tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — FDESCFS

名称

fdescfs – ファイル記述子ファイルシステム

内容

書式

fdescfs /dev/fd fdescfs rw 0 0

解説

ファイル記述子ファイルシステム、別名 fdescfs は、プロセス毎のファイル記述子の名前空間をグローバルなファイルシステムの 名前空間からアクセスする機能を提供します。 通常のマウントポイントは /dev/fd です。

ファイルシステムの中身は、番号で表したファイルのリストとして見えます。 これらのファイルは、ディレクトリを読むプロセスが現在オープンしている ファイルに対応しています。 /dev/fd/0 から /dev/fd/# までのファイルは記述子への参照であり、 ファイルシステムを通じてアクセスすることができます。 ファイル記述子がオープンされていて、ファイルをオープンしたときのモードが 既存の記述子のモードのサブセットである場合は、システムコール呼び出し

fd = open("/dev/fd/0", mode);

と、システムコール呼び出し

fd = fcntl(0, F_DUPFD, 0);

は等価です。

open(2) 呼び出し時のフラグは O_RDONLY, O_WRONLY および O_RDWR 以外は無視されます。

関連ファイル

/dev/fd/#

関連項目

tty(4), mount_devfs(8), mount_fdescfs(8),

歴史

fdescfs ファイルシステムは BSD 4.4 で最初に登場しました。 fdescfs マニュアルページは FreeBSD 2.2 で最初に登場しました。

作者

fdescfs マニュアルページは Mike Pritchard <mpp@FreeBSD.org> によって書かれたもので、 Jan-Simon Pendry による mount_fdescfs(8) マニュアルページに基づいています。

FDESCFS (5) December 14, 1996

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

As soon as we started programming, we found to our surprise that it wasn't as easy to get programs right as we had thought. Debugging had to be discovered. I can remember the exact instant when I realized that a large part of my life from then on was going to be spent in finding mistakes in my own programs.
— Maurice Wilkes