tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — curs_addchstr

名称

addchstr, addchnstr, waddchstr, waddchnstr, mvaddchstr, mvaddchnstr, mvwaddchstr, mvwaddchnstr - キャラクタ(および属性)のストリングを ncurses ウィンドウに追加する

内容

書式

#include <ncurses.h>

int addchstr(chtype *chstr);
int addchnstr(chtype *chstr, int n);
int waddchstr(WINDOW *win, chtype *chstr);
int waddchnstr(WINDOW *win, chtype *chstr, int n);
int mvaddchstr(int y, int x, chtype *chstr);
int mvaddchnstr(int y, int x, chtype *chstr, int n);
int mvwaddchstr(WINDOW *win, int y, int x, chtype *chstr);
int mvwaddchnstr(WINDOW *win, int y, int x, chtype *chstr, int n);

解説

これらのルーチンは、chstr を、ウィンドウイメージ構造内の現在の カーソル位置およびカーソル位置の後にコピーします。最後の引数として n を持つ 4 つのルーチンは、多くとも n 個のエレメントをコピーしますが、それより多くは行に入りません。 n=-1 の場合、ストリング全体が、行に入る最大 キャラクタ数までコピーされます。

ウィンドウカーソルは進められません。これらのルーチンは waddnstr より高速に機能します。しかし、使用するときには注意を払う必要があります。 どんな種類のチェックもせず (たとえば、改行キャラクタのチェック)、 現在のカーソル位置を進めず、右余白と交差する場合は新しい行に ラップアラウンドせずにストリングを切り捨てるからです。

戻り値

これらのルーチンはすべて、処理が失敗すると整数 ERR で返ります。 処理が成功して完了すると、ERR 以外の整数値が返されます。 ただし、これまでのルーチンの説明で異なるように注記した場合は別です。

注釈

waddchnstr 以外のルーチンはすべてマクロである可能性があることに 注意してください。

関連項目

ncurses(3)

curs_addchstr (3)

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The Unix phenomenon is scary. It doesn't go away.
— Steve Ballmer