tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — WHOIS

名称

whois – インターネットのドメイン名とネットワーク番号のディレクトリサービス

内容

書式


whois [-aAbdgiIklmQrR6] [-c country-code | -h host] [-p port] name ...

解説

whois ユーティリティは、ネットワークインフォメーションセンタ ( NIC) のデータベースのレコード検索を行ないます。

オプションとしては以下のものがあります。
-a
  American Registry for Internet Numbers ( ARIN) データベースを使用します。 ここには、 APNIC および RIPE 以外がカバーする全世界の IP 番号があります。

ヒント: ARIN whois データベース内の連絡先ハンドルは、すべて、 "-ARIN" で終ります。

-A
  Asia/Pacific Network Information Center ( APNIC) データベースを使用します。 ここには、東アジア、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島の IP 番号があります。
-b
  Network Abuse Clearinghouse のデータベースを使用します。 このデータベースは、ネットワークの濫用を報告すべきアドレスを含み、 ドメイン名でインデックスされています。
-c country-code
  -h オプションを "country-code.whois-servers.net" という引数と共に使用するのと同等です。
-d
  米国国防省 (US Department of Defense) データベースを使用します。 .MIL のサブドメインの連絡先があります。
-g
  米国の軍以外の連邦政府データベースを使用します。 .GOV のサブドメインの連絡先があります。
-h host
  デフォルトのバリアントに代えて、指定したホストを用います。 ホスト名もしくは IP 番号を指定可能です。

デフォルトでは、提供された (単一の) 引数のトップレベルドメイン ( TLD) に ".whois-servers.net" を追加することにより、 whois が使用する whois サーバ名を構築します。 この効果的な方法により、多くの TLD が適切な whois サーバを自動選択できます。

IP アドレスが指定された場合、whois サーバはデフォルトの American Registry for Internet Numbers ( ARIN) になります。 ARIN への問い合わせが APNIC, LACNIC, RIPE のいずれかを参照する場合、 -Q オプションが指定されていなければ、そのサーバに対しても問い合わせを行います。

問い合わせがドメイン名でも IP アドレスでもない場合、見付からない場合には、 whois whois.crsnic.net を使用します。

-i
  Network Solutions Registry for Internet Numbers ( whois.networksolutions.com) データベースを使用します。 ここにはほとんどの .COM, .NET, .ORG, .EDU ドメインのネットワーク番号とドメインの連絡先情報があります。

注意 ! 現在これらのドメインの登録は、多くの独立した競合する登録会社が行っています。 本データベースには、Network Solutions, Inc. 以外の登録会社が登録した ドメインの情報はまったく含まれません。 また、 InterNIC データベース ( whois.internic.net) は既に Network Solutions, Inc. の取り扱いでないことに注意してください。 詳細は http://www.internic.net/ を参照してください。

ヒント: 術語 handle で識別される連絡先情報は、 NIC ハンドルの前に "handle " を付けることで検索可能です。

-I
  Internet Assigned Numbers Authority ( IANA) のデータベースを使用します。 これは、トップレベルドメインに関するネットワーク情報を保持します。
-k
  National Internet Development Agency of Korea の ( KRNIC) データベースを使用します。 ここには、韓国のネットワーク番号とドメインの連絡先情報があります。
-l
  Latin American and Caribbean IP address Regional Registry ( LACNIC) データベースを使用します。 ここには、多くのラテンアメリカとカリブ海諸国のネットワーク番号があります。
-m
  Route Arbiter Database ( RADB) データベースを使用します。 ここには、多くのオペレータのネットワークのポリシ仕様があります。
-p port
  port ポートの whois サーバに接続します。 本オプションが指定されないと whois はデフォルトのポート 43 を使用します。
-Q
  高速検索します。 whois が、権威のある whois サーバ (が列挙されていた場合、これ) に名前を問いあわせようとしないことを意味します。 本オプションは、他のオプションと組み合わせると効果がありません。
-r
  R´eseaux IP Europ´eens ( RIPE) データベースを使用します。 ここには、ヨーロッパのネットワーク番号とドメインの連絡先情報があります。
-R
  Russia Network Information Center ( RIPN) データベースを使用します。 ここには、 .RU のネットワーク番号とドメインの連絡先情報があります。 本オプションは価値が低下しています。 代りに、 -c オプションに引数 "RU" を付けて使用してください。
-6
  IPv6 Resource Center ( 6bone) データベースを使用します。 ここには、IPv6 のネットワーク名とアドレスがあります。

whois に指定されたオペランドは個別に取り扱われ、 別々の whois サーバへの問い合わせに使用されるかもしれません。

使用例

ほとんどのタイプのデータ、例えばドメイン名や IP アドレスは、オプション無しで whois の引数とすることが可能であり、 whois は正しい検索先 whois サーバを選択します。 例外、すなわち whois が正しくデータを扱えないものについては、以下に詳細を示します。

ロシアの TLD ドメイン "RU" 中の管理者の連絡先情報を得るには、次の例のように -c オプションを使用します。 ここで、 CONTACT-ID は実際の連絡先識別子で置き換えます。

    whois -c RU CONTACT-ID

(注: この例は TLD "RU" に固有ですが、他の TLD でも同様の書式で問い合わせ可能です。)

次の例は、 IPv6 アドレスまたはホスト名に関する情報を -6 を使用して取得する方法を示します。 これにより、問い合わせは 6bone に向けられます。

    whois -6 IPv6-IP-Address

次の例は、非標準のポートを使って whois サーバへ問い合わせる 方法を示します。 "query-data" が、ポート "rwhois" (数値としては 4321 と表記されます) 上の "whois.example.com" へ送られる問い合わせです。

    whois -h whois.example.com -p rwhois query-data

関連項目

Ken Harrenstien, Vic White, RFC 812, NICNAME/WHOIS, 1 March 1982.

歴史

whois コマンドは BSD 4.3 から登場しました。

WHOIS (1) December 11, 2004

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

F U cn rd dis U mst uz Unix.