tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NOHUP

名称

nohup – 回線切断の影響を受けないようにしてユーティリティを実行する

内容

書式


nohup [-] utility [arguments]

解説

nohup SIGHUP シグナルを無視するように設定し、指定されたコマンドを指定された arguments 付で実行します。 標準出力が端末の時、コマンドの出力はカレントディレクトリのファイル nohup.out に追加書き込みされます。標準エラー出力が端末の時も、 標準出力と同様に処理されます。

シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの nohup コマンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照してください。

環境変数

nohup は以下の環境変数を参照します。
HOME カレントディレクトリにファイル nohup.out が作成できなかった場合、環境変数 HOME で示されたディレクトリに作成します。
PATH 名前に ‘/’ が 1 個も含まれない場合、指定された utility を見付けるために使用されます。

診断

nohup ユーティリティは次のいずれかの値で終了します:
126 utility は見付かりましたが、起動できませんでした。
127 utility が見付からなかったか、 nohup 内でエラーとなりました。

その他の場合、 nohup の終了ステータスは utility の終了ステータスとなります。

関連項目

builtin(1), csh(1), signal(3)

規格

nohupIEEE Std 1003.2 ("POSIX.2") 互換であるはずです。

バグ

2 個以上の nohup のインスタンスが出力を同じファイルに追加書き込みすることができ、 これにより混ぜ合わさった出力が作られます。

NOHUP (1) July 19, 2001

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The number of UNIX installations has grown to 10, with more expected.
— UNIX Programming Manual, 1972