tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CAL

名称

cal, ncal – カレンダおよびイースターの日付を表示する

内容

書式


cal [-jy] [ [month] year ]
cal [-j] -m month [year]
ncal [-jJpwy] [-s country_code] [ [month] year ]
ncal [-Jeo] [year]

解説

cal ユーティリティは簡単なカレンダを表示します。 また ncal は別のフォーマット、追加のオプション、イースターの日付も提供します。 新しいフォーマットは込み入っていますが、 25x80 文字の端末で一年が表示できます。 引数が指定されなかった場合は今月のものを表示します。

オプションには以下のものがあります:
-J
  ユリウス暦でカレンダを表示します。 -e オプションと共に使用すると、ユリウス暦でのイースターを表示します。
-e
  イースターの日付を表示します (西方教会)。
-j
  ユリウス日で表示します。(1 月 1 日を第 1 日とする通日です) (訳注:天文学での定義とは異なります。[Mar.1996])
-m month
  指定した month を表示します。
-o
  東方正教会のイースターの日付を表示します (ギリシャおよびロシアの東方正教会)。
-p
  カントリーコードと、ユリウス暦からグレゴリオ暦へ移行したと ncal が見なす日付を表示します。 ローカル環境で定義されるカントリーコードにはアスタリスクが表示されます。
-s country_code
  ユリウス暦からグレゴリオ暦へ移行した日付を country_code に基づくものとします。 指定しない場合には、 ncal はローカル環境に基づき推定しますが、 推定に失敗した場合は、1752 年 9 月 2 日であるとします。 この日付は、英国およびその植民地がグレゴリオ暦に移行した日付です。
-w
  週のカラムの下に週の番号を表示します。
-y
  指定した年のカレンダを表示します。

パラメータが 1 つの時は西暦年 (1 - 9999) を指定したものとして、 その年のカレンダを表示します。 年は完全な形で指定して下さい。例えば "cal 89" では 1989 年のカレンダを表示 しません 。 パラメータが 2 つの時は月と年を指定します。 月は、1 から 12 の間の数値か、 現在のロケールで定義される完全な名前または短縮名です。 月と年のデフォルトは、現在のシステムクロックとタイムゾーンによるものです (ので、 "cal -m 8" は、今年の 8 月のカレンダを表示します)。

一年は 1 月 1 日から始まります。

関連項目

calendar(3), strftime(3)

歴史

cal コマンドは AT&T v5 から登場しました。 ncal は FreeBSD 2.2.6 に登場しました。

作者

ncal コマンドとマニュアルは Wolfgang Helbig <helbig@FreeBSD.org> が作成しました。

バグ

ユリウス暦からグレゴリオ暦に移行した日付とカントリーコードの対応は、 多くの国について不適当です。

CAL (1) November 23, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

An ASCII character walks into a bar and orders a double. "Having a bad day?" asks the barman. "Yeah, I have a parity error," replies the ASCII character. The barman says, "Yeah, I thought you looked a bit off."