tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — STDIO

名称

stdio – 標準入出力ライブラリ関数

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <stdio.h>
FILE *stdin;
FILE *stdout;
FILE *stderr;

解説

標準 I/O ライブラリは、単純かつ効率的なバッファ付きストリーム I/O インタフェースを提供します。 入力と出力は論理的データストリームにマップされ、 物理的な I/O 特性値は隠されます。関数およびマクロは下に示す通りですが、 それぞれに関する個別のマニュアルページにさらに詳しい説明があります。

ストリームはファイルを 開く ことによって、外部ファイル (物理的なデバイスのときもあります) に 関連づけられます。 それによって新しいファイルが作成される場合もあります。 存在するファイルを作成しようとすると、 そのファイルの以前の内容は破棄されます。 ファイルが位置指定要求 (端末ではなく、ディスクファイルというような) を サポートする場合は、そのファイルが追加モードで開かれているのでない限り、 ストリームに関連づけられた ファイル位置指示子 はファイルの先頭 (バイト 0) を指します。 追加モードを使った場合は、位置指示子はファイルの最後を指します。 位置指示子は以降の読み取り、書込み、位置指定の要求によって取り扱われます。 すべての入力はあたかもキャラクタが fgetc(3) 関数の連続的な呼び出しによって読み取られたかのようにして行われ、すべての 出力はすべてのキャラクタが fputc(3) 関数の連続的な呼び出しによって 書込まれたかのようにして行われます。

ファイルは、そのファイルを 閉じる ことによってストリームとの関連づけが解除されます。 出力ストリームは、ファイルとの関連づけが解除される前にフラッシュされます (書込まれなかったバッファの内容はホスト環境に送られます)。 FILE オブジェクトへのポインタの値は、ファイルを閉じた後は 不定 (ゴミ) になります。

同じプログラムまたは別のプログラムの実行から ファイルを再度オープンしてもよく、 (ファイルの開始位置に再度位置づけできる場合は) 元のファイルの内容を再利用または変更できます。 main 関数が呼び出し元に返るか、または exit(3) 関数が呼び出された場合には、開いている全てのファイルは閉じられます (従って、すべての出力ストリームはフラッシュされます)。 それ以外の方法でプログラムを終了したときは、 ファイルが適切に閉じられない可能性があるため、 バッファリングされた出力が失われることがあります。 特に、 _exit(2) は stdio ファイルをフラッシュしません。シグナルによる exit も同様です。 abort(3) は POSIX の要請に従いバッファをフラッシュしますが、 以前の実装ではこれを行っていません。

この実装では、 "テキスト" と "バイナリ" のストリームを区別しません。 実際にはすべてのストリームはバイナリです。 いかなるストリームにも、 変換が行われたり余分のパディングが現れたりすることはありません。

プログラムの開始時には、次の 3 つのストリームが 事前に定義され、それらを明示的に開く必要はありません。

これらのストリームは stdin, stdout そして stderr と略記されます。 初期状態では標準エラーストリームはバッファリングされていません。 標準入力および出力ストリームは、そのストリームが isatty(3) 関数で判定されるような 会話型または "端末" デバイスへの参照でない場合に限り、完全にバッファリングされます。 実際に、端末デバイスを参照する新規に開かれた すべての ストリームは行バッファがデフォルトであり、 このようなストリームへの保留されている出力は、 入力ストリームが読み込まれたときは常に自動的に書込まれます。 このことは、 "本当の読み込み" に対してのみ当てはまることに注意してください。 読み込み要求がバッファリングされた既存のデータで間に合う場合は、 自動的なフラッシュは起きません。 このような場合、 または出力端末に行の一部をプリントした後で大量の処理が行う場合には、 出力が現れるように、先に進んで処理を行う前に、標準出力を fflush(3) する必要があります。 もしくは、これらのデフォルトを setvbuf(3) 関数で修正することでも可能です。

stdio ライブラリはライブラリ libc の一部であり、 ルーチンは C コンパイラによって必要に応じて自動的にロードされます。 以下のマニュアルの 書式 の節では、どのインクルードファイルが使用されるか、 関数に対するコンパイラの宣言がどのようになっているか、 どの外部変数が関係しているかを示します。

以下のものはマクロとして定義されています。これらの名称は、現在の定義を #undef を使って削除してからでないと再使用することはできません: BUFSIZ, EOF, FILENAME_MAX, FOPEN_MAX, L_cuserid, L_ctermid, L_tmpnam, NULL, P_tmpdir, SEEK_CUR, SEEK_END, SEEK_SET, TMP_MAX, clearerr, feof, ferror, fileno, fropen, fwopen, getc, getchar, putc, putchar, stderr, stdin, stdout, vfscanf 。 マクロ関数 clearerr(), feof(), ferror(), fileno(), getc(), getchar(), putc(), および putchar() には関数バージョンが存在し、 マクロ定義が明示的に削除された場合にはそれが使われます。

関連項目

close(2), open(2), read(2), write(2)

バグ

標準のバッファ付き関数は、他のライブラリ関数およびシステム関数、特に vfork(2) とはうまく相互運用することができません。

規格

stdio ライブラリは、 ISO/IEC 9899:1990 ("ISO C90") に適合しています。

関数一覧

関数 説明

asprintf
書式付き出力変換

clearerr
ストリームの状態のチェックとリセット

fclose
ストリームを閉じる

fdopen
ストリームを開く関数

feof
ストリームの状態のチェックとリセット

ferror
ストリームの状態のチェックとリセット

fflush
ストリームのフラッシュ

fgetc
入力ストリームから次のキャラクタまたはワードを取得

fgetln
ストリームから 1 行を取得

fgetpos
ストリームの位置指定

fgets
ストリームから 1 行を取得

fileno
ストリームの状態のチェックとリセット

fopen
ストリームを開く関数

fprintf
書式付き出力変換

fpurge
ストリームのフラッシュ

fputc
1 キャラクタまたは 1 ワードをストリームに出力

fputs
1 行をストリームに出力

fread
バイナリストリームの入力/出力

freopen
ストリームを開く関数

fropen
ストリームを開く

fscanf
書式付き入力変換

fseek
ストリームの位置指定

fsetpos
ストリームの位置指定

ftell
ストリームの位置指定

funopen
ストリームを開く

fwopen
ストリームを開く

fwrite
バイナリストリームの入力/出力

getc
入力ストリームから次のキャラクタまたはワードを取得

getchar
入力ストリームから次のキャラクタまたはワードを取得

gets
ストリームから 1 行を取得

getw
入力ストリームから次のキャラクタまたはワードを取得

mkdtemp
ユニークなテンポラリファイルを作成

mkstemp
ユニークなテンポラリファイルを作成

mktemp
ユニークなテンポラリファイルを作成

perror
システムエラーメッセージ

printf
書式付き出力変換

putc
1 キャラクタまたはワードをストリームに出力

putchar
1 キャラクタまたはワードをストリームに出力

puts
1 行をストリームに出力

putw
1 キャラクタまたはワードをストリームに出力

remove
ディレクトリエントリの削除

rewind
ストリームの位置指定

scanf
書式付き入力変換

setbuf
ストリームのバッファリング操作

setbuffer
ストリームのバッファリング操作

setlinebuf
ストリームのバッファリング操作

setvbuf
ストリームのバッファリング操作

snprintf
書式付き出力変換

sprintf
書式付き出力変換

sscanf
書式付き入力変換

strerror
システムエラーメッセージ

sys_errlist
システムエラーメッセージ

sys_nerr
システムエラーメッセージ

tempnam
テンポラリファイルルーチン

tmpfile
テンポラリファイルルーチン

tmpnam
テンポラリファイルルーチン

ungetc
入力ストリームに文字を返す

vasprintf
書式付き出力変換

vfprintf
書式付き出力変換

vfscanf
書式付き入力変換

vprintf
書式付き出力変換

vscanf
書式付き入力変換

vsnprintf
書式付き出力変換

vsprintf
書式付き出力変換

vsscanf
書式付き入力変換

STDIO (3) April 19, 1994

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Did you know that 7/5 people don't know how to use fractions?