tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — curs_scroll

名称

scroll, scrl, wscrl - scroll a ncurses window

内容

書式

#include <ncurses.h>

int scroll(WINDOW *win);
int scrl(int n);
int wscrl(WINDOW *win, int n);

解説

scroll ルーチンは、ウィンドウを 1 行だけ上方にスクロールします。これには、 ウィンドウデータ構造内の行を移動することが含まれます。ウィンドウの スクロール領域が画面全体である場合、最適化として、物理画面が同時に スクロールされます。

scrl ルーチンと wscrl ルーチンでは、 n が正の場合、ウィンドウを上方に n 行 スクロールします ( 行 i+ni になります ) 。そうでない場合、ウィンドウを 下方に n 行スクロールします。これにはウィンドウキャラクタイメージ構造内の行を 移動することが含まれます。現在のカーソル位置は変更されません。

これらの関数が機能するためには、 scrollok でスクロールを有効にする必要があります。

戻り値

すべてのルーチンが処理失敗すると整数 ERR を返し、処理が正常に完了すると ERR 以外の整数値を返します。

注釈

scrlscroll はマクロである可能性があることに注意してください。

関連項目

ncurses(3), curs_outopts(3)

curs_scroll (3)

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

A typical Unix /bin or /usr/bin directory contains a hundred different kinds of programs, written by dozens of egotistical programmers, each with its own syntax, operating paradigm, rules of use ... strategies for specifying options, and different sets of constraints.
— The Unix Haters' handbook