tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — ENIGMA

名称

enigma, crypt – 非常に単純なファイルの暗号化

内容

書式


enigma [-s] [-k] [password]
crypt [-s] [-k] [password]

解説

enigma ユーティリティは crypt という名前でも知られていますが、 "秘密鍵" をベースとする 非常に 単純な暗号化プログラムです。 これはフィルタとして働きます。 つまり、標準入力からの一連のデータを 暗号化または復号化し、その結果を標準出力に出力します。 動作は完全に対称なので、 (同じ秘密鍵を用いて) 暗号化された データストリームを再度入力としてエンジンに与えると、 それが復号化されます。

秘密鍵をプログラムに渡す方法はいくつかあります。 デフォルトでは、制御端末上で getpass(3) を用いて、ユーザに鍵を入力するよう促します。 これが安全に鍵を渡す唯一の方法です。

別の方法としては、プログラム起動時に、単独のコマンド行引数 password によって鍵を渡すこともできます。 明らかなことですが、この方法を用いると、 ps(1) を実行している他のユーザが、簡単に鍵を見破ることができます。 さらにもう 1 つの方法としては、コマンド行引数として -k オプションを与えると、 enigma は環境変数 CrYpTkEy から鍵を取得します。 この方法は、一見前述の他の方法よりも安全なように見えますが、 実際はそうではありません。 というのは、環境変数もまた ps(1) で調べることができるからです。 従って、このオプションは、主に他の実装の enigma との互換性のために存在します。

-s オプションを指定すると、 enigma は、もう少し安全だと思われるように暗号化エンジンを変更しますが、 他の実装との互換性はなくなります。

警告

enigma の暗号化手法としての価値はかなり小さいです。 このプログラムは、 この手の実装 (通常、 crypt(1) という名前のもの) を持つ他のオペレーティングシステムとの 互換性を保つためだけのものです。 本格的な暗号化については、 bdes(1), openssl(1), pgp(1), gpg(1) を参照してください。 しかしながら、いくつかの国ではこのようなツールの輸出、輸入、使用に対する 制限が存在するかもしれないので、これらの強力なツールは、デフォルトでは オペレーティングシステムと一緒には配布されていません。

環境変数

CrYpTkEy -k オプション指定時に、この変数から秘密鍵を取得します。

使用例

man enigma | enigma > encrypted
Enter key: (XXX — 鍵は表示されません)

このマニュアルページを暗号化して、その結果を ‘encrypted’ というファイルに格納します。

enigma XXX < encrypted

前の例で作成されたファイルを端末上に表示します。

関連項目

bdes(1), gpg(1), openssl(1), pgp(1), ps(1), getpass(3)

歴史

crypt の実装は Unix オペレーティングシステムの間では非常にありふれたものです。 本プログラムの実装は、パブリックドメインの Cryptbreakers Workbench のものを使用しました。

ENIGMA (1) May 14, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Unix...best if used before: Tue Jan 19 03:14:08 GMT 2038