tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — ISDNDECODE

名称

isdndecode – isdn4bsd ISDN プロトコルデコードユーティリティ

内容

書式


isdndecode [-a] [-b] [-d] [-f filename] [-h] [-i] [-l] [-o] [-p filename] [-u number] [-x] [-B] [-P] [-R unit] [-T unit]

解説

isdndecode ユーティリティは isdn4bsd パッケージの一部であり、 D チャネル上のレイヤ 1, 2, 3 のプロトコルアクティビティの 詳細なニーモニック表記と、 B チャネルアクティビティの 16 進数ダンプを、 ユーザに提供するために使用されます。

受動動作がサポートされているカード 2 枚および 容易に作成可能なケーブルと共に本ユーティリティを使用することにより、 S0 バス上のトラフィックを完全に監視して、 S0 バスアナライザ機能を提供することもできます。

isdndecode ユーティリティは、受動動作がサポートされているカードでのみ動作します。

次のオプションを使用可能です:
-a
  2 枚の受動カードとカスタムケーブルを使用して、 isdndecode をアナライズモードで動作させます。 カスタムケーブルは、isdn4bsd ソース配布物中のファイル cable.txt に記述されている方法で作成可能です。 片方のカードが S0 バスの送信方向におけるレシーバとして動作し、 もう片方のカードが S0 バスの受信方向におけるレシーバとして動作します。 この設定により、完全なトラフィック監視が可能となります。
-b
  B チャネルのトレースをオンにします (デフォルトではオフです)。
-d
  D チャネルのトレースをオフにします (デフォルトではオンです)。
-f
  トレース出力を書き込むファイル名として filename を使用します (デフォルトのファイル名は isdndecode<n> であり、 n はデコードに使用するユニット番号です)。
-h
  ヘッダ表示をオフにします (デフォルトではオンです)。
-i
  レイヤ 1 アクティビティを監視するために、 レイヤ 1 (I.430) INFO シグナルを表示します (デフォルトではオフです)。
-l
  レイヤ 2 (Q.921) フレームの表示をオフにします (デフォルトではオンです)。
-o
  デコード出力のファイルへの書き込みをオフにします (デフォルトではオンです)。
-p
  オプション -B および -P で使用するファイル名として filename を使用します (デフォルトのファイル名は isdntracebin<n> であり、 n はデコードに使用するユニット番号です)。
-u
  デコードに使用するコントローラカードのユニット番号として、 number を使用します (デフォルトでは 0 です)。
-x
  未知のプロトコル選択値を持つレイヤ 3 パケットをデコードします。
-B
  後でアナライズするためまたは遠隔アナライズするために、 デコード前のバイナリデコードデータをファイルに書き込みます (デフォルトではオフです)。
-P
  デバイスからではなく、ファイルから、デコード前のバイナリデコードデータを 読み込みます (デフォルトではオフです)。
-R
  アナライズモードにおいて、受信インタフェースユニット番号として、 unit を使用します。
-T
  アナライズモードにおいて、送信インタフェースユニット番号として、 unit を使用します。

USR1 シグナルが isdndecode プロセスに送信されると、 現在使用されているログファイルが再オープンされますので、 ログファイルの回転を行うことができます。

デコード出力は明確なはずです。 ISDN プロトコルトレース時に、 次の標準的なテキストを持っていると非常に便利でしょう:

I.430 ISDN BRI レイヤ 1 プロトコルの記述。
Q.921 ISDN D チャネルレイヤ 2 プロトコルの記述。
Q.931 ISDN D チャネルレイヤ 3 プロトコルの記述。

関連ファイル

/dev/i4btrc<n>
  ISDN カードユニット <n> のデコードメッセージを カーネルから取り出すために使用するデバイスファイル。

使用例

コマンド:
isdndecode -f /var/tmp/isdn.decode

は、D チャネルのトレースを受動コントローラ 0 上で開始します。 この際、B チャネルのトレース以外はすべて有効にされ、 すべては出力ファイル /var/tmp/isdn.decode へ書き込まれます。

関連項目

isdnd(8)

バグ

まだ 1 個残っています。

規格

ITU Recommendations I.430, Q.920, Q.921, Q.930, Q.931

ITU Recommendation Q.932 (03/93), Q.950 (03/93)

ETSI Recommendation ETS 300 179 (10/92), ETS 300 180 (10/92)

ETSI Recommendation ETS 300 181 (04/93), ETS 300 182 (04/93)

ITU Recommendation X.208, X.209

作者

isdndecode ユーティリティと本マニュアルページは Hellmuth Michaelis <hm@kts.org> が書きました。

ISDNDECODE (8) February 21, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

Unix...best if used before: Tue Jan 19 03:14:08 GMT 2038