tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BITSTRING

名称

bit_alloc, bit_clear, bit_decl, bit_ffs, bit_nclear, bit_nset, bit_set, bitstr_size, bit_test – ビット列操作マクロ

内容

書式

#include <bitstring.h>

bitstr_t *
bit_alloc(int nbits);

void
bit_decl(bitstr_t *name, int nbits);

void
bit_clear(bitstr_t *name, int bit);

void
bit_ffc(bitstr_t *name, int nbits, int *value);

void
bit_ffs(bitstr_t *name, int nbits, int *value);

void
bit_nclear(bitstr_t *name, int start, int stop);

void
bit_nset(bitstr_t *name, int start, int stop);

void
bit_set(bitstr_t *name, int bit);

int
bitstr_size(int nbits);

int
bit_test(bitstr_t *name, int bit);

解説

これらのマクロはビット列を操作します。

マクロ bit_alloc() は、 nbits 個のビットを格納するのに十分な空間を指す型 "bitstr_t *" のポインタを返します。または、空間が利用できない場合は NULL を返します。

マクロ bit_decl() は、 nbits 個のビットを格納するのに十分な空間をスタックに割り付けます。

マクロ bitstr_size() は、 nbits 個のビットを格納するのに必要な、型 bitstr_t の要素の数を返します。これはビット列をコピーするのに便利です。

マクロ bit_clear() とマクロ bit_set() は、ビット列 name の中の、0 を起点として bit 番目のビットをクリアまたは設定します。

マクロ bit_nset() とマクロ bit_nclear() は、ビット列 name の中の start から stop までの (0 を起点として番号付けした) ビットをセットまたは クリアします。

マクロ bit_test() は、ビット列 name 内で、0 を起点として bit 番目のビットがセットされている場合、評価結果は 0 でない値になり、 それ以外の場合は 0 と評価されます。

マクロ bit_ffs() は、 name が参照する nbits ビットの配列のなかで、セットされたビットが最初に現れる位置を
0 を起点として番号付けした値を、 value が参照する位置に格納します。どのビットも設定されていない場合、 value が参照する位置に、-1 が設定されます。

マクロ bit_ffc() は、 name が参照する nbits ビットの配列のなかで、セットされていないビットが最初に現れる位置を、 0 を起点として番号付けした値を、 value が参照する位置に格納します。どのビットも設定されている場合、 value が参照する位置に、-1 が設定されます。

これらのマクロの引数は、 1 回だけ評価され、安全な副作用がある 可能性があります。

#include <limits.h>
#include <bitstring.h>

... #define LPR_BUSY_BIT            0 #define LPR_FORMAT_BIT          1 #define LPR_DOWNLOAD_BIT        2 ... #define LPR_AVAILABLE_BIT       9 #define LPR_MAX_BITS            10

make_lpr_available() {         bitstr_t bit_decl(bitlist, LPR_MAX_BITS);         ...         bit_nclear(bitlist, 0, LPR_MAX_BITS - 1);         ...         if (!bit_test(bitlist, LPR_BUSY_BIT)) {                 bit_clear(bitlist, LPR_FORMAT_BIT);                 bit_clear(bitlist, LPR_DOWNLOAD_BIT);                 bit_set(bitlist, LPR_AVAILABLE_BIT);         } }

関連項目

malloc(3)

歴史

bitstring 関数は BSD 4.4 ではじめて登場しました。

BITSTRING (3) July 19, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.