tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BITSTRING

名称

bit_alloc, bit_clear, bit_decl, bit_ffs, bit_nclear, bit_nset, bit_set, bitstr_size, bit_test – ビット列操作マクロ

内容

書式

#include <bitstring.h>

bitstr_t *
bit_alloc(int nbits);

void
bit_decl(bitstr_t *name, int nbits);

void
bit_clear(bitstr_t *name, int bit);

void
bit_ffc(bitstr_t *name, int nbits, int *value);

void
bit_ffs(bitstr_t *name, int nbits, int *value);

void
bit_nclear(bitstr_t *name, int start, int stop);

void
bit_nset(bitstr_t *name, int start, int stop);

void
bit_set(bitstr_t *name, int bit);

int
bitstr_size(int nbits);

int
bit_test(bitstr_t *name, int bit);

解説

これらのマクロはビット列を操作します。

マクロ bit_alloc() は、 nbits 個のビットを格納するのに十分な空間を指す型 "bitstr_t *" のポインタを返します。または、空間が利用できない場合は NULL を返します。

マクロ bit_decl() は、 nbits 個のビットを格納するのに十分な空間をスタックに割り付けます。

マクロ bitstr_size() は、 nbits 個のビットを格納するのに必要な、型 bitstr_t の要素の数を返します。これはビット列をコピーするのに便利です。

マクロ bit_clear() とマクロ bit_set() は、ビット列 name の中の、0 を起点として bit 番目のビットをクリアまたは設定します。

マクロ bit_nset() とマクロ bit_nclear() は、ビット列 name の中の start から stop までの (0 を起点として番号付けした) ビットをセットまたは クリアします。

マクロ bit_test() は、ビット列 name 内で、0 を起点として bit 番目のビットがセットされている場合、評価結果は 0 でない値になり、 それ以外の場合は 0 と評価されます。

マクロ bit_ffs() は、 name が参照する nbits ビットの配列のなかで、セットされたビットが最初に現れる位置を
0 を起点として番号付けした値を、 value が参照する位置に格納します。どのビットも設定されていない場合、 value が参照する位置に、-1 が設定されます。

マクロ bit_ffc() は、 name が参照する nbits ビットの配列のなかで、セットされていないビットが最初に現れる位置を、 0 を起点として番号付けした値を、 value が参照する位置に格納します。どのビットも設定されている場合、 value が参照する位置に、-1 が設定されます。

これらのマクロの引数は、 1 回だけ評価され、安全な副作用がある 可能性があります。

#include <limits.h>
#include <bitstring.h>

... #define LPR_BUSY_BIT            0 #define LPR_FORMAT_BIT          1 #define LPR_DOWNLOAD_BIT        2 ... #define LPR_AVAILABLE_BIT       9 #define LPR_MAX_BITS            10

make_lpr_available() {         bitstr_t bit_decl(bitlist, LPR_MAX_BITS);         ...         bit_nclear(bitlist, 0, LPR_MAX_BITS - 1);         ...         if (!bit_test(bitlist, LPR_BUSY_BIT)) {                 bit_clear(bitlist, LPR_FORMAT_BIT);                 bit_clear(bitlist, LPR_DOWNLOAD_BIT);                 bit_set(bitlist, LPR_AVAILABLE_BIT);         } }

関連項目

malloc(3)

歴史

bitstring 関数は BSD 4.4 ではじめて登場しました。

BITSTRING (3) July 19, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

"I liken starting one's computing career with Unix, say as an undergraduate, to being born in East Africa. It is intolerably hot, your body is covered with lice and flies, you are malnourished and you suffer from numerous curable diseases. But, as far as young East Africans can tell, this is simply the natural condition and they live within it. By the time they find out differently, it is too late. They already think that the writing of shell scripts is a natural act."
— Ken Pier, Xerox PARC