tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CD

名称

cd – CAM SCSI サブシステムのための CD-ROM ドライバ

内容

解説

cd デバイスドライバは CD-ROM ドライブ ( SCSI type 5) および CD-ROM タイプのコマンドをサポートしている WORM ドライブ ( SCSI type 4) のための読み込み専用インタフェースを提供します。 幾つかのドライブは、ドライバが期待したようには振舞いません。 使用可能なフラグの情報は、 癖 の章を参照してください。

それぞれの CD-ROM デバイスは、 SCSI 仕様を異なったように解釈し得ます。 これにより、ドライバ中でドライブを特別扱いする必要性が発生します。 下記はドライバが認識する癖のリストです。
CD_Q_NO_TOUCH このフラグは、 ディスクがドライブの中にあるかとサイズを調査するために、 アタッチ時にプローブしないようドライバに通知します。 現在このフラグは、CAM の cd ドライバでは実装されていません。
CD_Q_BCD_TRACKS
  このフラグは、正しい 10 進数ではなくパックされた BCD でトラック番号を返す、 壊れたドライブ用です。 ドライブがトラックを飛ばしている (トラック 10-15 が飛ばされる) ような場合には、 あなたはこのフラグが必要なドライブを所有しています。
CD_Q_NO_CHANGER
  このフラグは、当該ドライブがチェンジャではないことを、ドライバに通知します。 これはチェンジャの一部ではないが複数の LUN を持つ CD-ROM デバイス にだけ必要です。
CD_Q_CHANGER このフラグは、与えられたデバイスが複数の LUN を持つチェンジャであることを、 ドライバに通知します。 一般的には、LUN が 0 よりも大きい時には、ドライバはこれを自動的に理解します。 このフラグを設定する唯一の効果は、チェンジャのスケジューリングコードを通して、 チェンジャの LUN 0 に対して初期の容量読み取りコマンドを実行することを、 ドライバに通知することです。
CD_Q_10_BYTE_ONLY
  このフラグは、与えられたデバイスが 10 バイトの MODE SENSE/MODE SELECT コマンド のみを受け付けることを、ドライバに通知します。 一般的にこういった癖は cd(4) ドライバに追加されるべきではありません。 その理由は、ドライバは問題のドライブが 10 バイトコマンドを必要としているか どうかを幾つかの方法で決定しようとするためです。 最初にドライバは、ドライブが一般的に話すプロトコルが 10 バイトコマンドを 認めるかどうかを決定するために CAM Path Inquiry (CAM パス照会) コマンドを 発行します。 (ATAPI および USB は一般的に 10 バイトコマンドのみを送りたい プロトコルの 2 つの顕著な例です。) それから、6 バイトの MODE SENSE または MODE REQUEST コマンド から ILLEGAL REQUEST エラーが返された場合には、代わりに そのコマンドの 10 バイトバージョンを送ろうとします。 癖が必要になるだろう唯一の理由は、ドライブが一般的に 6 バイトコマンドに問題を 持っていないプロトコル (例えば SCSI) の場合です。

関連ファイル

/sys/cam/scsi/scsi_cd.c
  ドライバのソースファイルです。

関連項目

cd(4), scsi(4)

歴史

cd のマニュアルページは FreeBSD 2.2 で初めて登場しました。

作者

このマニュアルページは John-Mark Gurney <gurney_j@efn.org> が書きました。 CAM と FreeBSD 3.0 のために Kenneth Merry <ken@FreeBSD.org> が更新しました。

CD (9) September 2, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The “N” in NFS stands for Not, or Need, or perhaps Nightmare
— Harry Spencer