tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — FETCH

名称

fetch, fubyte, fusword, fuswintr, fuword – ユーザ空間からのデータの取り出し

内容

書式

#include <sys/types.h>
#include <sys/time.h>
#include <sys/systm.h>
#include <sys/resourcevar.h>

int
fubyte(const void *base);

int
fusword(void *base);

int
fuswintr(void *base);

long
fuword(const void *base);

解説

fetch 関数群はユーザ空間から小さなデータをコピーするようにデザインされています。

fetch ルーチンは以下の機能を提供します。
fubyte()
  ユーザ空間のアドレス base から 1 バイトのデータを取り出します。
fusword()
  ユーザ空間のアドレス base から 1 ショートワードのデータを取り出します。
fuswintr()
  ユーザ空間のアドレス base から 1 ショートワードデータを取り出します。 この関数は割り込みコンテキスト中でも安全に呼び出せます。
fuword()
  ユーザ空間のアドレス base から 1 ワードのデータを取り出します。

戻り値

fetch 関数は取り出したデータを返しますが、失敗した場合は -1 を返します。

関連項目

copy(9), store(9)

FETCH (9) January 7, 1996

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

The wonderful thing about standards is that there are so many of them to choose from.
— Grace Murray Hopper