tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — SCREEN

名称

screen – PC ディスプレイのインタフェース

内容

解説

/dev にあるデバイスファイル ttyv0 - ttyvb を通して 仮想コンソール へアクセスできます。 これらのファイルはそれぞれ別々の仮想コンソールに対応します。 すべての仮想コンソールデバイスを同時にオープンすることもできますが、 アクティブなのは一度にひとつだけです。 アクティブな仮想コンソールがキーボードやディスプレイ画面を「占有」します。

ディスプレイに現在向けられていない仮想コンソールへの出力は、 「画面全体」(普通は 25 行) の行を保持するバッファに保存されます。 /dev/console (オリジナルコンソールデバイス) へ書き込まれた出力はすべて /dev/ttyv0 にエコーされます。

仮想コンソールを切り替えるには、シーケンス ALT+Fn を使います。 これは ALT を押しながらファンクションキーのひとつを押すという意味です。 そうすると、そのファンクションキーと同じ番号の仮想コンソールが 現在の仮想コンソールとして選択され、 キーボードやディスプレイの専有的な使用権が与えられます。 この切り替えシーケンスは キーボードマッピング ioctl 呼び出しで変更できます (keyboard.4 参照)。

コンソールでは、特別なキーシーケンスを用いてキーボード上に物理的に 存在しない値を入力できます。この機能を使うには、ALT を押したままにして、 数字キーパッドで 0 から 255 の 10 進数字を入力し、ALT を離してください。 そうすると、入力された値がひとつの文字を表す ASCII 値として使われます。 このようにして、任意の ASCII 値を入力することができます。 また、コンソールドライバは履歴機能も備えています。 履歴機能は scroll-lock キーを押すことで有効になります。 これは表示を固定し、最近スクロールされた行に渡って矢印キーで スクロールアップ・ダウンできるようにします。

コンソールは ANSI x3.64 文字シーケンスのサブセットを解釈します。 古い pccons ドライバとの互換性のため、 PC3 文字シーケンスもサポートされています。

ANSI    Seq     機能                                      termcap エントリ
======= ======= =====================================   ==============

--      E7      カーソル位置を保存                       sc

--      E8      保存したカーソル位置を復元           rc

CUU E[nA カーソルを n 行上に移動                   up/UP (ku)

CUD E[nB カーソルを n 行下に移動                   do/DO (kd)

CUF E[nC カーソルを n 文字右に移動          nd/RI (kr)

CUB E[nD カーソルを n 文字左に移動          --/LE (kl)

HPA E[n`    カーソルを文字位置 n に移動         ch

HPR     E[na    カーソルを n 文字右に移動          --

VPA E[nd カーソルを行 n に移動                    cv

VPR     E[ne    カーソルを n 行下に移動                   --

CPL E[nF カーソルを n 行上の行頭に移動                -- (@7)

CNL E[nE カーソルを n 行下の行頭に移動                nw

CUP     E[y;xH  カーソルを x, y      に移動                     cm

HVP     E[y;xf  カーソルを x, y      に移動                     --

CBT E[nZ カーソルを n タブ戻す                    bt (kB)

IL E[nL n 行の空行を挿入                       al/AL

ICH E[n@ n 個の空白文字を挿入                     ic/IC

DL E[nM n 行削除                           dl/DL

DCH E[nP n 文字削除                          dc/DC

ED      E[nJ    表示の一部または全部を消去:          cd                 n=0 カーソルから表示終端までを消去                 n=1 表示始点からカーソルまでを消去                 n=2 表示全体を消去

EL      E[nK    行の一部または全部を消去:           ce                 n=0 カーソルから行末までを消去                 n=1 行頭からカーソルまでを消去                 n=2 行全体を消去

ECH E[nX n 文字消去                          ec

SU E[nS 表示を n 行スクロールアップ (進める)   sf/SF

SD E[nT 表示を n 行スクロールダウン (戻す)    sr/SR

SGR     E[nm    文字属性を設定:                                --                 n= 0 通常の属性 (すべてオフ)                 n= 1 ボールド体 (ハイライト表示)                 n= 4 下線付き (ハードウェアがサポートしている場合)                 n= 5 明滅表示 (ハードウェアがサポートしている場合)                 n= 7 反転表示                 n=3X 前景色を設定 (次表参照)                 n=4X 背景色を設定 (次表参照)

                 X=0 黒        X=1 赤                  X=2 緑        X=3 茶                  X=4 青        X=5 マゼンタ                  X=6 シアン      X=7 白

--      E[s     カーソル位置を保存                       sc

--      E[u     保存したカーソル位置を復元           rc

--      E[=p;dB ベル音の調子 (p) と時間 (d) を設定  --                         調子は 840 nS 単位                         時間は 0.1 S 単位

--      E[=tC   カーソル種を設定                        --                         1 で明滅カーソル                         0 で固定カーソル

--      E[=nA   境界色を n に設定                 (次表参照) (ハードウェアがサポートしている場合)

--      E[=cF   通常前景色を n に設定                    --                 (次表参照)

--      E[=cG   通常背景色を n に設定                    --                 (次表参照)

--      E[=cH   反転前景色を n に設定                    --                 (次表参照)

--      E[=cI   反転背景色を n に設定                    --                 (次表参照)

                 n= 0 黒               n= 8 灰                  n= 1 青               n= 9 明るい青                  n= 2 緑               n=10 明るい緑                  n= 3 シアン             n=11 明るいシアン                  n= 4 赤               n=12 明るい赤                  n= 5 マゼンタ    n=13 明るいマゼンタ                  n= 6 茶               n=14 黄                  n= 7 白               n=15 明るい白

注: シーケンス (Seq) 中の最初の E は ESC (0x1b) を表します。

作者

So/ren Schmidt <sos@FreeBSD.org>

FreeBSD SCREEN (4) January 8, 1995

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

Ken Thompson was once asked by a reporter what he would have changed about Unix if he had it all to do over again. His answer: “I would spell creat with an ‘e.'”