ暦へ移行したと ncal が見なす日付を表示します。 ローカル環境で定義されるカントリーコードにはアスタリスクが表示されます。
-s country_code
  ユリウス暦からグレゴリオ暦へ移行した日付を country_code に基づくものとします。 指定しない場合には、 ncal はローカル環境に基づき推定しますが、 推定に失敗した場合は、1752 年 9 月 2 日であるとします。 この日付は、英国およびその植民地がグレゴリオ暦に移行した日付です。
-w
  週のカラムの下に週の番号を表示します。
-y
  指定した年のカレンダを表示します。

パラメータが 1 つの時は西暦年 (1 - 9999) を指定したものとして、 その年のカレンダを表示します。 年は完全な形で指定して下さい。例えば "cal 89" では 1989 年のカレンダを表示 しません 。 パラメータが 2 つの時は月と年を指定します。 月は、1 から 12 の間の数値か、 現在のロケールで定義される完全な名前または短縮名です。 月と年のデフォルトは、現在のシステムクロックとタイムゾーンによるものです (ので、 "cal -m 8" は、今年の 8 月のカレンダを表示します)。

一年は 1 月 1 日から始まります。

関連項目

calendar(3), strftime(3)

歴史

cal コマンドは AT&T v5 から登場しました。 ncal は FreeBSD 2.2.6 に登場しました。

作者

ncal コマンドとマニュアルは Wolfgang Helbig <helbig@FreeBSD.org> が作成しました。

バグ

ユリウス暦からグレゴリオ暦に移行した日付とカントリーコードの対応は、 多くの国について不適当です。

CAL (1) November 23, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Do you laugh when the waiter drops a tray full of dishes? Unix weenies do. They're the first ones to laugh at hapless users, trying to figure out an error message that doesn't have anything to do with what they just typed.
— The Unix Haters' handbook