tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NETCONFIG

名称

netconfig – ネットワーク設定データベース

内容

書式

/etc/netconfig

解説

netconfig ファイルでは、 "トランスポート名" のリストを定義して、それぞれのセマンティクスやプロトコルを記述しています。 FreeBSD では、このファイルは RPC ライブラリのコードだけが使用しています。

エントリは次のようなフォーマットになっています:

network_id semantics flags family protoname device libraries

エントリを構成するフィールドは次の通りです:
network_id
  記述するトランスポートの名称
semantics トランスポートのセマンティクスを記述します。 これは次のうちの一つです:
tpi_clts コネクションレストランスポート
tpi_cots コネクション指向トランスポート
tpi_cots_ord
  コネクション指向順序付きトランスポート
tpi_raw 素のコネクション
flags このフィールドはブランクか( "-" と指定します)、 または "v" を含みます。 "v" を含むときは getnetconfig(3) [英語] 関数で見ることが出来るということを表します。
family トランスポートのプロトコルファミリで、 現在は次のうちの一つです:
inet6 IPv6 ( PF_INET6) プロトコルファミリ
inet IPv4 ( PF_INET) プロトコルファミリ
loopback
  PF_LOCAL プロトコルファミリ
protoname
  トランスポートのプロトコル名で、 現在は udp, tcp のどちらかか、もしくは空です。
device FreeBSD では、このフィールドは常に空です。
libraries
  FreeBSD では、このフィールドは常に空です。

このファイル内のエントリの順序によって、指定されたネットワークタイプに対する RPC ライブラリコードのトランスポートの優先順位が決まります。 例えば、サンプルとしてネットワーク設定ファイルが下のようになっていたとします:

udp6       tpi_clts      v     inet6    udp     -       -
tcp6       tpi_cots_ord  v     inet6    tcp     -       -
udp        tpi_clts      v     inet     udp     -       -
tcp        tpi_cots_ord  v     inet     tcp     -       -
rawip      tpi_raw       -     inet      -      -       -
local      tpi_cots_ord  -     loopback  -      -       -

このとき、ネットワークタイプとして udp を使用して RPC ライブラリ関数を呼び出すと ((rpc) 3 参照)、 まず最初に udp6 を試してから udp を試します。

getnetconfig(3) [英語] や、その関連の関数はこのファイルを構文解析して次のようなフォーマットの 構造体を返します:

struct netconfig {
    char *nc_netid;              /* ネットワーク ID */
    unsigned long nc_semantics;  /* セマンティクス (下記参照) */
    unsigned long nc_flag;       /* フラグ (下記参照) */
    char *nc_protofmly;          /* プロトコルファミリ */
    char *nc_proto;              /* プロトコル名 */
    char *nc_device;             /* ネットワークデバイスのパス名 (未使用) */
    unsigned long nc_nlookups;   /* 参照するライブラリの数 (未使用) */
    char **nc_lookups;           /* ライブラリ名の並び (未使用) */
    unsigned long nc_unused[9];  /* 予約 */
};

関連ファイル

/etc/netconfig
 

関連項目

getnetconfig(3) [英語], getnetpath(3) [英語]

NETCONFIG (5) November 17, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

One of the advantages of using UNIX to teach an operating systems course is the sources and documentation will easily fit into a student's briefcase.
— John Lions