tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — MOUNT_MSDOSFS

名称

mount_msdosfs – MS-DOS ファイルシステムをマウントする

内容

書式


mount_msdosfs [-o options] [-u uid] [-g gid] [-m mask] [-M mask] [-s] [-l] [-9] [-L locale] [-D dos-codepage] [-W table] special node

解説

mount_msdosfs コマンドは、デバイス名 special 上の MS-DOS ファイルシステムを、 グローバルファイルシステムの名前空間の node の示す位置に接続します。 通常このコマンドは、ブート時に mount(8) によって実行されますが、 任意のユーザが、 自分の所有する任意のディレクトリに MS-DOS ファイルシステムをマウントするために使うこともできます。 (もちろん、 そのファイルシステムを含むデバイスに対して 適切なアクセスを行えることが条件ですが。)

オプションは以下のものが使用できます:
-o options
  指定されたマウントオプション optionsmount(8) の記述通りに使用します。 下記の MSDOS ファイルシステム固有のオプションが使用可能です:
longnames
  Windows 95 の長いファイル名が見えるように強制します。
shortnames
  古い MS-DOS 8.3 スタイルのファイル名のみが見えるように強制します。
nowin95
  Windows 95 の拡張ファイル情報を完全に無視します。
-u uid
  ファイルシステム上のファイルの所有者を uid にします。デフォルトの所有者はファイルシステムがマウントされるディレクトリの 所有者です。
-g gid
  ファイルシステム上のファイルのグループを gid にします。デフォルトのグループはファイルシステムがマウントされるディレクトリの グループです。
-m mask
  ファイルシステム上のファイルの最大のパーミッションを指定します。 (例えば、 mask 755 は、デフォルトで、 所有者がファイルの読み書き実行の権限を持ち、 他のユーザが読みと実行の権限だけを持つことを指定します。 8 進のファイルモードに関しては chmod(1) を御覧下さい。) mask の下位 9 ビットのみが使用されます。 -M が指定され、 -m が省略された場合には、前者の値が使用されます。 デフォルトの mask は、 ファイルシステムがマウントされるディレクトリから取得されます。
-M mask
  ファイルシステム中のディレクトリの最大ファイルパーミッションを指定します。 -m が指定され、 -M が省略された場合には、前者の値が使用されます。 詳細は、前のオプションの記述を参照してください。
-s
  Win'95 のロングファイル名を無視し、生成しないよう、強制します。
-l
  Win'95 のロングファイル名のリストおよび生成を強制し、 生成/修正/アクセス日を分離するように強制します。

-s-l も指定されない場合、 mount_msdosfs は既存の Win'95 のロングファイル名から マウントすべきファイルシステムのルートディレクトリを探してマウントします。 このようなエントリが見付からなかった場合で、 短い DOS ファイル名が見付かった場合、 -s がデフォルトです。そうでない場合、 -l が仮定されます。

-9
  ファイルを削除およびリネームするときにおいても、 特殊な Win'95 のディレクトリエントリを無視します。 これは -s を強制します。
-L locale
  DOS と Win'95 のファイル名変換において使用される ロケール名を指定します。 デフォルトでは ISO 8859-1 がローカルな文字セットと仮定されます。
-D dos-codepage
  DOS のファイル名を変換する時に使用する、 MS-DOS コードページ (IBM/OEM コードページとも呼ばれます) の名前を指定します。
-W table
  このオプションは後方互換性のためだけに維持されており、 将来削除されます。 このオプションを使用しないでください。

変換表には次のようなテキストファイル名を指定します: iso22dos, iso72dos, koi2dos, koi8u2dos

使用例

/dev/ad1s1 にあるロシア語 MSDOS ファイルシステムをマウントする場合:

    mount_msdosfs -L ru_RU.KOI8-R -D CP866 /dev/ad1s1 /mnt

/dev/ad1s1 にある日本語 MSDOS ファイルシステムをマウントする場合:

    mount_msdosfs -L ja_JP.eucJP -D CP932 /dev/ad1s1 /mnt

関連項目

mount(2), unmount(2), fstab(5), mount(8)

List of Localized MS Operating Systems: http://www.microsoft.com/globaldev/reference/oslocversion.mspx

警告

Win'95 で使用しているものと同様の手続きを使用して注意しているにもかかわらず、 -9 フラグを使用するとファイルシステムを破壊することがあります。

FreeBSD 2.1 およびそれ以前のバージョンでは 16K より大きなクラスタサイズを扱えませんでした。 MS-DOS ファイルシステムをマウントするだけで、 そのファイルシステムを破壊してしまうことがありました。 16K より大きなクラスタサイズは 1G より大きなファイルシステムでは避けようがありませんし、 1G より大きなファイルシステムを FIPS で縮めたときにも発生し得ます。

歴史

mount_msdosfs は FreeBSD 2.0 にて初めて登場しました。 この元になった、 mount_pcfs は FreeBSD 1.0 にて登場しましたが、 よりそれらしい名前の mount_msdosfs が出来たため廃止されました。

文字コード変換ルーチンは 2003 年に Ryuichiro Imura <imura@ryu16.org> が追加しました。


MOUNT_MSDOSFS (8) April 7, 1994

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Like a classics radio station whose play list spans decades, Unix simultaneously exhibits its mixed and dated heritage. There's Clash-era graphics interfaces; Beatles-era two-letter command names; and systems programs (for example, ps) whose terse and obscure output was designed for slow teletypes; Bing Crosby-era command editing (# and @ are still the default line editing commands), and Scott Joplin-era core dumps.
— The Unix Haters' handbook