tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — STRINGS

名称

strings - ファイル内の表示可能な文字列を表示する

内容

書式

strings [-afov] [-min-len]
[-n min-len] [--bytes=min-len]
[-t radix] [--radix=radix]
[-e encoding] [--encoding=encoding]
[-] [--all] [--print-file-name]
[--target=bfdname]
[--help] [--version] file...

解説

GNU strings は、 file で与えられたファイルに対して 4 文字 (または下記のオプションで指定された 文字数) 以上続く表示可能な文字で、その直後に表示不可能な文字が続いて いるものを表示します。 デフォルトでは、オブジェクトファイルに対しては 初期化されたセクションとロードされるセクション内の文字列のみを表示します。 それ以外の種類のファイルに対してはファイル全体の文字列を表示します。

strings は主に非テキストファイルの内容を判別するのに有効です。

オプション

-a
--all
- オブジェクトファイルの走査範囲を初期化されたセクションとロードされる セクションだけに限定せず、ファイル全体を調べます。
-f
--print-file-name 各文字列の前にファイル名を表示します。
--help プログラム のオプションの概要を標準出力に出力して終了します。
-min-len
-n min-len
--bytes=min-len min-len 文字以上の文字列を出力します。デフォルトは 4 文字です。
-o -t o と同じです。 -o-t d のように動作する strings のバージョンもあります。 どちらとも互換になることはできませんので、単に一方を選んだだけです。
-t radix
--radix=radix 各文字列の前に、ファイル内のオフセット (位置) を出力します。 1 文字からなる引数によりオフセットの表示形式 (o が 8 進、x が 16 進、d が 10 進) を指定します。
-e encoding
--encoding=encoding みつける文字列のエンコードを選択します。 encoding に指定可能な値は、 s = 7 ビット単一バイト文字 (ASCII, ISO 8859 等。 デフォルト)、 S = 8 ビット単一バイト文字、 b = 16 ビットのビッグエンディアン、 l = 16 ビットのリトルエンディアン、 B = 32 ビットのビッグエンディアン、 L = 32 ビットのリトルエンディアンです。 ワイド文字の文字列をみつけるのに有用です。
--target=bfdname システムのデフォルトではないオブジェクトコード形式を指定します。
-v
--version プログラム のバージョン番号を標準出力に出力して終了します。

関連項目

ar(1), nm(1), objdump(1), ranlib(1), readelf(1), Info の binutils の項。

COPYRIGHT

Copyright (c) 1991, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 98, 99, 2000, 2001, 2002, 2003 Free Software Foundation, Inc.

Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.1 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, with no Front-Cover Texts, and with no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled ``GNU Free Documentation License''.


2004-04-09 STRINGS (1) binutils-2.14.91

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

One of the advantages of using UNIX to teach an operating systems course is the sources and documentation will easily fit into a student's briefcase.
— John Lions