tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — GETSID

名称

getsid – プロセスセッションを得る

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <unistd.h>

pid_t
getsid(pid_t pid);

解説

getsid()pid によって識別されるプロセスのセッション ID を返します。 pid が 0 の場合、 getsid() は現在のプロセスのセッション ID を返します。

戻り値

処理が正常に完了すると、 getsid() システムコールは指定されたプロセスのセッション ID を返します。 そうでない場合は値 -1 が返され、エラーを示すために errno が設定されます。

エラー

getsid() システムコールは次の場合を除いて正常に完了します:
[ESRCH]
  pid で指定されたプロセス ID を持つプロセスがない場合

実装によっては、このシステムコールを呼び出しプロセスと 同じセッション ID を持つプロセスに制限する可能性が あることに注意してください。

関連項目

getpgid(2), getpgrp(2), setpgid(2), setsid(2), termios(4) [英語]

歴史

getsid() システムコールは FreeBSD 3.0 ではじめて登場しました。 getsid() システムコールは AT&T V での使用法に由来しています。

GETSID (2) August 19, 1997

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

"I liken starting one's computing career with Unix, say as an undergraduate, to being born in East Africa. It is intolerably hot, your body is covered with lice and flies, you are malnourished and you suffer from numerous curable diseases. But, as far as young East Africans can tell, this is simply the natural condition and they live within it. By the time they find out differently, it is too late. They already think that the writing of shell scripts is a natural act."
— Ken Pier, Xerox PARC