tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BOOTPEF

名称

bootpef – BOOTP エクステンションファイルコンパイラ

内容

書式


bootpef [-c chdir-path] [-d debug-level] [-f config-file] [client-name ...]

解説

bootpef ユーティリティは、 RFC 1497 (tag 18) で示されている エクステンションパス ファイルを作成します。 client-name が指定されていれば、 bootpef はそれらのクライアントのためだけのエクステンションファイルを コンパイルします。

オプション

-c chdir-path
  bootpef がエクステンションファイルを作るカレントディレクトリを指定します。 これは、エクステンションファイル名が相対パスで指定され、 bootpef が TFTP サーバと同じカレントディレクトリ (一般には /tftpboot) を使う 必要がある場合に有効です。
-d debug-level
  生成されるデバッグメッセージの量を制御する変数 debug-level を設定します。たとえば、 -d 4 はデバッグレベルを 4 にセットします。
-f config-file
  各クライアントに送られるオプションデータを指示する 設定ファイルの名前を設定します。

関連項目

bootpd(8), tftpd(8)

RFC951, BOOTSTRAP PROTOCOL (BOOTP),

RFC1497, BOOTP Vendor Information Extensions,


BOOTPEF (8) December 4, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

Like a classics radio station whose play list spans decades, Unix simultaneously exhibits its mixed and dated heritage. There's Clash-era graphics interfaces; Beatles-era two-letter command names; and systems programs (for example, ps) whose terse and obscure output was designed for slow teletypes; Bing Crosby-era command editing (# and @ are still the default line editing commands), and Scott Joplin-era core dumps.
— The Unix Haters' handbook