tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BUF_TIMELOCK

名称

BUF_TIMELOCK – バッファのロック

内容

書式

#include <sys/param.h>
#include <sys/systm.h>
#include <sys/uio.h>
#include <sys/bio.h>
#include <sys/buf.h>

int
BUF_TIMELOCK(struct buf *bp, int locktype, char *wmesg, int catch, int timo);

解説

BUF_TIMELOCK() 関数は与えられたバッファをロックし、スリープする時間量を timo に制限し、さらにそのスリープの優先度と catch の OR をとります。 wmesg はスリープで使用される状態文字列です。

引数は以下の通りです。
bp
  ロックされるべきバッファです。
locktype
  ロックの型を制御するフラグです。 詳細については lockmgr(9) を参照して下さい。
wmesg
  ロックを獲得している間の全てのスリープで使用される状態文字列です。
catch
  スリープの優先度に OR をとる優先度です。
timo
  ロックされている間に発生する全てのスリープのためのタイムアウトです。

戻り値

成功時には、値 0 が返されます。 0 ではない戻り値についての詳細は lockmgr(9) を参照して下さい。

関連項目

buf(9), BUF_LOCK(9), BUF_UNLOCK(9), lockmgr(9)

作者

このマニュアルページは Chad David <davidc@acns.ab.ca> が書きました。

BUF_TIMELOCK (9) July 9, 2001

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.