tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — READELF

名称

readelf - ELF ファイルに関する情報を表示

内容

書式

readelf [-a|--all]
[-h|--file-header]
[-l|--program-headers|--segments]
[-S|--section-headers|--sections]
[-e|--headers]
[-s|--syms|--symbols]
[-n|--notes]
[-r|--relocs]
[-u|--unwind]
[-d|--dynamic]
[-V|--version-info]
[-A|--arch-specific]
[-D|--use-dynamic]
[-x <number>|--hex-dump=<number>]
[-w[liaprmfFso]|
--debug-dump[=line,=info,=abbrev,=pubnames,=ranges,=macro,=frames,=frames-interp,=str,=loc]]
[-I|-histogram]
[-v|--version]
[-W|--wide]
[-H|--help]
elffile...

解説

readelf は 1 つ以上の ELF フォーマットオブジェクトファイルに関する情報を表示します。 オプションでどの情報を表示するかを制御します。

elffile... は対象となるオブジェクトファイルです。 32 ビット ELF および 64 ビット ELF を サポートしています。 また、ELF ファイルを含むアーカイブもサポートしています。

このプログラムは objdump と似た機能を持っていますが、 こちらの方がより詳細に分け入りますし、BFD ライブラリと 独立に存在しています。 ですから、BFD にバグがあっても readelf には影響はありません。

オプション

ここで示される長い形式と短い形式のオプションは互いに等価です。 -v-H 以外のオプションについては、 必ずどれか 1 つ以上指定しなければなりません。
-a
--all --file-header, --program-headers, --sections, --symbols, --relocs, --dynamic, --notes, --version-info を指定するのと等価です。
-h
--file-header ファイルの先頭にある ELF ヘッダに含まれる情報を 表示します。
-l
--program-headers
--segments ファイルがセグメントヘッダを持っている場合、それに含まれる情報を表示します。
-S
--sections
--section-headers ファイルがセクションヘッダを持っている場合、それに含まれる情報を表示します。
-s
--symbols
--syms ファイルがシンボルテーブルセクションを持っている場合、そのエントリを 表示します。
-e
--headers ファイル中のすべてのヘッダを表示します。 -h -l -S と等価です。
-n
--notes NOTE セグメントが存在する場合、それを表示します。
-r
--relocs ファイルが再配置セクションを持っている場合、その内容を表示します。
-u
--unwind ファイルが巻き戻しセクションを持っている場合、その内容を表示します。 現在、IA64 ELF ファイルの巻き戻しセクションだけが サポートされています。
-u
--unwind ファイルが巻き戻しセクションを持っている場合、その内容を表示します。 現在、IA64 ELF ファイルの巻き戻しセクションだけが サポートされています。
-d
--dynamic ファイルが動的セクションを持っている場合、その内容を表示します。
-V
--version-info ファイルにバージョンセクションが存在する場合、その内容を表示します。
-A
--arch-specific ファイル中にアーキテクチャ固有情報が存在する場合、それを表示します。
-D
--use-dynamic シンボルを表示する時に、シンボルセクションではなく動的セクションにある シンボルテーブルを使うようにします。
-x <number>
--hex-dump=<number> 指定されたセクションの内容を 16 進ダンプの形式で表示します。
-w[liaprmfFso]
--debug-dump[=line,=info,=abbrev,=pubnames,=ranges,=macro,=frames,=frames-interp,=str,=loc] ファイルにデバッグセクションが存在すれば、その内容を表示します。 このスイッチに続いてレターあるいは単語のひとつを指定すると、 それらの指定されたセクションで発見されたデータのみが ダンプされます。
-I
--histogram シンボルテーブルを表示する時にバケットリストの長さの ヒストグラムを表示します。
-v
--version readelf のバージョン番号を表示します。
-W
--wide 80 桁に収まるようには行ブレークしません。 デフォルトでは、64 ビット ELF ファイルに対し、 readelf はセクションヘッダとセグメントリスト行が 80 桁に収まるように 出力行をブレークします。 本オプションを指定すると、readelf は、 各セグメントに対応する各セクションヘッダを 1 行に 1 個ずつ表示します。 これは 80 桁より広い端末においてはるかに読み易いでしょう。
-H
--help readelf が解釈するコマンドラインオプションを 表示します。

関連項目

objdump(1)と、binutils の Info エントリ。

COPYRIGHT

Copyright (c) 1991, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 2000, 2001, 2002, 2003 Free Software Foundation, Inc.

Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.1 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, with no Front-Cover Texts, and with no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled ``GNU Free Documentation License''.


2004-04-09 READELF (1) binutils-2.14.91

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

… one of the main causes of the fall of the Roman Empire was that, lacking zero, they had no way to indicate successful termination of their C programs.
— Robert Firth