tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — ASF

名称

asf – シンボルファイルを追加する

内容

書式


asf [-afksx] [modules-path [outfile]]

解説

デフォルトでは、 asfkldstat(8) の出力を標準入力から読み込み、カレントディレクトリの modules サブディレクトリ以下にあるサブディレクトリ内の KLD から、 シンボルファイルを追加するための gdb(1) コマンドのリストを標準出力に書き出します。 この時のカレントディレクトリは、 カーネルを構築したディレクトリを想定しています。 これにより gdb(1) がデバック環境にシンボルをロードできるようになります。

modules-path が指定されていれば、 asf はモジュールディレクトリとして、デフォルトである modules の代わりに modules-path を使います。 これは、標準でないところ (すなわち /usr/src /usr/obj ではないところ) で構築している場合に有用です。

outfile が指定されていれば、 asf は標準出力の代わりに outfile に書き出します。

オプション

以下のオプションで asf の動作を変更します:
-a
  明示的に指定された outfile に書き出す時に、上書きするのではなくファイルに追加します。
-f
  各モジュールが modules-path の何処にあっても正確なパスを決めるために、 各モジュールのパスを安易に推測する代わりに、 find(1) と同じ方法で探索を行います。
-k
  標準入力から読み込む代わりに、 kldstat(8) を実行してそこから情報を読み込みます。
-s
  モジュールパスに (推測した) サブディレクトリを付けません。
-x
  通常 asf は <module > .ko.debug という形の名前で KLD を探します。 -x オプションは asf に <module > .ko という形の名前で KLD を探すように指示します。

歴史

asf ユーティリティは FreeBSD 5.2 ではじめて登場しました。

作者

Greg Lehey <grog@FreeBSD.org>

バグ

モジュールパスを指定しなくても outfile に書き出せるようにすべきです。

関連項目

gdb(1), kldstat(8)

ASF (8) June 8, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Hang in there, people suffering from natural disasters and deadly diseases - we're putting ribbons on our cars as fast as we can
— Artur Bagyants