tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — MX

名称

mx – Macronix 98713/98715/98725 ファストイーサネットデバイスドライバ

内容

書式

device mx0

解説

mx ドライバは Macronix 98713, 98713A, 98715, 98715A, 98725 ファストイーサネットコントローラチップを搭載した PCI イーサネットアダプタ やそれが組み込まれたコントローラをサポートします。NDC Communications SOHOware SFA110, SVEC PN102-TX ファストイーサネットカード などを含みます。

Macronix のチップはバスマスタ DMA を用い、DEC 'tulip' 互換として デザインされています。オリジナルの 98713 は 外部 PHY をコントロール するための MII バス を用いていますが、98713A より上位のチップは NWAY をサポートした内部トランシーバを用いています。Macronix のチップは DEC 21x4x コントローラとレジスタ互換であると公表されています。Macronix コントローラはすべて、10, 100 Mbps を全二重または半二重通信でサポート します。

mx ドライバは次のメディアタイプをサポートします。

autoselect メディアタイプとオプションの自動選択を有効にします。 ユーザは、 /etc/rc.conf ファイルにメディアオプションを加えることによって、 自動選択されたモードを手動で上書き可能です。
10baseT/UTP 10Mbps に設定します。 mediaopt オプションも full-duplex または half-duplex モードを選択するために使用可能です。
100baseTX 100Mbps (ファストイーサネット) に設定します。 mediaopt オプションも full-duplex または half-duplex モードを選択するために使用可能です。

mx ドライバは次のメディアオプションをサポートします。

full-duplex 全二重通信に設定します。
half-duplex 半二重通信に設定します。

メディアタイプ 100baseTX はアダプタがサポートしている場合にのみ可能です。 このデバイスの設定に関するさらなる情報は ifconfig(8) を参照してください。

診断

mx%d: couldn't map memory 致命的な初期化エラーが発生しました。
mx%d: couldn't map interrupt 致命的な初期化エラーが発生しました。
mx%d: watchdog timeout デバイスがネットワークに反応しなくなったか、 ネットワークとの接続 (ケーブル) に問題があります。
mx%d: no memory for rx list ドライバはレシーバリング用の mbuf の確保に失敗しました。
mx%d: no memory for tx list パッドバッファを確保、または mbuf チェインをクラスタに 縮めるときに、トランスミッタリング用の mbuf の確保に失敗しました。
mx%d: chip is in D3 power state -- setting to D0 パワーマネージメントをサポートするアダプタにのみ、このメッセージが出ま す。シャットダウン時にコントローラをローパワーモードにするオペレーティング システムがあり、チップ設定前にこの状態を解除しない PCI BIOS があります。 D3 状態において、コントローラは PCI の設定すべてを失うので、BIOS がそのときにフルパワーモードに設定しなおさなければ、正しく設定すること はできません。ドライバはこの状態を検出し、アダプタを D0 (フルパワー) 状態に設定しなおそうとしますが、ドライバを完全に操作できる状態にするの には至らないかもしれません。ブート時にこのメッセージが現れ、ドライバが ネットワークインタフェースとしてデバイスをアタッチすることに失敗するの なら、デバイスを適切に設定するために 2 度目のウォームブートを行う必要が あります。

他のオペレーティングシステムからウォームブートするときのみに、この状態は 起こります。 FreeBSD のブート前にシステムの電源を切れば、カードが正常に設定されます。

関連項目

arp(4), netintro(4), ifconfig(8)

http://www.macronix.com, Macronix 98713/A, 98715/A, 98725 データシート,

http://www.macronix.com, Macronix 98713/A, 98715/A アプリケーションノート,

歴史

mx デバイスドライバは FreeBSD 3.0 に初めて現れました。

作者

mx ドライバは Bill Paul <wpaul@ctr.columbia.edu> が書きました。

バグ

Macronix アプリケーションノートによると、チップを通常動作に設定するに は、ドライバはあるマジックナンバを CSR16 レジスタに書き込む必要があります。 そのマジックナンバはアプリケーションノートに書いてありますが、ビット の正確な意味は書いてありません。

98713A は 10Mbps 全二重通信モードに問題があるようです。 トランスミッタは動作しますが、レシーバは全体のパフォーマンスを著しく下 げるような不明なエラーを大量に出す傾向にあります。 98715A にはこの問題がありません。98713A のそれ以外のすべてのモードでは 正しく動作するようです。


FreeBSD MX (4) November 5, 1998

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

If you sat a monkey down in front of a keyboard, the first thing typed would be a unix command.
— Bill Lye