tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — curs_util

名称

unctrl, keyname, filter, use_env, putwin, getwin, delay_output, flushinp - miscellaneous ncurses utility routines

内容

書式

#include <ncurses.h>

char *unctrl(chtype c);
char *keyname(int c);
int filter(void);
void use_env(char bool);
int putwin(WINDOW *win, FILE *filep);
WINDOW *getwin(FILE *filep);
int delay_output(int ms);
int flushinp(void);

解説

unctrl マクロは、キャラクタ c の印刷可能な表現であるキャラクタストリングに 展開されます。制御キャラクタは ^X 表記で表示されます。印刷キャラクタ はそのとおりに表示されます。

keyname ルーチンは、キー c に対応するキャラクタストリングを返します。

filter ルーチンを使用する場合は、 initscr または newterm の前に呼び出す必要があります。そうすると ncurses は 1 行画面があると認識します。 ncurses は、画面のどの行にカーソルが配置されているか認識できることを想定する 端末機能を使用しません。

use_env ルーチンを使用する場合は、 initscr または newterm の前に呼び出す必要があります。引数として FALSE を指定して呼び出された場合、 terminfo データベースに指定された linecolumn の値が使用されます。環境変数 LINESCOLUMNS ( デフォルトで使用されます ) が設定されていても、または ncurses がウィンドウで実行されていてもです ( この場合、 LINESCOLUMNS が 設定されていない場合、デフォルトの動作ではウィンドウサイズを使用します ) 。

putwin ルーチンは、ウィンドウ win に対応するすべてのデータを filep が指すファイルに書き込みます。この情報は、 getwin 関数を使用して後で取り出すことができます。

getwin ルーチンは、 putwin によってファイルに保存されたウィンドウ関連データ を読み取ります。次に、このルーチンは、そのデータを使用して新しいウィンドウ を作成および初期化し、新しいウィンドウを指すポインタを返してきます。

delay_output ルーチンは、出力に ms ミリ秒を挿入します。このルーチンは広汎に使用しないでください。 CPU 休止ではなくパッドキャラクタが使用されるからです。

flushinp ルーチンは、ユーザが入力し、プログラムがまだ読み取っていない入力 ヘッドを廃棄します。

戻り値

flushinp を除いて、すべてのルーチンが、処理失敗すると整数 ERR を返してきます。処理が正常に完了した場合は、 ERR 以外の整数値を返します。

flushinp は必ず OK を返します。

ポインタを返すルーチンはエラーがあった場合は NULL を返します。

バグ

filter フィルタエントリ点はまだサポートされていません。

注釈

unctrl はマクロであることに注意してください。これは <unctrl.h> 内に定義されています。

関連項目

ncurses(3), curs_initscr(3) [英語], curs_scr_dmp(3).

curs_util (3)

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

I have a natural revulsion to any operating system that shows so little planning as to have to named all of its commands after digestive noises (awk, grep, fsck, nroff).