tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — MLXCONTROL

名称

mlxcontrol – Mylex DAC ファミリ RAID 管理ユーティリティ

内容

書式


mlxcontrol <command> [args]
mlxcontrol status [-qv] [drive]
mlxcontrol rescan controller [controller ...]
mlxcontrol detach drive [drive ...]
mlxcontrol detach -a
mlxcontrol check drive
mlxcontrol config controller
mlxcontrol help command

解説

mlxcontrol ユーティリティは、 mlx(4) [英語] ドライバに接続されたデバイスの状態監視と管理機能を提供します。

コントローラ名は "mlxN" の形式で、 N はコントローラのユニット番号です。 ドライブ名は "mlxdN" の形式で、 N はドライブのユニット番号です。 デバイスノードへのパスを指定してはいけません。

status コントローラとシステムドライブの状態を表示します。 もし 1 つ以上ドライブが指定されれば、 それらのドライブについての情報のみを表示します。 ドライブの指定がなければ、システム中の全てのコントローラと ドライブについての情報を表示します。 -v フラグをつけると、ずっと詳細な情報を表示します。 -q フラグをつけると一切出力しません。 このコマンドは、 調べた全てのドライブがオンラインであれば 0、 危険なドライブがあれば 1、 オフラインなドライブがあれば 2 を返します。
rescan 1 つ以上のコントローラを再走査して、 接続されていないシステムドライブ (つまり切り離されたドライブやドライバ初期化以後に作られたドライブ) を探します。 -a フラグをつけると、システム中の全てのコントローラを再走査します。
detach 1 つ以上のシステムドライブを切り離します。 このコマンドが成功するためには、 ドライブがアンマウントされていなくてはならず、そして、 他のどのユーティリティからもオープンされていてはなりません。 -a フラグをつけると、 指定されたコントローラから全てのシステムドライブを切り離します。
check 冗長性システムドライブ (例えば、RAID1 や RAID5) に対して、 一貫性検査と修復の作業を始めます。 コントローラはシステムドライブを走査して全ての不整合を修復します。 このコマンドはただちに終了しますので、 検査の進捗を見るには status コマンドを使ってください。
rebuild
  2 個の引数、 controllerphysdrive が、 status コマンドの出力で指定されるように必要です。 物理ドライブ physdrive 上の空間を使用しているすべてのシステムドライブがリビルドされ、 ドライブ上の全データを再構築します。 各コントローラは、 同時にはひとつのリビルドのみ実行可能であることに注意してください。 本コマンドは即時に戻ります。 リビルドの進捗をモニタするには、 status コマンドを使用してください。
config 指定されたコントローラの現在の設定を表示します。 このコマンドは、将来のリリースではシステムドライブを 設定に追加したり、設定から削除したりできるようになるでしょう。
help command の使用方法を表示します。

バグ

config コマンドはまだシステムドライブの設定の変更をサポートしていません。

エラーログの抽出はまだサポートされていません。

作者

mlxcontrol ユーティリティは Michael Smith <msmith@FreeBSD.org> が書きました。

MLXCONTROL (8) April 10, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

Ken Thompson was once asked by a reporter what he would have changed about Unix if he had it all to do over again. His answer: “I would spell creat with an ‘e.'”