tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — ASF

名称

asf – シンボルファイルを追加する

内容

書式


asf [-afksx] [modules-path [outfile]]

解説

デフォルトでは、 asfkldstat(8) の出力を標準入力から読み込み、カレントディレクトリの modules サブディレクトリ以下にあるサブディレクトリ内の KLD から、 シンボルファイルを追加するための gdb(1) コマンドのリストを標準出力に書き出します。 この時のカレントディレクトリは、 カーネルを構築したディレクトリを想定しています。 これにより gdb(1) がデバック環境にシンボルをロードできるようになります。

modules-path が指定されていれば、 asf はモジュールディレクトリとして、デフォルトである modules の代わりに modules-path を使います。 これは、標準でないところ (すなわち /usr/src /usr/obj ではないところ) で構築している場合に有用です。

outfile が指定されていれば、 asf は標準出力の代わりに outfile に書き出します。

オプション

以下のオプションで asf の動作を変更します:
-a
  明示的に指定された outfile に書き出す時に、上書きするのではなくファイルに追加します。
-f
  各モジュールが modules-path の何処にあっても正確なパスを決めるために、 各モジュールのパスを安易に推測する代わりに、 find(1) と同じ方法で探索を行います。
-k
  標準入力から読み込む代わりに、 kldstat(8) を実行してそこから情報を読み込みます。
-s
  モジュールパスに (推測した) サブディレクトリを付けません。
-x
  通常 asf は <module > .ko.debug という形の名前で KLD を探します。 -x オプションは asf に <module > .ko という形の名前で KLD を探すように指示します。

歴史

asf ユーティリティは FreeBSD 5.2 ではじめて登場しました。

作者

Greg Lehey <grog@FreeBSD.org>

バグ

モジュールパスを指定しなくても outfile に書き出せるようにすべきです。

関連項目

gdb(1), kldstat(8)

ASF (8) June 8, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

Some people, when confronted with a problem, think “I know, I'll use regular expressions.” Now they have two problems.
— Jamie Zawinski