tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — BASENAME

名称

basename – 指定したパスのファイル名部分やディレクトリ名部分を返す

内容

書式


basename string [suffix]
basename [-a] [-s suffix] string [...]
dirname string

解説

basename ユーティリティは string から最後の ‘/’ までを 削除し、 suffix が指定された場合はこれも削除します。 (まず後続する複数のスラッシュを取り除いた) string に残された文字列と suffix がまったく同じ場合には、削除しません。 そして、その結果得られるファイル名を標準出力に書き出します。 存在しない suffix は無視します。 -a が指定された場合、各引数が単一の string として扱われ、あたかも basename が単一の引数で起動されたかのようになります。 -s が指定された場合、 suffix がその引数として扱われ、残りすべての引数が単一の string として扱われます。

dirname ユーティリティは (まず後続する複数のスラッシュを取り除いた) string 中の最後の ‘/’ から最後尾までをファイル名とみなしてこの部分を削除し、 残りを標準出力に書き出します。

使用例

次の行は、シェル変数 FOO /usr/bin を設定するものです。

    FOO=`dirname /usr/bin/trail`

診断

The basename and dirname utilities exit 0 on success, and >0 if an error occurs.

関連項目

csh(1), sh(1)

規格

basename および dirname のユーティリティは、 IEEE Std 1003.2 ("POSIX.2") 準拠であると思われます。

BASENAME (1) April 18, 1994

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.