tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CHOWN

名称

chown – 指定したファイルの所有者およびグループを変更する

内容

書式


chown [-fhv] [ -R [-H | -L | -P] ] owner[:group] file ...
chown [-fhv] [ -R [-H | -L | -P] ] :group file ...

解説

chown ユーティリティは、指定したファイルのユーザ ID やグループ ID を変更します。 引数で指定されるシンボリックリンクは、 -h が指定されない限りは、何も表示せずに無変更のままとなります。

オプションは以下のものがあります:
-H
  -R オプションが指定されている場合に、コマンドライン上の シンボリックリンクをたどるようになります。 ( ツリー内をたどっている際中に見つけたシンボリックリンクの先は 調べません。)
-L
  -R オプションが指定された場合に、全てのシンボリックリンクを たどるようになります。
-P
  -R オプションが指定された場合に、シンボリックリンクの先を たどらないようになります。 これがデフォルトです。
-R
  指定したディレクトリツリーのファイルのユーザ ID やグループ ID を (再帰的に、ディレクトリ内のものを含め) 変更します。 ".*" のようなワイルドカードを使用するときには、 親ディレクトリへのハードリンク " .." が意図に反してマッチしないように注意してください。
-f
  所有者やグループの変更が失敗しても報告を行ないません。 変更の失敗は戻り値にも影響しません。
-h
  ファイルがシンボリックリンクの場合、 リンク自身のユーザ ID および/またはグループ ID を変更します。
-v
  chown を冗長にし、所有者が修正されるファイルを表示させます。 -v フラグが複数回指定されると、 chown は、ファイル名に続けて、 古い数値ユーザ/グループ ID と新しい数値ユーザ/グループ ID を 表示します。

-H, -L, -P のオプションは -R が指定されない限り無視されます。 加えて、これらのオプションはお互いの効果を上書きするため、 コマンドの動作は最後に指定されたもので決まります。

ownergroup のオペランドはどちらも無くてもよいもの (optional) ですが、 少なくともどちらかを指定しなければなりません。 group オペランドを指定した場合は 先頭にコロン (``:'') をつけて下さい。

owner は ユーザ ID の数値かユーザ名のどちらかです。ユーザ名がユーザ ID の数値でもある場合、このオペランドはユーザ名とみなされます。 group は グループ ID の数値かグループ名のどちらかです。グループ名がグループ ID の数値でもある場合、このオペランドはグループ名とみなされます。

セキュリティの関係上明らかなことですが、ファイルの所有者の変更はスーパユーザ にしか行なうことができません。

診断

The utility exits 0 on success, and >0 if an error occurs.

互換性

chown の以前のバージョンは、グループ名を指定するのにドット (``.'') を 用いていました。 この文字はコロン (``:'') に変更されたため、 ユーザ名やグループ名にドットを含んでも構いません。

以前のバージョンのシステムでは、シンボリックリンクは所有者がありませんでした。

-v オプションは非標準ですので、スクリプト中での使用は勧められません。

関連項目

chgrp(1), find(1), chown(2), fts(3), symlink(7)

規格

chown ユーティリティは IEEE Std 1003.2 ("POSIX.2") 互換であると考えられています。

歴史

chown ユーティリティは AT&T v1 から導入されました。

CHOWN (8) April 25, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Ken Thompson was once asked by a reporter what he would have changed about Unix if he had it all to do over again. His answer: “I would spell creat with an ‘e.'”