tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — TIME

名称

time – コマンドの実行時間の計測

内容

書式


time [-al] [-h | -p] [-o file] utility [argument ...]

解説

time ユーティリティは、指定された utility を実行し、処理に要した時間を計測します。 utility の実行を終えると、 実行開始から実際に経過した時間、 utility の実行に要した時間、 システムのオーバヘッドに費された時間を、(秒単位で) 標準エラー出力に出力します。

使用可能なオプションは次の通りです:
-a
  -o が使用されている場合、上書きするのではなく、指定されたファイルに追加します。 -o が使用されていない場合には、このオプションは効果ありません。
-h
  人に優しい書式で時刻を表示します。 時刻は、分や時間等の適切な書式で表示されます。
-l
  デフォルトの出力に加え、 rusage 構造体の内容を表示します。
-o file
  出力を標準エラー出力ではなく file に対して行います。 file が存在し、 -a フラグが指定されなかった場合、ファイルは上書きされます。
-p
  POSIX.2 に従った出力を、 time にさせます (各時間が各行に表示されます)。

シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの time コマンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照してください。

環境変数

PATH 環境変数は、名前に ‘/’ が 1 個も含まれない場合、指定された utility を見付けるために使用されます。

診断

utility を成功裏に時間計測できた場合、コマンドの終了状態が返されます。 utility が異常終了した場合、警告メッセージが標準エラー出力に出力されます。 utility が見付かったものの実行できなかった場合、終了状態は 126 になります。 utility が見付からなかった場合、終了状態は 127 になります。 time が他のエラーとなった場合、終了状態は 1 以上 125 以下となります。

関連項目

builtin(1), csh(1), getrusage(2), wait(2)

規格

time ユーティリティは、 ISO/IEC 9945-2:1993 (``POSIX'') に従っていると期待されています。

歴史

time ユーティリティは AT&T v3 から登場しました。

TIME (1) June 6, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Unix is a junk OS designed by a committee of PhDs.
— Dave Cutler