tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — UMOUNT

名称

umount – ファイルシステムのアンマウント

内容

書式


umount [-fv] special | node | fsid
umount -a | -A [-F fstab] [-fv] [-h host] [-t type]

解説

umount ユーティリティは、 ファイルシステムをファイルシステムツリーから除去するために、 unmount(2) システムコールを呼び出します。 指定されるファイルシステムは、 special デバイスか、リモートノード (rhost:path) か、マウントポイント node か、 "mount -v" で報告されるファイルシステム ID fsid です。 specialnode のどちらか一方が指定されなかった時は、適当な情報が fstab(5) ファイルから入手されます。

以下のようなオプションがあります。
-a
  fstab(5) に記述されているすべてのファイルシステムをアンマウントします。
-A
  ルート以外で現在マウントされているファイルシステムをすべて アンマウントします。
-F fstab
  使用する fstab ファイルを指定します。
-f
  ファイルシステムを強制的にアンマウントします。 利用されているスペシャルデバイスは使い続けようとしますが、 更にアクセスしようとすると、すべてのファイルはエラーを返します。 ルートファイルシステムは強制的にアンマウントすることはできません。
-h host
  指定されたホストからマウントしているファイルシステムだけをアンマウント します。 このオプションは -A オプションを暗黙に指定し、 -t オプションで他のものを指定しなければ、 NFS ファイルシステムだけを アンマウントします。
-t type
  指定されたタイプのファイルシステムだけを扱うように指示します。 1 つ以上のタイプは、コンマ (``,'') で分けたリストで指定します。 ファイルシステム形式のリストは、 前に "no" を付けることで、その動作をそのファイルシステムに付いては行わない様に 指定することもできます。 例えば、 umount コマンド
umount -a -t nfs,nullfs

は、タイプが NFS NULLFS であり、 fstab(5) ファイルに列挙されているすべてのファイルシステムをアンマウントします。

-v
  冗長モードです。アンマウントされる各ファイルシステムの追加情報が 出力されます。

環境変数

PATH_FSTAB
  環境変数 PATH_FSTAB が設定されていると、すべての操作は指定されたファイルに対して実行されます。 プロセス環境やメモリアドレス空間が "汚染されている" とみなされる場合には PATH_FSTAB は尊重されません (更なる情報は issetugid(2) を参照してください)。

関連ファイル

/etc/fstab
  ファイルシステムテーブル

関連項目

unmount(2), fstab(5), mount(8)

歴史

umount ユーティリティは AT&T v6 から導入されました。

UMOUNT (8) July 18, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.