tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — MAILQ

名称

mailq - メールのキューを表示する

内容

書式

mailq [-Ac] [-q...] [-v]

解説

mailq は、後で配送するためにキューに蓄えたメールを一覧表示します。

各メッセージの 1 行目は、 ステータス文字が付くことがある、ホストがメッセージにつける内部の識別子と、 メッセージのバイト数、キューに入れられた日付と時間、 メッセージの送り手を表示します。 2 行目は、このメールがキューに入れられる原因となったエラーを表示します。 このメッセージは、 キューのなかでメールが最初に処理されているときには表示されません。 ステータス文字は次のいずれかです: * は、ジョブが処理中であることを示し、 X は、ジョブを処理するには負荷が高すぎることを示し、 - は、ジョブが処理するには若すぎることを示します。 そのあとの行には、メールの受け手が 1 行に 1 人ずつ表示されます。 mailq は ``sendmail -bp'' と等価です。

次のオプションを使用可能です:
-Ac /etc/mail/submit.cf で指定されるメール提出キューを、 /etc/mail/sendmail.cf で指定される MTA キューの代りに表示します。
-qL 通常キューの項目ではなく、「失われた」項目を表示します。
-qQ 通常キューの項目ではなく、隔離された項目を表示します。
-q[!]I substr
  処理されるジョブを、キュー ID のサブ文字列として substr を含むものに限定します。 ! が指定された場合には、含まれないものに限定します。
-q[!]Q substr
  処理されるジョブを、隔離された理由のサブ文字列として substr を含む隔離されたジョブに限定します。 ! が指定された場合には、含まれないものに限定します。
-q[!]R substr
  処理されるジョブを、受信者のサブ文字列として substr を含むものに限定します。 ! が指定された場合には、含まれないものに限定します。
-q[!]S substr
  処理されるジョブを、送信者のサブ文字列として substr を含むものに限定します。 ! が指定された場合には、含まれないものに限定します。
-v 詳細な情報を表示します。 通常の表示に加え、メッセージの優先度と、 警告メッセージを送ったか否かを示す 1 文字の記号 (``+'' か空白) を最初の行に追加します。 さらに、メールの受け手の ``制御ユーザ (controlling user)'' 情報を表示します; これは、このメールによって実行されるプログラムの所有者および、 存在するのであれば、このコマンドが展開される元のエイリアス名です。 さらに、取得可能であれば、各受信者に関する状態メッセージを表示します。
mailq は成功した場合は 0 を、エラーが起きた場合は 0 より大きな 値を返します。

関連項目

sendmail(8)

歴史

mailq は 4.0BSD から登場しました。

$Date: 2002/06/27 22:47:34 $ MAILQ (1)

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

Like a classics radio station whose play list spans decades, Unix simultaneously exhibits its mixed and dated heritage. There's Clash-era graphics interfaces; Beatles-era two-letter command names; and systems programs (for example, ps) whose terse and obscure output was designed for slow teletypes; Bing Crosby-era command editing (# and @ are still the default line editing commands), and Scott Joplin-era core dumps.
— The Unix Haters' handbook