tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — ASSERT

名称

assert – 式検証マクロ

内容

書式

#include <assert.h>

assert(expression);

解説

assert() マクロは、指定された expression を試験し、偽の場合は、呼び出し元プロセスは終了されます。 診断メッセージが stderr に書き込まれ、関数 abort(3) が呼び出されてプログラムを効率的に終了します。

expression が真の場合、 assert() マクロは何もしません。

assert() マクロはコンパイル時に NDEBUG をマクロとして定義することで除去できます (例えば cc(1) のオプション -D NDEBUG を使います)。

診断

expression が偽の場合、次の診断メッセージが stderr に書き込まれます。
"assertion \"%s\" failed: file \"%s\", line %d\n", \
                    "expression", __FILE__, __LINE__);

関連項目

abort(3)

歴史

assert マクロは AT&T v6 で登場しました。

ASSERT (3) January 26, 1999

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.