tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — PASS

NAME

pass – CAM アプリケーションパススルードライバ

内容

書式

device pass0 device pass2 at scbus0 target 3 lun 0

説明

pass ドライバはユーザランドアプリケーションに CAM CCB を発行する方法を 提供します。

pass ドライバは CAM サブシステムへ直接アクセスすることを可能に するため、このドライバへのアクセスを許可する場合、 システム管理者は用心するべきです。 このドライバは正しく使われないと、ユーザランドアプリケーションが マシンをクラッシュさせたり、データの損失を引き起こすことを可能にする かもしれません。

pass ドライバは検出されたすべての SCSI デバイスにアタッチされます。 そのため、 SCSI デバイスにアクセスする一般的な方法を提供し、 そのデバイスに関連する "標準の" ペリフェラルドライバ 無しにユーザがアクセスすることを可能にします。

カーネルコンフィギュレーション

必要なのは、カーネルの中に 1 つの pass デバイスを設定することだけです; pass デバイスは SCSI デバイスが検出された分だけ割り当てられます。

IOCTLS

CAMIOCOMMAND 任意の種類の CAM CCB を受け取り、CAM トランスポートレイヤへ通過させます。
CAMGETPASSTHRU XPT_GDEVLIST CCB を受け取り、該当するデバイスに対応するパススルーデバイス を返します。この ioctl は pass ドライバで利用できますが、制限されたものです。この ioctl を 発行するときは、該当するデバイスがパススルーデバイスであること をすでに知っていなければならないからです。 xpt(4) [英語] デバイスを経由してこの ioctl を発行したほうが便利でしょう。

ファイル

/dev/passn pass ドライバのためのキャラクタ型デバイスノードです。 CAM サブシステムを経由してアクセスされるデバイスそれぞれに 存在するべきです。

診断

ありません。

関連項目

cam(3), cam_cdbparse(3), xpt(4) [英語], camcontrol(8)

歴史

CAM パススルードライバは FreeBSD 3.0 で初めて登場しました。

作者

Kenneth Merry <ken@FreeBSD.ORG>

バグ

パススルードライバを経由して非同期に CCB を送信する方法があれば 好ましいでしょう。そのためにはおそらく何らかの種類の read/write インタフェースあるいは非同期の ioctl インタフェースが必要でしょう。

FreeBSD 3.0 PASS (4) October 10, 1998

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.