tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CRONTAB

名称

crontab – 個人用の crontab の編集を行う (V3)

内容

書式


crontab [-u user] file
crontab [-u user] { -l | -r | -e }

解説

crontab ユーティリティは、 Vixie Cron の cron(8) デーモンが扱うテーブル内のエントリの 追加、削除、およびリスト表示を行います。 各ユーザは、自分用の crontab ファイルを持つことができます。 このファイルは /var 内にありますが、 これはエディタで直接変更するためのものではありません。

もし allow ファイル ( /var/cron/allow) が存在した場合、このコマンドを 使うためには、あなたの名前がこの allow ファイルになければなりません。 また、 allow ファイルは存在しないが deny ファイル ( /var/cron/deny) が存在した場合に、 このコマンドを使うためには、あなたの名前がこの deny ファイルにあっては いけません 。 どちらのファイルも存在しない場合、サイト依存の設定パラメータにより スーパユーザだけがこのコマンドを使うことができるか、 すべてのユーザがこのコマンドを使うことができるかが決定されます。 これらのファイルの書式は、行ごとにユーザ名を記述するものであり、 空白を前にも後にも入れてはなりません。 これに合致しない行は無視されますので、コメントとして使用可能です。

このコマンドの最初の書式は file から新しい crontab をインストールする 場合に使います。 ファイル名として '-' が指定された時は、標準入力から読み込みます。

以下のオプションを使用可能です:
-u
  指定した user の crontab ファイルに対して操作を行います。 このオプションがない場合には、コマンドを実行した人 の crontab ファイルに対しての操作になります。 su(1) をしている場合は混乱する可能性がありますから、安全を期するため、 この場合には -u をつねにつけるようにすべきです。
-l
  現在の crontab ファイルを標準出力に表示します。
-r
  現在の crontab ファイルを削除します。
-e
  現在の crontab を編集します。 環境変数 VISUAL もしくは EDITOR があれば、この環境変数で指定したエディタを利用します。 指定したエディタは、ファイルをその場で編集するものであることが 必要 です。 ファイルを削除してから再作成するエディタは、使用不可です。 エディタを終了すれば、crontab ファイルが自動的にインストールされます。

関連項目

crontab(5), cron(8)

関連ファイル

/var/cron/allow
/var/cron/deny
 

規格

この実装では最初の形式でファイル名を指定せずに crontab を起動することを許さないことを除き、 crontab コマンドは IEEE Std 1003.2 ("POSIX.2") に適合しています。 標準入力から読み込むためには、 擬似的なファイル名 '-' を指定する必要があります。 この新しい文法は以前の Vixie Cron のものとも 古典的な SVR3 のものとも異なっています。

診断

誤ったコマンド行を与えて実行した場合、 使用法についてのかなり有益なメッセージが出力されます。

作者

Paul Vixie <paul@vix.com>

CRONTAB (1) December 29, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

On two occasions I have been asked [by members of Parliament], 'Pray, Mr. Babbage, if you put into the machine wrong figures, will the right answers come out?' I am not able rightly to apprehend the kind of confusion of ideas that could provoke such a question.
— Charles Babbage