tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — PAM_SETCRED

名称

pam_setcred - ユーザに証明書を設定

内容

書式

#include <security/pam_appl.h>

int pam_setcred(pam_handle_t *pamh, int flags);

解説

pam_setcred

この関数を使用すると、ユーザの証明書の確立、保守、削除ができます。 ユーザが認証された後で、そのユーザのセッションを pam_open_session(3) で開く前に呼び出してください。

証明書には、グループメンバシップ、チケットファイル、PAM 環境変数など、 多くの形式があることに注意してください。このため、この関数を 呼び出す前にユーザの基本的な ID をアプリケーションで確立することが 重要になります。デフォルトの PAM 環境変数を設定し、 initgroups(2) かそれと同等のものを実行してください。

有効なフラグ

PAM_ESTABLISH_CRED
  ユーザの証明書を初期化します。

PAM_DELETE_CRED
  ユーザの証明書を削除します。

PAM_REINITIALIZE_CRED
  ユーザの証明書を削除してから初期化します。

PAM_REFRESH_CRED
  既存の証明書の有効期限を延期します。

戻り値

問題がない場合は、 PAM_SUCCESS が戻されます。その他すべての戻り値は、エラーとして扱ってください。

エラー

pam_strerror(3) でテキストに変換できます。

準拠

DCE-RFC 86.0, October 1995.

バグ

見つかっていません。

関連項目

pam_authenticate(3), pam_strerror(3), pam_open_session(3).

システム管理者モジュール開発者アプリケーション開発者 用の Linux-PAM ガイドも参照してください。


1997 July 6 PAM_SETCRED (3) PAM 0.58

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.