tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — JMAKEWHATIS.LOCAL

名称

jmakewhatis.localjmakewhatisjcatman をローカルファイルシステム用に起動する。

内容

書式


/usr/local/libexec/jmakewhatis.local [options] directories ...
/usr/local/libexec/jcatman.local [options] directories ...

解説

jmakewhatis.local は、このプログラムが起動されたシステムに物理的にマウントされたファイルシステムに対してのみ、 jmakewhatis(1) を実行します。 毎週決まった時刻に jmakewhatis を読み書き可能な NFS マウントされた /usr パーティションに対して行うと、 全ての NFS クライアントが同じ時間に jmakewhatis を開始してしまい、 NFS サーバに非常に高い負荷がかかってしまいます。 ですから、 cron(8) では直接 jmakewhatis を起動するのではなく、 代わりにこのラッパプログラムを使ってください。 jcatman.localjcatman(1) 用の jmakewhatis.local と同じ用途のプログラムです。

関連項目

find(1), cron(8), jcatman(1), jmakewhatis(1), periodic(8).

歴史

このオリジナルの makewhatis.local コマンドは FreeBSD 2.2 から登場しました。 日本語版の jmakewhatis.local コマンドは FreeBSD 2.2 から ports/packages として登場しました。

FreeBSD JMAKEWHATIS.LOCAL (8) January 15, 2001

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。