tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — NEXTBOOT

名称

nextboot – 次のブートに対し、別のカーネルとブートフラグを指定

内容

書式


nextboot [-f] [-o options] -k kernel
nextboot -D

解説

nextboot ユーティリティは、次にマシンがブートするときに使用される、 別のカーネルやブートフラグを指定するためのものです。 loader(8) が新規カーネルの情報を読み取ると、 新規カーネルがマシンをハングさせてしまう場合に備えて この情報は削除されます。 その情報でリブートすると、マシンは自動的に直前の設定に戻します。

The options are as follows:
-D nextboot をこのオプション付きで起動すると、既存の nextboot 設定を削除します。
-f 正当性の確認を無効にします。 正当性の確認とは、 nextboot 設定の書き込みを行う前にカーネルが実在することを確認することを言います。
-k kernel
  このオプションにて、 カーネルおよびモジュールのロード元であるカーネルディレクトリを、 /boot からの相対で指定します。
-o options
  このオプションは、 次のブートに使用されるカーネルフラグを渡すために使用します。

関連ファイル

/boot/nextboot.conf
  nextboot 設定が書き込まれる、設定ファイル。

使用例

nextboot コマンドを使い、 GENERIC カーネルでブートさせるには:

    nextboot -k GENERIC

通常のカーネルでシングルユーザモードに入るようにするには:

    nextboot -o -s" -k kernel"

既存の次回ブート設定を削除するには:

    nextboot -D

関連項目

boot(8), loader(8)

歴史

元々の nextboot マニュアルページは FreeBSD 2.2 に登場しました。 同様の結果を実現するために、 非常に異なったインタフェースを使用していました。

現在の版の nextboot は FreeBSD 5.0 に登場しました。

作者

このマニュアルページは Gordon Tetlow <gordon@FreeBSD.org> が記述しました。

バグ

nextboot コードは loader(8) 内に実装されています。 非常によくテストされたコードというわけではありません。 私が Forth で記述した最初の成果でもあります。

最後に、ファイルシステムをチェックする前にそこに書き込むといった、 邪悪なことをしています。 ファイルシステムを壊してしまっても、私を責めないでください。


NEXTBOOT (8) November 4, 2002

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。

What will happen when the 32-bit Unix date goes negative in mid-January 2038 does not bear thinking about.
— Henry Spencer