tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — SCP

名称

scp – 安全なファイルコピー (リモート ファイルコピー プログラム)

内容

書式


scp [-1246BCpqrv] [-c 暗号化アルゴリズム] [-F ssh_configファイル] [-i identityファイル] [-l limit] [-o ssh_option] [-P ポート番号] [-S プログラム] [[user@]ホスト 1:]ファイル 1[...] [[user@]ホスト 2:]ファイル 2

解説

scp はネットワーク上のホスト間でファイルをコピーします。 これはデータ転送に ssh(1) を使い、これと同様の認証をおこないます。 これによって、 ssh(1) と同様のセキュリティを提供します。 rcp(1) とは違って、 scp は認証に必要な場合には、 パスワードやパスフレーズを尋ねてきます。

各ファイル名には、ホストおよびユーザの指定を含めることができます。 これはそのファイルがどのホストから、 あるいはどのホストにコピーされるかを指定するものです。 2 つのリモートホスト間でのファイルコピーもできます。

オプションは次のとおりです:
-1
  scp はプロトコル 1 を使用します。
-2
  scp はプロトコル 2 を使用します。
-4
  scp は IPv4 アドレスのみを使用します。
-6
  scp は IPv6 アドレスのみを使用します。
-B
  バッチモードを選択します (パスワードやパスフレーズを尋ねないようにします)。
-C
  圧縮を有効にします。 -C フラグは圧縮を有効にするために ssh(1) にそのまま渡されます。
-c cipher
  データ転送に使う暗号化アルゴリズムを選択します。 このオプションは直接 ssh(1) に渡されます。
-F ssh_config
  ssh に対し、ユーザ毎の設定ファイルに別のファイルを指定します。 このオプションは直接 ssh(1) に渡されます。
-i identity_file
  RSA 認証用の秘密鍵を読むファイルを選択します。 このオプションは直接 ssh(1) に渡されます。
-l limit
  使用するバンド幅を制限します。 Kbit/s で指定します。
-o ssh_option
  設定ファイル ssh_config(5) で使われている形式のオプションを ssh に渡すために使います。 これは scp が独立したコマンドラインオプションを持っていないような 項目を設定するのに便利です。 下のリストにあるオプションの詳細と可能な値については、 ssh_config(5) を参照してください。

AddressFamily
BatchMode
BindAddress
ChallengeResponseAuthentication
CheckHostIP
Cipher
Ciphers
Compression
CompressionLevel
ConnectionAttempts
ConnectionTimeout
GlobalKnownHostsFile
GSSAPIAuthentication
GSSAPIDelegateCredentials
Host
HostbasedAuthentication
HostKeyAlgorithms
HostKeyAlias
HostName
IdentityFile
IdentitiesOnly
LogLevel
MACs
NoHostAuthenticationForLocalhost
NumberOfPasswordPrompts
PasswordAuthentication
Port
PreferredAuthentications
Protocol
ProxyCommand
PubkeyAuthentication
RhostsRSAAuthentication
RSAAuthentication
ServerAliveInterval
ServerAliveCountMax
SmartcardDevice
StrictHostKeyChecking
TCPKeepAlive
UsePrivilegedPort
User
UserKnownHostsFile
VerifyHostKeyDNS
 
-P ポート番号
  リモートとホストに接続するポート番号を指定します。 このオプションは大文字の 'P' であることに注意してください。 これは小文字の -p が、時刻やパーミッションを 保存するオプションとして rcp(1) によってすでに使われているためです。
-p
  コピー元ファイルの最終修正時刻、最終アクセス時刻、 およびパーミッションを保存するようにします。
-q
  進行状況を表すメータを表示しないようにします。
-r
  ディレクトリ全体を再帰的にコピーします。
-S プログラム
  暗号化された接続に使う プログラム の名前を指定します。 このプログラムは ssh(1) のオプションが使用できなくてはいけません。
-v
  冗長表示モード。 scpssh(1) が進行中のデバッグメッセージを表示するようにします。 これは接続や認証、設定の問題などを デバッグするときに役立ちます。

診断

scp は、成功すると終了状態として 0 を、 エラーが起こると >0 を返します。

関連項目

rcp(1), sftp(1), ssh(1), ssh-add(1), ssh-agent(1), ssh-keygen(1), ssh_config(5), sshd(8)

歴史

scp は、カリフォルニア州立大学評議会 (the Regents of the University of California) による BSD ソースコードの rcp(1) を元にしています。

作者

Timo Rinne <tri@iki.fi> および、 Tatu Ylonen <ylo@cs.hut.fi>

日本語訳

新山 祐介 (yusuke at cs . nyu . edu) 2002/6/21 (for 3.3 p1)

当マニュアルページは氏のご好意により FreeBSD 向けに修正を加えて FreeBSD 日本語マニュアルに収録させていただいています。 翻訳についてのご意見、ご指摘がありましたら FreeBSD jpman プロジェクト <man-jp@jp.FreeBSD.org> または新山氏 (yusuke at cs . nyu . edu) までお送りください。


SCP (1) September 25, 1999

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

I have a natural revulsion to any operating system that shows so little planning as to have to named all of its commands after digestive noises (awk, grep, fsck, nroff).