tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — TPUT

名称

tput, clear – 端末属性を利用するためのインタフェース

内容

書式


tput [-T term] attribute ...
clear

解説

tput ユーティリティは、 端末の属性情報を取り出して、ユーザやシェルアプリケーションから 利用できるようにします。 clear ユーティリティとして起動されたときには、

    tput clear

が実行されたように画面がクリアされます。 tput のオプションは、次の通りです。
-T
  termcap(5) データベースの中の端末名 ( "vt100" や "xterm" ) を指定します。 端末名が指定されない場合には、環境変数 " TERM" の内容を参照します。

attribute で指定する端末属性が文字列型の場合、 tput ユーティリティはその文字列を出力します。 端末属性が整数型の場合、その数値を出力します。 どちらでもなければ tput は余分な動作をせずに、 端末が属性を持っているなら 0、そうでないなら 1 を 終了コードにして終了します。

attribute が文字列型で引数を取る場合 (例えばカーソル移動 : termcap の "cm" シーケンス) には、引数は属性名 (attribute) のすぐ後ろから取られます。

次の属性は、特別な意味を持っています。
clear 画面をクリアします ( termcap(5) の "cl" シーケンス)
init 端末を初期化します ( termcap(5) の "is" シーケンス)
longname
  ユーザの端末タイプの詳細名称を表示します。
reset 端末をリセットする ( termcap(5) の "rs" シーケンス)

診断

tput の終了コードは、次の通りです:
0 最後の属性引数 attribute が文字列型か整数型の場合、 その値が標準出力に成功裏に書き込まれました。 引数が論理型の場合、端末はこの属性を持ちます。
1 端末は、指定された論理型属性を持ちません。
2 使い方が誤っています。
3 指定された端末型に関して、情報がありません。

関連項目

termcap(5), terminfo(5)

規格

tput ユーティリティは IEEE Std 1003.1-2001 ("POSIX.1") に適合しています。

歴史

tput ユーティリティは、 BSD 4.4 から登場しました。

バグ

tput ユーティリティは属性毎の正しい型を知っているわけではありません。

termcap エントリによっては '%' のみからなる '%' を持つことに依存しているものがあります。 現在、有効なタイプ宣言を持たないものに関しては警告を発っします。 これらの警告は標準エラー出力へと送られます。


TPUT (1) June 15, 2002

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

I have a natural revulsion to any operating system that shows so little planning as to have to named all of its commands after digestive noises (awk, grep, fsck, nroff).