tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — TFTP

名称

tftp – 簡単なファイル転送プログラム

内容

書式


tftp [host [port]]

解説

tftp ユーティリティは、インターネット TFTP (Trivial File Transfer Protocol) を用いて、リモートマシンとの間の ファイル転送を行うためのユーザインタフェースです。 リモートマシン名 host は、 tftp 起動時にコマンドラインで指定することが可能です。 この場合、 host はファイル転送を行う際のデフォルトのホストとして使われます。 (以下の connect コマンドを参照のこと)。

コマンド

tftp 起動後、コマンド入力を促すプロンプト "tftp>" が表示されます。 この状態で使用できるコマンドは以下の通りです。

? command-name ...
  ヘルプメッセージを出力します。

ascii ``mode ascii'' の略です。

binary ``mode binary'' の略です。

connect host [port]
  ファイル転送を行う host を(必要あれば port 番号も同時に) 設定します。 なお、 TFTP プロトコルは、 FTP プロトコルと違い、無通信状態においてはホスト間の コネクションを保持しないことに注意してください。 つまり、 connect コマンドはホスト 間のコネクションを確立するのではなく、実際には転送を行うホストを 記憶するのに使用されます。 使用者は connect コマンドを使用する必要はなく、 get もしくは put コマンドを使用する時にリモートホストを指定することができます。

get [host : ]file [localname]
get
  [host1 : ]file1 [host2 : ]file2 ... [hostN : ]fileN リモートホストから 1 個以上のファイルを取得します。 host 引数を使用すると、将来の転送において host がデフォルトで使用されます。 localname が指定されると、ファイルはローカルには localname という名前で保存されます。 そうでない場合には、元のファイル名が使用されます。 同時に 2 個のファイルをダウンロードできないことに注意してください。 同時に 1 個、3個、3 個以上のいずれかのみが可能です。

ホストに IPv6 数値アドレスを指定するには、 "[3ffe:2900:e00c:ffee::1234]:file" のように角括弧で括り、IPv6 アドレスの区切りのコロンと ホストとファイル名の区切りのコロンとが区別できるようにしてください。

mode transfer-mode
  転送モードを設定します。 transfer-mode ascii binary の 2 通りがあります。 デフォルトは ascii となります。

put file [[host : ]remotename]
put file1 file2 ... fileN [[host : ]remote-directory]
  リモートホストへ 1 個のファイルもしくはファイル集合を転送します。 remotename が指定されると、リモートで保存されるファイル名は remotename になります。 そうでない場合には、元のファイル名が使用されます。 remote-directory 引数が使用されると、リモートホストは Unix マシンとみなされます。 host に IPv6 数値アドレスを指定するには、 get コマンドの例を参照してください。

quit tftp を終了します。 EOF (^D) を入力した場合も同様です。

rexmt retransmission-timeout
  パケット毎の再送タイムアウト時間を秒単位で設定します。

status 現在の tftp の状態を表示します。

timeout total-transmission-timeout
  全体の転送タイムアウト時間を、秒単位で設定します。

trace トグル動作でパケットトレース機能の ON/OFF を設定します。

verbose
  トグル動作でバーボーズモードの ON/OFF を設定します。

バグ

TFTP プロトコルには、ユーザ認証機構がないために、リモートマシン上のファイルには 何らかの種類のアクセス制限が生じることがあります。 それらに関してはいろいろな例があるため、ここには記述しません。

33488896 オクテット (65535 ブロック) を越えるファイルは、 クライアントとサーバがブロックサイズのネゴシエーション (RFC1783) を サポートしていなければ、転送不可能です。

歴史

tftp コマンドは BSD 4.3 から登場しました。

TFTP (1) October 1, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

What is this horrible fascination with Unix? The operating system of the 1960s, still gaining in popularity in the 1990s.
— Donald A. Norman