tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CRONTAB

名称

crontab – 個人用の crontab の編集を行う (V3)

内容

書式


crontab [-u user] file
crontab [-u user] { -l | -r | -e }

解説

crontab ユーティリティは、 Vixie Cron の cron(8) デーモンが扱うテーブル内のエントリの 追加、削除、およびリスト表示を行います。 各ユーザは、自分用の crontab ファイルを持つことができます。 このファイルは /var 内にありますが、 これはエディタで直接変更するためのものではありません。

もし allow ファイル ( /var/cron/allow) が存在した場合、このコマンドを 使うためには、あなたの名前がこの allow ファイルになければなりません。 また、 allow ファイルは存在しないが deny ファイル ( /var/cron/deny) が存在した場合に、 このコマンドを使うためには、あなたの名前がこの deny ファイルにあっては いけません 。 どちらのファイルも存在しない場合、サイト依存の設定パラメータにより スーパユーザだけがこのコマンドを使うことができるか、 すべてのユーザがこのコマンドを使うことができるかが決定されます。 これらのファイルの書式は、行ごとにユーザ名を記述するものであり、 空白を前にも後にも入れてはなりません。 これに合致しない行は無視されますので、コメントとして使用可能です。

このコマンドの最初の書式は file から新しい crontab をインストールする 場合に使います。 ファイル名として '-' が指定された時は、標準入力から読み込みます。

以下のオプションを使用可能です:
-u
  指定した user の crontab ファイルに対して操作を行います。 このオプションがない場合には、コマンドを実行した人 の crontab ファイルに対しての操作になります。 su(1) をしている場合は混乱する可能性がありますから、安全を期するため、 この場合には -u をつねにつけるようにすべきです。
-l
  現在の crontab ファイルを標準出力に表示します。
-r
  現在の crontab ファイルを削除します。
-e
  現在の crontab を編集します。 環境変数 VISUAL もしくは EDITOR があれば、この環境変数で指定したエディタを利用します。 指定したエディタは、ファイルをその場で編集するものであることが 必要 です。 ファイルを削除してから再作成するエディタは、使用不可です。 エディタを終了すれば、crontab ファイルが自動的にインストールされます。

関連項目

crontab(5), cron(8)

関連ファイル

/var/cron/allow
/var/cron/deny
 

規格

この実装では最初の形式でファイル名を指定せずに crontab を起動することを許さないことを除き、 crontab コマンドは IEEE Std 1003.2 ("POSIX.2") に適合しています。 標準入力から読み込むためには、 擬似的なファイル名 '-' を指定する必要があります。 この新しい文法は以前の Vixie Cron のものとも 古典的な SVR3 のものとも異なっています。

診断

誤ったコマンド行を与えて実行した場合、 使用法についてのかなり有益なメッセージが出力されます。

作者

Paul Vixie <paul@vix.com>

CRONTAB (1) December 29, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

As soon as we started programming, we found to our surprise that it wasn't as easy to get programs right as we had thought. Debugging had to be discovered. I can remember the exact instant when I realized that a large part of my life from then on was going to be spent in finding mistakes in my own programs.
— Maurice Wilkes