tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — LPRM

名称

lprm – 印刷ジョブをキューから削除する

内容

書式


lprm [-P printer] [-] [job # ...] [user ...]

解説

lprm ユーティリティは 1 つのジョブ、もしくは複数のジョブをプリンタの スプールキューから削除します。スプールディレクトリはユーザから保護され ているので、ジョブの削除は lprm を利用するのが唯一の手段です。 ジョブの所有者は、ユーザのログイン名と lpr(1) を実行した計算機のホスト名で決定されます。

オプションとしては以下のものがあります:
-P printer
  printer を扱うキューを指定します (指定しない場合はデフォルトのプリンタを使います)。
- もし単一の `-' が与えられた場合、 lprm はユーザのすべてのジョブを削除します。 もしスーパユーザがこのオプションを使った場合、スプール キューは完全に空になります。
user lprm は、 user の所有するすべてのジョブを削除しようと 試みます。この lprm の呼び出し方は、スーパユーザだけに有用です。
job #
  ユーザは、ジョブ番号を指定することで個々のジョブをキューから 削除することができます。この番号は lpq(1) プログラムから得ることができます。たとえば、以下のようになります。

% lpq -l

1st:ken                         [job #013ucbarpa]         (standard input)        100 bytes % lprm 13

もし、どのオプションも与えられなかったときは、 lprm を実行したユーザが持つアクティブなジョブを削除します。

lprm ユーティリティは削除するファイルの名前をアナウンスしますが、もしキュー内 に削除するジョブがないときには何もアナウンスしません。

lprm ユーティリティは、 スプールのファイルを削除する前に、もし必要であればアクティブな デーモンを殺します。デーモンを殺した場合、ファイルを削除したあとで 新しいデーモンを自動的に再スタートさせます。

環境変数

もし、以下の環境変数が存在したならば、 lprm は利用します。
PRINTER
  もし環境変数 PRINTER が存在し、プリンタを -P オプションで指定しなかった場合、デフォルトプリンタは PRINTER の値となります。

関連ファイル

/etc/printcap プリンタの特徴を記述するファイル
/var/spool/* スプールディレクトリ
/var/spool/*/lock 現在のデーモンのプロセス ID と、現在アクティブなジョブのジョブ番号を 得るためのロックファイル

関連項目

lpq(1), lpr(1), lpd(8)

診断

もし、自分が所有者でないファイルを削除しようとした時は、 ``Permission denied'' になります。

バグ

ロックファイルの更新時に、競争になる場合があるので、現在のアクティブ なジョブを正しく認識しないかもしれません。

歴史

lprm コマンドは BSD 3.0 から登場しました。

LPRM (1) June 6, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

The number of UNIX installations has grown to 10, with more expected.
— UNIX Programming Manual, 1972