tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — GETPEERNAME

名称

getpeername – 接続されたピア (通信相手) の名前の取得

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <sys/types.h>
#include <sys/socket.h>

int
getpeername(int s, struct sockaddr * restrict name, socklen_t * restrict namelen);

解説

getpeername() システムコールは、ソケット s に接続されたピア (通信相手) の名前を返します。 namelen 引数には、 name が指す空間の大きさを示す値を入れておく必要があります。 戻る時に、これには返された名前の 実際のサイズ (バイト単位) が入れられます。 準備されたバッファが小さすぎる場合、名前は切り捨てられます。

戻り値

The getpeername function returns the value 0 if successful; otherwise the value -1 is returned and the global variable errno is set to indicate the error.

エラー

以降の場合を除いて呼び出しは処理に成功します:
[EBADF]
  引数 s が有効な記述子ではありません。
[ECONNRESET]
  接続がピアによってリセットされました。
[ENOTSOCK]
  引数 s はソケットではなくファイルです。
[ENOTCONN]
  ソケットが接続されていません。
[ENOBUFS]
  操作を実行するための十分なリソースがシステムにありません。
[EFAULT]
  name パラメータは、プロセスのアドレス空間の有効な領域の範囲外を指しています。

関連項目

accept(2), bind(2), getsockname(2), socket(2)

歴史

getpeername() システムコールは BSD 4.2 で登場しました。

GETPEERNAME (2) June 4, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

If you are angry with someone, you should walk a mile in their shoes - then you'll be a mile away from them, and you'll have their shoes.