tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — DIGICTL

名称

digictl Digiboard デバイスの制御

内容

書式


digictl -a disable | enable | query device ...
digictl [-d debug] [-ir] ctrl-device ...

解説

digictl ユーティリティは、指定した ctrl-device という名前でインストールされている Digiboard に対する制御を提供し、個別の digiboard device に対する制御も提供します。 digiboard ctrl-device は、通常は、 /dev/digi N.ctlという形式です。 N はカード番号であり、最初にアタッチされたカードに対し "0" から開始します。 digiboard device は、通常は、 /dev/cua [il ]D N. P/dev/tty [il ]D N. Pという形式です。 N はカード番号であり、 P はポート番号です。

次のフラグが認識されます:
-a disable | enable | query 指定したポート (複数指定可能) の ALTPIN 設定を、無効化・有効化・問い合わせします。

ALTPIN を有効にすると、CD と DSR の線が論理的に反転されます。 シリアルポートを 8 芯 RJ45 ケーブルに繋ぐときに有用です (10 芯全部ある RJ45 ケーブルは非常に稀です)。

1 回 ALTPIN を設定すると、発呼および着呼の両方のデバイスに適用されます。

-d debug DEBUG 定義付きでドライバをコンパイル済の場合、 debug 変数に含まれる次のビットが、digiboard ドライバの診断を有効にします。
1( INIT) カードのアタッチ、デタッチ、初期化の間の診断。
2( OPEN) ポートのオープン時の診断。
4( CLOSE) ポートのクローズ時の診断。
8( SET) tty デバイスフラグ設定時の診断。
16( INT) カードイベント処理時の診断。
32( READ) ポート読み取りの戻り値の報告。
64( WRITE) ポート書き込みの戻り値の報告。
128( RX) 受信キューフロー制御の報告。
256( TX) 送信キューフロー制御の報告。
512( IRQ) 割り込み中の診断 (これらの設定時には注意してください)。
1024( MODEM) モデム状態フラグの設定時の診断。
2048( RI) RING 受信時の報告。
-i カードの識別文字列とタイプ ID を表示します。
-r カードを再初期化します。 外部ポートモジュールを持つボードでは、モジュールを挿抜し、 このスイッチを使用することで動的にポート数を再プローブ可能です。 カードを再初期化しますので、カード上の全ポートのクローズが必要です。

digi モジュール全体を再ロードする代りに、 カードを再初期化する方が好ましいです。 なぜならば、アタッチ済の全ボードに影響する代りに、 再初期化の影響は指定したボードに限定されるからです。

バグ

すべての既存のポートをクローズすることなくボードを再初期化できるべきです。

歴史

digictl ユーティリティが最初に登場したのは FreeBSD 5.0 です。

DIGICTL (8) June 20, 2001

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

VI = Virtually Incomprehensible.