tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — TERMCAP

名称

termcap – 端末ケーパビリティのデータベース

内容

書式


termcap

解説

termcap ファイルは端末に関するデータベースであり、例えば vi(1) や ncurses(3) が使用します。 termcap には、端末が持つケーパビリティと、 操作がどのように行われるのかが記述されています。 パディングの必要性および初期化シーケンスも termcap に記述されています。

termcap のエントリは `:' で区切られた複数個のフィールドからなります。 各端末の最初のエントリは、`|' 文字で区切った端末名です。 最初の名前は、その端末の最も一般的な省略形です。 最後の名前は端末を完全に識別するための長い名前であり、 その他は端末名の類義語です。 最後以外の名前は小文字を使い、空白を含まないようにしてください; 最後の名前は、可読性のために大文字や空白を含んでかまいません。

端末名 (最後の冗長なエントリを除く) は次の約束に従い選んでください。 端末を構成するハードウェアの特定の一部を、 "hp2621" のように根幹の名前として選びます。 この名前はハイフンを含んではなりません。 ハードウェアのモードやユーザのプリファレンスは、 ハイフンとモード指示子を追加して示します。 ですから、132 桁モードの "vt100" は "vt100-w" になります。可能ならば、以下の接尾辞を使用してください:

接尾辞 Ta 意味 - n - np
-w広いモード (80 桁超)vt100-w
-am自動マージン付 (通常はデフォルト)vt100-am
-nam自動マージン無しvt100-nam
画面上の行数 aaa-60
-na矢印キー無し (ローカルのままにする)concept100-na
メモリページ数 concept100-4p
-rv反転表示concept100-rv

ケーパビリティ

記述フィールドに、ケーパビリティの意味を示そうとしています。 記述フィールドには次のようなコードが書いてあることがあります:

(P) パディングが指定されるかもしれないことを表します。
#[1-9]
  記述フィールドでは、文字列が (#i) として与えられる引数として tparm(3)tgoto(3) を介して渡されることを示します。
(P*) 影響を受ける行数に従いパディングが変化することを示します。
(#i) i 番目のパラメータを表します。

以下、ブール値のケーパビリティです:

ブール値            TCap    記述
変数                      コード
auto_left_margin        bw      cursor_left は桁 0 から最後の桁に回り込む
auto_right_margin       am      端末は自動マージンを持つ
no_esc_ctlc             xb      beehive (f1=escape, f2=ctrl C)
ceol_standout_glitch    xs      強調表示は上書きによって消去されない (hp)
eat_newline_glitch      xn      80 桁より後の改行は無視される (concept)
erase_overstrike        eo      空白を上打ちすることで消去可能
generic_type            gn      一般的な行タイプ
hard_copy               hc      ハードコピー端末
has_meta_key            km      メタキーを持ち、最上位ビットをセットする
has_status_line         hs      追加のステータス行を持つ
insert_null_glitch      in      挿入モードはナルを区別する
memory_above            da      画面より上の描画が保存される
memory_below            db      画面より下の描画が保存される
move_insert_mode        mi      挿入モードでの移動が安全
move_standout_mode      ms      強調表示モードでの移動が安全
over_strike             os      端末は上打ちが可能
status_line_esc_ok      es      ステータス行でエスケープを使用可能
dest_tabs_magic_smso    xt      破壊的タブ、強調文字の奇妙な動作 (t1061)
tilde_glitch            hz      ~ を印字できない (hazeltine)
transparent_underline   ul      下線文字の上打ち
xon_xoff                xo      端末は xon/xoff のハンドシェークを使用
needs_xon_xoff          nx      パディングは動作しないので xon/xoff が必要
prtr_silent             5i      プリンタ出力は画面にエコーしない
hard_cursor             HC      カーソルが見にくい
non_rev_rmcup           NR      enter_ca_mode は exit_ca_mode を反転しない
no_pad_char             NP      パディング文字が存在しない
non_dest_scroll_region  ND      スクロール領域が非破壊的
can_change              cc      端末は既存の色を再定義可能
back_color_erase        ut      画面は背景色で消される
hue_lightness_saturation        hl      端末は HLS カラー表現のみ使用
                                        (tektronix)
col_addr_glitch         YA      桁位置指定および micro_column_address
                                ケーパビリティは正方向の動きのみ
cr_cancels_micro_mode   YB      cr を使用するとマイクロモードがオフになる
has_print_wheel         YC      オペレータが文字セットを変更する必要がある
                                プリンタ
row_addr_glitch         YD      row_address および micro_row_address は
                                正方向の動きのみ
semi_auto_right_margin  YE      最終桁で印字すると cr となる
cpi_changes_res         YF      文字ピッチを変えると解像度が変わる
lpi_changes_res         YG      行ピッチを変えると解像度が変わる

以下、数値のケーパビリティです:

数値                      TCap    記述
変数                      コード
columns                 co      1 行の桁数
init_tabs               it      タブの初期設定は # 個の空白ごと
lines                   li      画面もしくはページの行数
lines_of_memory         lm      行より大きい場合はメモリの行数、
                                0 の場合はさまざま

magic_cookie_glitch     sg      enter_standout_mode や exit_standout_mode
                                が残す空白文字数
padding_baud_rate       pb      パディングが必要な最低ボーレート
virtual_terminal        vt      仮想端末番号 (CB/unix)
width_status_line       ws      ステータス行の桁数
num_labels              Nl      画面上のラベル数
label_height            lh      各ラベルの行数
label_width             lw      各ラベルの桁数
max_attributes          ma      端末が扱える属性の最大の組み合わせ
maximum_windows         MW      定義可能なウィンドウ数の最大
magic_cookie_glitch_ul  ug      下線により残される空白数
#
# 以下は SVr4 のカラーサポートにより導入
#
max_colors              Co      画面上の最大色数
max_pairs               pa      画面上の色の組の最大数
no_color_video          NC      色付きでは使用できないビデオ属性
#
# 以下の数値ケーパビリティは SVr4.0 の term 構造体に存在しますが、
# マニュアルには記述されていません。
# これらは SVr4 のプリンタサポートにより追加されました。
#
buffer_capacity         Ya      印字前にバッファされるバイト数
dot_vert_spacing        Yb      1 インチあたりのピン数で表した垂直ピン間隔
dot_horz_spacing        Yc      1 インチあたりのドット数で表した水平
                                ドット間隔
max_micro_address       Yd      micro_..._address での最大値
max_micro_jump          Ye      parm_..._micro での最大値
micro_char_size         Yf      マイクロモードでの文字サイズ
micro_line_size         Yg      マイクロモードでの行サイズ
number_of_pins          Yh      プリントヘッドのピン数
output_res_char         Yi      行あたりのユニット数による水平解像度
output_res_line         Yj      行あたりのユニット数による垂直解像度
output_res_horz_inch    Yk      インチあたりのユニット数による水平解像度
output_res_vert_inch    Yl      インチあたりのユニット数による垂直解像度
print_rate              Ym      1 秒あたりの文字数による印字レート
wide_char_size          Yn      倍幅モードでの文字ステップサイズ
buttons                 BT      マウスのボタン数
bit_image_entwining     Yo      各ビットイメージ行として渡される数
bit_image_type          Yp      ビットイメージデバイスのタイプ

以下、文字列ケーパビリティです:

文字列                     TCap    記述
変数                      コード
back_tab                bt      後退タブ (P)
bell                    bl      可聴シグナル (ベル) (P)
carriage_return         cr      キャリッジリターン (P*)
change_scroll_region    cs      領域を行 #1 から行 #2 までに変更 (P)
clear_all_tabs          ct      全タブストップをクリア (P)
clear_screen            cl      画面を消去しカーソルをホームに移動 (P*)
clr_eol                 ce      行末までクリア (P)
clr_eos                 cd      画面末までクリア (P*)
column_address          ch      絶対指定での水平位置 #1 (P)
command_character       CC      端末がプロトタイプで設定可能なコマンド文字
cursor_address          cm      行 #1 桁 #2 に移動
cursor_down             do      1 行下に移動
cursor_home             ho      カーソルをホームに移動
cursor_invisible        vi      カーソルを見えなくする
cursor_left             le      1 つ左に移動
cursor_mem_address      CM      メモリ相対のカーソル位置指定
cursor_normal           ve      通常のカーソル表示にする
                                (cursor_invisible/cursor_visible の無効化)
cursor_right            nd      1 つ右に移動
cursor_to_ll            ll      最終行の最初の桁
cursor_up               up      1 行上に移動
cursor_visible          vs      カーソルを非常に見易くする
delete_character        dc      文字削除 (P*)
delete_line             dl      行削除 (P*)
dis_status_line         ds      ステータス行を無効にする
down_half_line          hd      半行下に移動
enter_alt_charset_mode  as      別の文字セット開始 (P)
enter_blink_mode        mb      点滅オン
enter_bold_mode         md      ボールド (さらに明るい) モードオン
enter_ca_mode           ti      cursor_address を使用するプログラムを開始
                                する文字列
enter_delete_mode       dm      削除モードへ入る
enter_dim_mode          mh      半輝度モードオン
enter_insert_mode       im      挿入モードへ入る
enter_secure_mode       mk      ブランクモードオン (文字が見えません)
enter_protected_mode    mp      保護モードオン
enter_reverse_mode      mr      反転表示モードオン
enter_standout_mode     so      強調表示モード開始
enter_underline_mode    us      下線モード開始
erase_chars             ec      #1 個文字を削除 (P)
exit_alt_charset_mode   ae      別の文字セット終了 (P)
exit_attribute_mode     me      全属性をオフ
exit_ca_mode            te      cup 使用のプログラムを終了する文字列
exit_delete_mode        ed      削除モード終了
exit_insert_mode        ei      挿入モードから抜ける
exit_standout_mode      se      強調表示モードから抜ける
exit_underline_mode     ue      下線モードから抜ける
flash_screen            vb      可視ベル (カーソルは移動しません)
form_feed               ff      ハードコピー端末でのページ排出 (P*)
from_status_line        fs      ステータス行からの復帰
init_1string            i1      初期化文字列
init_2string            is      初期化文字列
init_3string            i3      初期化文字列
init_file               if      初期化ファイルの名前
insert_character        ic      文字挿入 (P)
insert_line             al      行挿入 (P*)
insert_padding          ip      挿入された文字の後にパディングを挿入
key_backspace           kb      backspace キー
key_catab               ka      clear-all-tabs キー
key_clear               kC      clear-screen または erase キー
key_ctab                kt      clear-tab キー
key_dc                  kD      delete-character キー
key_dl                  kL      delete-line キー
key_down                kd      down-arrow キー
key_eic                 kM      挿入モードで mir や smir により送られる
key_eol                 kE      clear-to-end-of-line キー
key_eos                 kS      clear-to-end-of-screen キー
key_f0                  k0      F0 ファンクションキー
key_f1                  k1      F1 ファンクションキー
key_f10                 k;      F10 ファンクションキー
key_f2                  k2      F2 ファンクションキー
key_f3                  k3      F3 ファンクションキー
key_f4                  k4      F4 ファンクションキー
key_f5                  k5      F5 ファンクションキー
key_f6                  k6      F6 ファンクションキー
key_f7                  k7      F7 ファンクションキー
key_f8                  k8      F8 ファンクションキー
key_f9                  k9      F9 ファンクションキー
key_home                kh      home キー
key_ic                  kI      insert-character キー
key_il                  kA      insert-line キー
key_left                kl      left-arrow キー
key_ll                  kH      last-line キー
key_npage               kN      next-page キー
key_ppage               kP      prev-page キー
key_right               kr      right-arrow キー
key_sf                  kF      scroll-forward キー
key_sr                  kR      scroll-backward キー
key_stab                kT      set-tab キー
key_up                  ku      up-arrow キー
keypad_local            ke      'キーボード送出' モードから抜ける
keypad_xmit             ks      'キーボード送出' モードに入る
lab_f0                  l0      非 f0 の時、ファンクションキー f0 のラベル
lab_f1                  l1      非 f1 の時、ファンクションキー f1 のラベル
lab_f10                 la      非 f10 の時、ファンクションキー f10 の
                                ラベル
lab_f2                  l2      非 f2 の時、ファンクションキー f2 のラベル
lab_f3                  l3      非 f3 の時、ファンクションキー f3 のラベル
lab_f4                  l4      非 f4 の時、ファンクションキー f4 のラベル
lab_f5                  l5      非 f5 の時、ファンクションキー f5 のラベル
lab_f6                  l6      非 f6 の時、ファンクションキー f6 のラベル
lab_f7                  l7      非 f7 の時、ファンクションキー f7 のラベル
lab_f8                  l8      非 f8 の時、ファンクションキー f8 のラベル
lab_f9                  l9      非 f9 の時、ファンクションキー f9 のラベル
meta_off                mo      メタモードオフ
meta_on                 mm      メタモードオン (8 ビット目をオン)
newline                 nw      改行 (cr の後に lf が来たように振舞います)
pad_char                pc      パディング文字 (ナルの代り)
parm_dch                DC      #1 文字を削除 (P*)
parm_delete_line        DL      #1 行を削除 (P*)
parm_down_cursor        DO      #1 行下に移動 (P*)
parm_ich                IC      #1 文字を挿入 (P*)
parm_index              SF      #1 行の前進スクロール (P)
parm_insert_line        AL      #1 行を挿入 (P*)
parm_left_cursor        LE      #1 文字左に移動 (P)
parm_right_cursor       RI      #1 文字右に移動 (P*)
parm_rindex             SR      #1 行の後退スクロール (P)
parm_up_cursor          UP      #1 行上に移動 (P*)
pkey_key                pk      文字列 #2 をタイプする
                                プログラムファンクションキー #1
pkey_local              pl      文字列 #2 を実行する
                                プログラムファンクションキー #1
pkey_xmit               px      文字列 #2 を転送する
                                プログラムファンクションキー #1
print_screen            ps      画面の内容を印字
prtr_off                pf      プリンタオフ
prtr_on                 po      プリンタオン
repeat_char             rp      文字 #1 を #2 回繰り返す (P*)
reset_1string           r1      リセット文字列
reset_2string           r2      リセット文字列
reset_3string           r3      リセット文字列
reset_file              rf      リセットファイルの名前
restore_cursor          rc      save_cursor の最後の位置へカーソルを戻す
row_address             cv      絶対指定での垂直位置 #1 (P)
save_cursor             sc      現在のカーソル位置を保存 (P)
scroll_forward          sf      テキストを上にスクロール (P)
scroll_reverse          sr      テキストを下にスクロール (P)
set_attributes          sa      ビデオ属性 #1-#9 を定義 (PG9)
set_tab                 st      全ての行において今いる桁にタブを設定
set_window              wi      現在のウィンドウを、行 #1-#2 桁 #3-#4 に
                                設定
tab                     ta      次の 8 スペースハードウェアタブストップへ
                                タブ
to_status_line          ts      ステータス行へ移動
underline_char          uc      文字に下線を引きその後に移動
up_half_line            hu      半行上に移動
init_prog               iP      初期化プログラムのパス名
key_a1                  K1      キーパッドの左上キー
key_a3                  K3      キーパッドの右上キー
key_b2                  K2      キーパッドの中央キー
key_c1                  K4      キーパッドの左下キー
key_c3                  K5      キーパッドの右下キー
prtr_non                pO      #1 バイトだけプリンタをオンする
termcap_init2           i2      2 番目の初期化文字列
termcap_reset           rs      端末リセット文字
#
# SVr1 のケーパビリティはここまでです。
# IBM の terminfo はここまでは SVr4 と同じですが、ここから先は異なります。
#
char_padding            rP      insert_padding と似ていますが挿入モード時
                                に使用
acs_chars               ac      図形文字セットの組 - def=vt100
plab_norm               pn      プログラムラベル #1 は文字列 #2 を表示
key_btab                kB      back-tab キー
enter_xon_mode          SX      xon/xoff ハンドシェークオン
exit_xon_mode           RX      xon/xoff ハンドシェークオフ
enter_am_mode           SA      自動マージンオン
exit_am_mode            RA      自動マージンオフ
xon_character           XN      XON 文字
xoff_character          XF      XOFF 文字
ena_acs                 eA      別の文字セットを有効にする
label_on                LO      ソフトラベルオン
label_off               LF      ソフトラベルオフ
key_beg                 @1      begin キー
key_cancel              @2      cancel キー
key_close               @3      close キー
key_command             @4      command キー
key_copy                @5      copy キー
key_create              @6      create キー
key_end                 @7      end キー
key_enter               @8      enter/send キー
key_exit                @9      exit キー
key_find                @0      find キー
key_help                %1      help キー
key_mark                %2      mark キー
key_message             %3      message キー
key_move                %4      move キー
key_next                %5      next キー
key_open                %6      open キー
key_options             %7      options キー
key_previous            %8      previous キー
key_print               %9      print キー
key_redo                %0      redo キー
key_reference           &1      reference キー
key_refresh             &2      refresh キー
key_replace             &3      replace キー
key_restart             &4      restart キー
key_resume              &5      resume キー
key_save                &6      save キー
key_suspend             &7      suspend キー
key_undo                &8      undo キー
key_sbeg                &9      シフト状態の begin キー
key_scancel             &0      シフト状態の cancel キー
key_scommand            *1      シフト状態の command キー
key_scopy               *2      シフト状態の copy キー
key_screate             *3      シフト状態の create キー
key_sdc                 *4      シフト状態の delete char キー
key_sdl                 *5      シフト状態の delete line キー
key_select              *6      select キー
key_send                *7      シフト状態の end キー
key_seol                *8      シフト状態の end-of-line キー
key_sexit               *9      シフト状態の exit キー
key_sfind               *0      シフト状態の find キー
key_shelp               #1      シフト状態の help キー
key_shome               #2      シフト状態の home キー
key_sic                 #3      シフト状態の insert char キー
key_sleft               #4      シフト状態の left キー
key_smessage            %a      シフト状態の message キー
key_smove               %b      シフト状態の move キー
key_snext               %c      シフト状態の next キー
key_soptions            %d      シフト状態の options キー
key_sprevious           %e      シフト状態の previous キー
key_sprint              %f      シフト状態の print キー
key_sredo               %g      シフト状態の redo キー
key_sreplace            %h      シフト状態の replace キー
key_sright              %i      シフト状態の right キー
key_srsume              %j      シフト状態の resume キー
key_ssave               !1      シフト状態の save キー
key_ssuspend            !2      シフト状態の suspend キー
key_sundo               !3      シフト状態の undo キー
req_for_input           RF      次の入力文字を送る (pty で使用)
key_f11                 F1      F11 ファンクションキー
key_f12                 F2      F12 ファンクションキー
key_f13                 F3      F13 ファンクションキー
key_f14                 F4      F14 ファンクションキー
key_f15                 F5      F15 ファンクションキー
key_f16                 F6      F16 ファンクションキー
key_f17                 F7      F17 ファンクションキー
key_f18                 F8      F18 ファンクションキー
key_f19                 F9      F19 ファンクションキー
key_f20                 FA      F20 ファンクションキー
key_f21                 FB      F21 ファンクションキー
key_f22                 FC      F22 ファンクションキー
key_f23                 FD      F23 ファンクションキー
key_f24                 FE      F24 ファンクションキー
key_f25                 FF      F25 ファンクションキー
key_f26                 FG      F26 ファンクションキー
key_f27                 FH      F27 ファンクションキー
key_f28                 FI      F28 ファンクションキー
key_f29                 FJ      F29 ファンクションキー
key_f30                 FK      F30 ファンクションキー
key_f31                 FL      F31 ファンクションキー
key_f32                 FM      F32 ファンクションキー
key_f33                 FN      F33 ファンクションキー
key_f34                 FO      F34 ファンクションキー
key_f35                 FP      F35 ファンクションキー
key_f36                 FQ      F36 ファンクションキー
key_f37                 FR      F37 ファンクションキー
key_f38                 FS      F38 ファンクションキー
key_f39                 FT      F39 ファンクションキー
key_f40                 FU      F40 ファンクションキー
key_f41                 FV      F41 ファンクションキー
key_f42                 FW      F42 ファンクションキー
key_f43                 FX      F43 ファンクションキー
key_f44                 FY      F44 ファンクションキー
key_f45                 FZ      F45 ファンクションキー
key_f46                 Fa      F46 ファンクションキー
key_f47                 Fb      F47 ファンクションキー
key_f48                 Fc      F48 ファンクションキー
key_f49                 Fd      F49 ファンクションキー
key_f50                 Fe      F50 ファンクションキー
key_f51                 Ff      F51 ファンクションキー
key_f52                 Fg      F52 ファンクションキー
key_f53                 Fh      F53 ファンクションキー
key_f54                 Fi      F54 ファンクションキー
key_f55                 Fj      F55 ファンクションキー
key_f56                 Fk      F56 ファンクションキー
key_f57                 Fl      F57 ファンクションキー
key_f58                 Fm      F58 ファンクションキー
key_f59                 Fn      F59 ファンクションキー
key_f60                 Fo      F60 ファンクションキー
key_f61                 Fp      F61 ファンクションキー
key_f62                 Fq      F62 ファンクションキー
key_f63                 Fr      F63 ファンクションキー
clr_bol                 cb      行頭までクリア
clear_margins           MC      左右のソフトマージンをクリア
set_left_margin         ML      左のソフトマージンを設定
set_right_margin        MR      右のソフトマージンを設定
label_format            Lf      ラベルフォーマット
set_clock               SC      時刻を #1 時 #2 分 #3 秒に設定
display_clock           DK      位置 (#1,#2) に時計を表示
remove_clock            RC      時計を取り除く
create_window           CW      ウィンドウ #1 を #2, #3 から #4, #5 までと
                                定義
goto_window             WG      ウィンドウ #1 に移動
hangup                  HU      電話をハングアップする
dial_phone              DI      番号 #1 にダイヤルする
quick_dial              QD      チェックせずに番号 #1 にダイヤルする
tone                    TO      タッチトーンダイヤルを選択
pulse                   PU      パルスダイヤルを選択
flash_hook              fh      スイッチフックをフラッシュする
fixed_pause             PA      2-3 秒待つ
wait_tone               WA      ダイヤルトーンを待つ
user0                   u0      ユーザ文字列 #0
user1                   u1      ユーザ文字列 #1
user2                   u2      ユーザ文字列 #2
user3                   u3      ユーザ文字列 #3
user4                   u4      ユーザ文字列 #4
user5                   u5      ユーザ文字列 #5
user6                   u6      ユーザ文字列 #6
user7                   u7      ユーザ文字列 #7
user8                   u8      ユーザ文字列 #8
user9                   u9      ユーザ文字列 #9
#
# SVr4 は以下のケーパビリティを追加してカラーをサポートしました
#
orig_pair               op      デフォルトのペアを元の値に戻す
orig_colors             oc      色のペア全てを元に戻す
initialize_color        Ic      色 #1 を (#2,#3,#4) に設定
initialize_pair         Ip      色のペア #1 を fg=(#2,#3,#4),
                                bg=(#5,#6,#7) に設定
set_color_pair          sp      現在の色のペアを #1 に設定
set_foreground          Sf      前景色を #1 に設定
set_background          Sb      背景色を #1 に設定
#
# SVr4 は以下のケーパビリティを追加してプリンタをサポートしました
#
change_char_pitch       ZA      1 インチあたりの文字数を変更
change_line_pitch       ZB      1 インチあたりの行数を変更
change_res_horz         ZC      水平解像度を変更
change_res_vert         ZD      垂直解像度を変更
define_char             ZE      文字を定義
enter_doublewide_mode   ZF      倍幅モードに入る
enter_draft_quality     ZG      ドラフト印字モードに入る
enter_italics_mode      ZH      イタリックモードに入る
enter_leftward_mode     ZI      キャリッジの左向き移動開始
enter_micro_mode        ZJ      マイクロ移動モードに入る
enter_near_letter_quality       ZK      NLQ 印字モードに入る
enter_normal_quality    ZL      通常品質印字モードに入る
enter_shadow_mode       ZM      シャドウプリントモード開始
enter_subscript_mode    ZN      下付き文字モード
enter_superscript_mode  ZO      上付き文字モード
enter_upward_mode       ZP      キャリッジの上向き移動開始
exit_doublewide_mode    ZQ      倍幅印字モード終了
exit_italics_mode       ZR      イタリックモード終了
exit_leftward_mode      ZS      左向き移動モード終了
exit_micro_mode         ZT      マイクロ移動モード終了
exit_shadow_mode        ZU      シャドウプリントモード終了
exit_subscript_mode     ZV      下付き文字モード終了
exit_superscript_mode   ZW      上付き文字モード終了
exit_upward_mode        ZX      逆向き文字移動終了
micro_column_address    ZY      マイクロモードの column_address
micro_down              ZZ      マイクロモードの cursor_down
micro_left              Za      マイクロモードの cursor_left
micro_right             Zb      マイクロモードの cursor_right
micro_row_address       Zc      マイクロモードの row_address
micro_up                Zd      マイクロモードの cursor_up
order_of_pins           Ze      ソフトウェアビットを印字ヘッドピンに
                                あわせる

parm_down_micro         Zf      マイクロモードの parm_down_cursor
parm_left_micro         Zg      マイクロモードの parm_left_cursor
parm_right_micro        Zh      マイクロモードの parm_right_cursor
parm_up_micro           Zi      マイクロモードの parm_up_cursor
select_char_set         Zj      文字セットの選択
set_bottom_margin       Zk      現在の行を下マージンに設定
set_bottom_margin_parm  Zl      下マージンを行 #1 または下から #2 行に設定
set_left_margin_parm    Zm      左 (右) マージンを桁 #1 (#2) に設定
set_right_margin_parm   Zn      右マージンを桁 #1 に設定
set_top_margin          Zo      上マージンを現在の行に設定
set_top_margin_parm     Zp      上 (下) マージンを行 #1 (#2) に設定
start_bit_image         Zq      ビットイメージグラフィクスの印刷開始
start_char_set_def      Zr      文字セットの定義開始
stop_bit_image          Zs      ビットイメージグラフィクスの印刷停止
stop_char_set_def       Zt      文字セットの定義終了
subscript_characters    Zu      下付き文字となりうる文字のリスト
superscript_characters  Zv      上付き文字となりうる文字のリスト
these_cause_cr          Zw      印字すると CR となる文字
zero_motion             Zx      次の文字表示では移動しない
#
# 以下の文字列ケーパビリティは SVr4.0 の term 構造体にありますが、
# マニュアルページには記述されていません。
#
char_set_names          Zy      文字セット名のリスト
key_mouse               Km      マウスイベントが発生した
mouse_info              Mi      マウス状態の情報
req_mouse_pos           RQ      マウス位置の要求
get_mouse               Gm      curses がボタンイベントを取得すべき
set_a_foreground        AF      ANSI 前景色を設定
set_a_background        AB      ANSI 背景色を設定
pkey_plab               xl      文字列 #2 をタイプし、文字列 #3 を表示する
                                プログラムファンクションキー
device_type             dv      言語/コードセットサポートの表示
code_set_init           ci      複数コードセットシーケンスの初期化
set0_des_seq            s0      コードセット 0 へシフト
                                (EUC セット 0, ASCII)
set1_des_seq            s1      コードセット 1 へシフト
set2_des_seq            s2      コードセット 2 へシフト
set3_des_seq            s3      コードセット 3 へシフト
set_lr_margin           ML      左右マージンをそれぞれ #1, #2 に設定
set_tb_margin           MT      上下マージンをそれぞれ #1, #2 に設定
bit_image_repeat        Xy      ビットイメージセル #1 を #2 回繰り返す
bit_image_newline       Zz      ビットイメージの次の行に移動
bit_image_carriage_return       Yv      同一行の先頭に移動
color_names             Yw      色 #1 の名前を与える
define_bit_image_region Yx      長方形のビットイメージ領域を定義
end_bit_image_region    Yy      ビットイメージ領域の終了
set_color_band          Yz      色リボン #1 に変更
set_page_length         YZ      ページ長を #1 行に設定
#
# SVr4 は以下のケーパビリティを追加し、直接 PC クローンをサポートしました
#
display_pc_char         S1      PC 文字を表示
enter_pc_charset_mode   S2      PC 文字表示モードに入る
exit_pc_charset_mode    S3      PC 文字表示モード終了
enter_scancode_mode     S4      PC スキャンコードモードに入る
exit_scancode_mode      S5      PC スキャンコードモードから抜ける
pc_term_options         S6      PC 端末オプション
scancode_escape         S7      スキャンコードエミュレーションのための
                                エスケープ
alt_scancode_esc        S8      スキャンコードエミュレーションのための
                                別のエスケープ
#
# XSI curses 標準は、以下のケーパビリティを追加しました。
#
enter_horizontal_hl_mode        Xh      水平ハイライトモードに入る
enter_left_hl_mode      Xl      左ハイライトモードに入る
enter_low_hl_mode       Xo      下ハイライトモードに入る
enter_right_hl_mode     Xr      右ハイライトモードに入る
enter_top_hl_mode       Xt      上ハイライトモードに入る
enter_vertical_hl_mode  Xv      垂直ハイライトモードに入る

以下は廃れた termcap ケーパビリティです。 新しいソフトウェアはどれにも依存しないようにしてください。

ブール値            TCap    記述
変数                      コード
linefeed_is_newline     NL      ^J で下に移動
even_parity             EP      端末は偶数パリティを要求
odd_parity              OP      端末は奇数パリティを要求
half_duplex             HD      端末は半 2 重
lower_case_only         LC      端末は小文字のみ持つ
upper_case_only         UC      端末は大文字のみ持つ
has_hardware_tabs       pt      ^I で起動される 8 文字タブがある
return_does_clr_eol     xr      リターンは行をクリアする
tek_4025_insert_line    xx      Tektronix 4025 の insert-line グリッチ
backspaces_with_bs      bs      左に移動するために ^H を使用
crt_no_scrolling        ns      crt はスクロールできない
no_correctly_working_cr nc      行頭に行く手段が無い
数値                      TCap    記述
変数                      コード
backspace_delay         dB      ^H に必要なパディング
form_feed_delay         dF      ^L に必要なパディング
horizontal_tab_delay    dT      ^I に必要なパディング
vertical_tab_delay      dV      ^V に必要なパディング
number_of_function_keys kn      ファンクションキーの数
carriage_return_delay   dC      CR に必要なパディング
new_line_delay          dN      LF に必要なパディング
文字列                     TCap    記述
変数                      コード
other_non_function_keys ko      自己にマップされたキーのリスト
arrow_key_map           ma      矢印キーをマップ
memory_lock_above       ml      現在の行より上の画面で見える部分のメモリを
                                ロック
memory_unlock           mu      現在の行より上の画面で見える部分のメモリの
                                ロックを解除
linefeed_if_not_lf      nl      下に移動するために使用
backspace_if_not_bs     bc      ^H でない場合に左に移動

エントリのサンプル

以下のエントリは Concept-100 について記述しており、 本書の中でも最も複雑なエントリの 1 つです。

ca|concept100|c100|concept|c104|concept100-4p|HDS Concept-100:\
        :al=3*\E^R:am:bl=^G:cd=16*\E^C:ce=16\E^U:cl=2*^L:cm=\Ea%+ %+ :\
        :co#80:.cr=9^M:db:dc=16\E^A:dl=3*\E^B:do=^J:ei=\E\200:eo:im=\E^P:in:\
        :ip=16*:is=\EU\Ef\E7\E5\E8\El\ENH\EK\E\200\Eo&\200\Eo\47\E:k1=\E5:\
        :k2=\E6:k3=\E7:kb=^h:kd=\E<:ke=\Ex:kh=\E?:kl=\E>:kr=\E=:ks=\EX:\
        :ku=\E;:le=^H:li#24:mb=\EC:me=\EN\200:mh=\EE:mi:mk=\EH:mp=\EI:\
        :mr=\ED:nd=\E=:pb#9600:rp=0.2*\Er%.%+ :se=\Ed\Ee:sf=^J:so=\EE\ED:\
        :.ta=8\t:te=\Ev    \200\200\200\200\200\200\Ep\r\n:\
        :ti=\EU\Ev  8p\Ep\r:ue=\Eg:ul:up=\E;:us=\EG:\
        :vb=\Ek\200\200\200\200\200\200\200\200\200\200\200\200\200\200\EK:\
        :ve=\Ew:vs=\EW:vt#8:xn:\
        :bs:cr=^M:dC#9:dT#8:nl=^J:ta=^I:pt:

行末文字に \ を使用すれば、複数行にエントリを続けることができます。 また空のフィールドを含めて可読性を上げることもできます (ある行の最後のフィールドから次の行の最初のフィールドまでです)。 コメントは "#" で始まる行に含めることができます。

ケーパビリティの型

termcap のケーパビリティには次の 3 種類があります: 特定の機能を端末が持つかどうかを示す、ブール値ケーパビリティ; 画面の大きさや他の属性の大きさを与える、数値ケーパビリティ; そして特定の端末操作を行うために使用可能な文字列を与える、 文字列ケーパビリティです。 全てのケーパビリティが 2 文字のコードを持ちます。 例えば、Concept が 自動マージン (行末に到達すると、自動的にリターンおよびラインフィードする機能) を持つという事実は、ブール値ケーパビリティ am で示されます。 それゆえ Concept の記述は am を含みます。

数値ケーパビリティの後には文字 `#' が続き、そして値が続きます。 上の例では、画面の桁数を示す co は Concept に対しては値 `80' を与えます。

最後に、文字列値のケーパビリティ、例えば ce (行末までクリアのシーケンス) は、2 文字のコード、単一の `='、 そして次の `:' までの文字列で与えられます。 このケーパビリティにおいては、ミリ秒指定の遅延を `=' の後に指定可能です。 この場合、残りの文字列が送られた後、パディング文字が tputs(3) により与えられ、この遅延を発生させます。 遅延は `20' のような数値または `3*' のような `*' が続く数値です。 `*' は、 この操作により影響を受ける行数に必要なパディングが比例すること、 そして指定量は影響を受ける各行に必要なパディングであることを示します。 (insert-character の場合でも、係数は影響を受ける 数です; ただし、端末が in を持っていてソフトウェアがこれを使用する場合以外は、この値は常に 1 です。) `*' が指定される時、`3.5' のような形式により 1/10 ミリ秒単位で 行あたりの遅延を指定するのが便利な場合があります。 (10 進数 1 桁分のみ許されます。)

多くのエスケープシーケンスが文字列値のケーパビリティで提供されますので、 ここでは容易に制御文字をエンコードできます。 \E ESC 文字にマップし、 ^X は適切な X に対して control-X にマップし、シーケンス \n \r \t \b \f はそれぞれ、ラインフィード、リターン、タブ、バックスペース、フォームフィード にマップします。 最後に、文字は \ の後に 3 桁 8 進数として指定可能ですし、 ^ \ の文字は \^ \\ として与えられます。 ケーパビリティ中に : を入れる必要がある場合、 \: とエスケープするか、8 進数で \072 とエスケープする必要があります。 文字列ケーパビリティ中に NUL 文字を入れる必要がある場合、 \200 とエンコードする必要があります。( termcap を扱うルーチンは C の文字列を使用し、 出力の最上位ビットをかなり遅い段階で取り除くので、 \200 \000 として出力されます。)

個々のケーパビリティをコメントアウトする必要があるかもしれません。 その場合には、ケーパビリティ名の前にピリオドを付けます。 例えば、例における最初の cr ta を見てください。

記述の準備

端末記述を準備する最も効果的な方法は、 termcap 中の似た端末の記述を真似し、 vi(1) を使用して部分記述の正しさを確認することにより、 徐々に記述を構築するというものです。 非常に稀なことですが、端末によっては、 termcap ファイルの記述能力不足や vi(1) のバグが露呈することがありますので注意してください。 あなたが新しく作った端末記述を簡単にテストするには、 あなたのホームディレクトリに .termcap という名前のファイルとして置き、 プログラムが /usr/share/misc/termcap の前にこれを見るようにします。 環境変数 TERMPATH をあなたが作成した記述を含む絶対ファイルパス名のリスト (空白もしくはコロンで区切ります) に設定することにより、 プログラムはこれらをリスト順に検索し、他は検索しないようになります。 termcap(3) を参照してください。 TERMCAP 環境変数は、通常 termcap エントリ自身に設定され、プログラム起動時にファイルを読むことを避けます。

行挿入に対する適切なパディングを得るためには (端末製造元が記述しなかった場合には)、 vi(1) を使用して /etc/passwd を 9600 ボーで編集し、およそ 16 行を画面中央から削除し、 それから `u' キーを何度か素早く押すという、厳しいテストを行います。 画面がぐちゃぐちゃになった場合には、 通常はより多くのパディングが必要となります。 同様のテストを文字挿入に対しても行うことが可能です。

基本ケーパビリティ

表示の各行の桁数は co 数値ケーパビリティで与えられます。 表示が CRT になされる場合、画面の行数は li ケーパビリティで与えられます。 カーソルが右マージンに到達した時に、表示が次の行の先頭に回り込む場合には、 am ケーパビリティを持ちます。 端末が画面をクリア可能な場合には、そうするためのコードが cl 文字列ケーパビリティで与えられます。 端末が (上書きされる文字の位置をクリアするのではなく) 上打ちする場合には、 os ケーパビリティがあります。 端末がプリント端末でソフトコピーユニットを持たない場合、 hc os を指定してください。 ( os があてはまるのは Tektronix 4010 シリーズのようなストレージスコープ端末、 ハードコピー端末、そして APL 端末です。) カーソルを直ちに左端に移動するためのコードがある場合には、それを cr で指定します。 (通常これは復帰文字(キャリッジリターン)、すなわち ^M です。) 可聴シグナル (ベルやビープなど) を発生するコードがある場合には、それを bl で指定します。

(バックスペースのように) カーソルを 1 つ左に移動するコードがある場合には、 このケーパビリティは le で指定します。 同様に、右上下に移動するコードはそれぞれ nd, up, do で指定します。 これらの ローカルなカーソル移動 は、カーソルが通過する文字を変化させてはなりません; 例えば、通常は "nd= " を使用してはなりません。例外は 端末が os ケーパビリティを持つ場合です。 この理由は、通過する文字を空白が消してしまうからです。

ここで非常に重要なポイントは、 termcap でエンコードされるローカルなカーソル移動は、 CRT 表示の左端および上端では動作が未定義だということです。 ローカルなカーソル移動を使用している場合には、 左端においては bw が与えられているのでなければ、 プログラムはバックスペースを試してはなりませんし、 上端においては上への移動を試してはなりません。

テキストを上にスクロールするには、プログラムは画面左下角に移動して、 sf (インデックス) 文字列を送ります。 テキストを下にスクロールするには、プログラムは画面左上角に移動して、 sr (逆インデックス) 文字列を送ります。 期待された角以外での sf および sr 文字列の動作は未定義です。 パラメータ化したバージョンのスクロールシーケンスは SF および SR で、 sf および sr と同様の意味ですが、 1 つパラメータを取ってその行数だけスクロールさせるというところが違います。 これらもまた、画面上の適切な角以外での動作は未定義です。

am ケーパビリティは、画面の右端にてテキスト出力を行った時に、 カーソルがその位置に留まるか否かを示します。 しかしこれは、最後の桁での nd を必ずしも意味しません。 左端らかの左向きのローカル移動は、 bw が与えられている場合のみ定義されます; この場合、左端における le は、直前行の右端へ移動します。 例えば、画面の周囲に箱を描画する場合に便利です。 端末が切り替え選択式の自動マージンを持つ場合には、 termcap 記述は通常この機能、 すなわち am がオンであることを仮定します。 次行の先頭桁への移動コマンドを端末が持つ場合、このコマンドは nw (改行) で与えることができます。 これを使用して現在の行の残りの部分をクリアすることができますので、 正しく動作する CR および LF を持たない場合には、これらの代りに使用することができます。

これらの機能で、ハードコピー端末および "ガラスの tty" 端末を記述するためには十分です。 Teletype model 33 は以下のように記述されています

T3|tty33|33|tty|Teletype model 33:\
        :bl=^G:co#72:cr=^M:do=^J:hc:os:

また Lear Siegler ADM-3 は以下のように記述されています

l3|adm3|3|LSI ADM-3:\
:am:bl=^G:cl=^Z:co#80:cr=^M:do=^J:le=^H:li#24:sf=^J:

パラメータ化された文字列

カーソル位置設定などのパラメータを要求する文字列は、 パラメータ化された文字列ケーパビリティで記述します。 ここでは printf(3) に似たエスケープ %x を使用します。その他の文字は変更されずに渡されます。 例えば、カーソル位置設定のために cm ケーパビリティが与えられますが、これは 2 つのパラメータを使用します: それぞれ移動先の行と桁です。 (行と桁は 0 から番号が振られ、ユーザから見える物理画面を参照します。 見えないメモリは参照しません。 端末がメモリ相対のカーソル位置設定機能を持つ場合には、 CM という似たケーパビリティで指定されます。)

% エンコードは以下の意味を持ちます:

%%
`%'を出力

%d
値をprintf(3) %d のように出力

%2
値をprintf(3) %2d のように出力

%3
値をprintf(3) %3d のように出力

%.
値をprintf(3) %c のように出力

%+ x
値に x を加え、% を実行

%> xy
もし値 > x の場合には y を加える。無出力

%r
2 つのパラメータの順を逆転。無出力

%i
1 増加。無出力

%n
全パラメータに関した 0140 との排他的論理和 (Datamedia 2500)

%B
BCD (16*(value/10)) + (value%10) を実行。無出力
Ta 逆コーディング (value - 2*(value%16))。無出力 (Delta Data)

Hewlett-Packard 2645 において第 3 行第 12 桁に移動する場合、 "\E&a12c03Y" を送って 6 ミリ秒パディングする必要があります。 行と桁の関係がここでは逆であり、行および桁は 2 桁の整数として送る ことに注意してください。 よって、この端末の cm ケーパビリティは "cm=6\E&%r%2c%2Y" となります。

Datamedia 2500 は現在の行と桁を "%." でバイナリエンコードして送る必要があります。 "%." を使用する端末は、カーソルをバックスペース ( le) させる機能と画面上で 1 行カーソルを上に移動 ( up) する機能を持つ必要があります。 なぜなら \n, ^D, \r を送出するのは常に安全というわけではなく、 システムがこれらに変更を加えたり捨てたりする場合があるからです。( termcap を使用するプログラムは、タブが展開されないように端末モードを設定し、 \t が安全に送られるようにしなければなりません。 これは Ann Arbor 4080 において本質的です。)

最後の例は Lear Siegler ADM-3a です。この端末では行と桁は空白文字で与えますので、 "cm=\E=%+ %+" となります。

絶対値での行や桁のカーソル位置設定は、単一パラメータのケーパビリティ ch (水平絶対位置) および cv (垂直絶対位置) で与えられます。 一般的な 2 パラメータシーケンスよりもこれらを使用する方が短かいことがあり (Hewlett-Packard 2645 の場合)、 cm よりも好んで使用され得ます。 パラメータ化されたローカル移動 ( 例えばn 個右に移動) の機能がある場合、 DO, LE, RI, UP として与えられます。これらは単一パラメータを取り、 いくつ移動するのかを示します。 第 1 に Tektronix 4025 のような cm を持たない端末で有用です。

カーソル移動

端末が高速にカーソルをホーム (画面の左上角) に移動する方法がある場合、これは ho として与えられます。 同様に、高速に左下角に移動する方法は、 ll で与えられます; これには、ホームポジションにて up を使用することによる上への移動を含みますが、 プログラム自身がこれを実行してはなりません (ただし ll が実行する場合を除く)。 なぜならプログラムはホームポジションでの上への移動の効果を 仮定できないからです。) ホームポジションは、カーソル位置 (0,0) と同じです: 画面の左上角であり、メモリは無関係です。 (それゆえ、Hewlett-Packard 端末の "\EH" シーケンスは、 ho としては使用できません。)

領域クリア

端末が、現在位置に留まりつつ、現在位置から行末までクリア可能である場合には、 この機能は ce として与えられます。 端末が、現在位置から描画終端までをクリア可能である場合には、この機能は cd として与えられます。 cd は行の最初の桁においてのみ起動可能です。(よって、真の cd が利用できない場合、この機能は多数の行を削除する要求にてシミュレート可能です。)

行の挿入および削除

端末が、カーソルがいる行の前に新しい空行を開けることが可能な場合、この機能は al として与えられます; この機能を起動するには行頭にいる必要があります。 行を開けると、カーソルは新しい空行の左端に移動します。 端末が、カーソルがいる行を削除可能な場合、この機能は dl として与えられます; この機能を起動するには削除する行の先頭にいる必要があります。 1 つパラメータを取ってその数だけ行を挿入および削除する al および dl の変形は、 AL および DL として与えられます。 端末が、(VT100 のように) 設定可能なスクロール領域を持つ場合、 設定コマンドは 2 つのパラメータを取る cs ケーパビリティとして記述されます: パラメータはスクロール領域の上端行および下端行です。 なんとしたことか、このコマンド使用後のカーソル位置は未定義です。 行挿入および行削除の効果はこのコマンドを使用することで得られます — sc および rc (カーソルの保存と回復) コマンドもまた有用です。 画面の上端または下端における行挿入は、 真の行挿入/削除を持たない多くの端末において、 sr または sf にて実行できます。 また、真の行挿入/削除機能を持つ端末においても、 こちらの方が高速な場合が多いです。

メモリの一部を、 全コマンドが影響するウィンドウとして定義する能力を端末が持つ場合、 これはパラメータ化された文字列 wi で与えられます。 4 つのパラメータは順番に、メモリにおける開始行・終了行・開始桁・終了桁です。 (この terminfo(5) ケーパビリティは完全性のために記述しています。 termcap を使用するプログラムはこの機能を使ってはいないでしょう。)

端末が画面より上方の表示メモリを保存する場合、 da ケーパビリティが与えられます; 下方の表示メモリが保存される場合、 db が与えられます。 これらの機能は、 行削除やスクロールにより非空白行が下から現れることや、 sr による後退スクロールにより非空白行が上から現れることを示します。

文字の挿入および削除

termcap にて記述可能な文字挿入および削除に関しては、 基本的に 2 種類のインテリジェント端末があります。 最も一般的な文字の挿入/削除操作は現在行の文字にのみ作用し、 行末までの文字を厳格にシフトします。 他の端末、Concept-100 や Perkin Elmer Owl では、 タイプされた空白とタイプされたものではない空白を区別し、 挿入/削除に際するシフトは 画面上のタイプされたものではない空白にのみ適用されます。 タイプされたものではない空白は、削除されるか、 2 つのタイプされたものではない空白に拡張されます。 使用している端末の種類を判別するためには、 画面をクリアし、カーソル移動を含めてテキストをタイプします。例えば "abc def" を、 "abc" と "def" の間でローカルなカーソル移動 (空白ではありません) を行ってタイプします。 その後、カーソルを "abc" の前に移動し、端末を挿入モードにします。 そこで文字をタイプすると 行の残りの部分が厳密にシフトされ終端から出て行く場合、 あなたの端末は空白とタイプされたものではない位置とを区別しません。 もし挿入に際して、 "abc" が "def" のところまでシフトし、 それから一緒に現在の行の終端まで移動して次行に移動する場合、 あなたの端末は 2 番目の種類の端末を持っていますので、 "ナル挿入" を表すケーパビリティ in を指定します。 これら 2 つは論理的に別の属性 (1 行 複数行の挿入モードでタイプされたものではない空白を特別に扱う) ですが、 挿入モードをどちらかで記述できない端末を我々は見たことがありません。

termcap エントリは、挿入モードを持つ端末も、 単純なシーケンスを送って現在の行に空白位置を開ける端末も、両方記述可能です。 im は挿入モードに入るシーケンスを表します。 ei は挿入モードから抜けるシーケンスを表します。そして、 ic は、挿入する文字を送る直前に送る必要があるシーケンスを表します。 真の挿入モードを持つほとんどの端末は、 ic を指定しません; 一方、画面上の位置を開けるためにシーケンスを使用する端末は、 これを指定する必要があります。 (端末が両方の機能を持つ場合には、挿入モードは通常 ic が好まれます。実際に両機能を組み合せる必要がある端末の場合以外は、 両方を指定しないでください。) 挿入後にパディングが必要な場合、ミリ秒数にて ip (文字列オプション) で与えます。 1 文字挿入後に送る必要があるシーケンスもまた ip で指定します。`挿入モード' である必要があり、 なおかつ挿入文字の前に特別のコードを送る必要がある端末の場合、 im/ ei ic が与えられ、両方を使用します。 単一のパラメータ n を取る IC ケーパビリティは、 ic の効果を n 回繰り返します。

挿入モード中で同一行の文字を削除するために、時々移動が必要になります ( 例えば 挿入位置の後にタブがある場合)。 挿入モード中で移動を許す端末の場合、ケーパビリティ mi を指定して、このような場合の挿入を高速化できます。 mi を省略しても速度に影響するだけです。 端末によっては (特に Datamedia のものでは)、挿入モードの動作方法の理由により、 mi を指定してはなりません。

最後に、1 文字削除のために dc を指定可能です。 DC は単一パラメータ n を取り n 文字削除します。 そして削除モードは、 dm および ed で、削除モードの入り方および抜け方を示します (削除モードとは、 dc が動作するために端末がいるべきモードです)。

ハイライト・下線・可視ベル

端末が 1 つまたはそれ以上の種類の表示属性を持つ場合、 これらは様々な方法で表現されていることでしょう。 1 つの表示形式を 強調表示モード として選択してください。このモードは十分高いコントラストで見易く、 エラーメッセージや注意を引く表示のハイライトに適します。 (選択可能ならば、反転表示に半分の明るさ、もしくは反転表示のみが良いでしょう。) 強調表示モードに入るシーケンスおよび出るシーケンスは、それぞれ so および se で与えられます。 TVI 912 や Teleray 1061 のように、 強調表示モードの出入りのコードが、 1 つ 2 つの空白やごみの文字を画面上に残す場合、 sg を指定して、何文字残されるのかを指定してください。

下線の開始および下線の終了は、それぞれ us および ue で指定します。 下線モード変更によるごみは、 sg 同様 ug として指定します。 Microterm Mime のように、現在位置の文字に下線を引き、 カーソルをひとつ右の位置に移動するコードを端末が持つ場合、 このコードは uc で指定します。

その他もろもろのハイライトモードに入るケーパビリティには、 mb (点滅)、 md (ボールドまたは更に明るい)、 mh (暗いまたは半輝度)、 mk (空白または見えないテキスト)、 mp (保護状態)、 mr (反転表示)、 me ( 全て の属性モードをオフ)、 as (別の文字セットモードに入る) そして ae (別の文字セットモードから抜ける) があります。 これらのモードを単独でオンにした場合、 他のモードをオフにする場合もありますし、オフにしない場合もあります。

モードの任意の組み合わせを設定するシーケンスがある場合、 これは 9 個のパラメータを取る sa (属性設定) で指定します。 それぞれのパラメータは 0 または 1 であり、 対応する属性がオンまたはオフされます。 9 個のパラメータは順番に次の通りです: 強調表示・下線・反転・点滅・ 暗い・ボールド・空白・保護・別の文字セット。 全モードが sa によりサポートされている必要は無く、 サポートされているものに対応するコマンドが存在することのみ必要です。( termcap を使用するプログラムはこのケーパビリティをサポートしていないでしょう。 このケーパビリティは terminfo(5) との互換性のために定義しています。)

各文字セルに追加された属性ビットを管理するのではなく、 "マジッククッキー" グリッチ ( sg および ug) を持つ端末では、 描画アルゴリズムに影響するモード設定シーケンスを受信した時に、 特別な "クッキー" または "ごみ文字" を画面に残します。

Hewlett-Packard 2621 のように、 新しい行へ移動した時やカーソル位置を設定した時に 自動的に強調表示モードから抜ける端末があります。 このような端末においては、強調表示モードを使用するプログラムは、 カーソル移動や改行送信前に強調表示モードから抜ける必要があります。 このような問題が無い端末では、 ms ケーパビリティが存在し、このオーバヘッドが不要であることを示します。

エラーを静かに伝えるために端末が画面をフラッシュさせる方法を持つ場合 (ベルの代りです)、これは vb として指定します; この機能はカーソルを移動してはなりません。

カーソルが最下行になくても、 通常時よりも見易くする必要がある場合 (例えば、点滅していない下線を、 より見付け易いブロックや点滅する下線に変更する場合)、このシーケンスは vs で与えます。 カーソルを完全に見えなくする方法がある場合には、これは vi ケーパビリティで指定します。 これらのモードの効果を打ち消すケーパビリティ ve も指定する必要があります。

(特別なコードを必要とせずに) 下線を引かれた文字を端末が正しく表示する場合、 しかもその機能が上打ちではない場合、 このケーパビリティを ul で示します。 上打ちを空白にて消去可能な場合、これは eo で示します。

キーパッド

キーを押した時にコードを送出するキーパッドを持つ端末では、 この情報を指定することができます。 キーパッドがローカルモードにおいてのみ動作する端末は 扱うことができないことに注意してください。 (これは例えば Hewlett-Packard 2621 でシフト状態でないキーにあてはまります)。 キーコードの送出 / 非送出をキーパッドに設定できる場合は、 設定のためのコードは ks および ke で指定します。 そうでない場合はキーパッドは常にコードを送出するものと仮定されます。 left-arrow, right-arrow, up-arrow, down-arrow, home のキーで送出されるコードは それぞれ kl, kr, ku, kd, kh, で指定します。 f0, f1, ..., f9 のようなファンクションキーがある場合には、 これらのキーが送るコードは k0, k1, ..., k9 で指定します。 これらのキーがデフォルトの f0 から f9 以外のラベルを持つ場合、このラベルは l0, l1, ..., l9 で指定します。 その他の特殊キーで送出されるコードは次のように与えられます: kH (ホームダウン)、 kb (バックスペース)、 ka (全タブクリア)、 kt (この桁のタブストップをクリア)、 kC (画面クリアまたは消去)、 kD (文字削除)、 kL (行削除)、 kM (挿入モードから抜ける)、 kE (行末までクリア)、 kS (画面の終りまでクリア)、 kI (文字挿入または挿入モードに入る)、 kA (行挿入)、 kN (次のページ)、 kP (前のページ)、 kF (前進/下降スクロール)、 kR (後退/上昇スクロール)、 kT (この桁にタブストップを設定)。 更に、キーパッドが 4 つの矢印キーを含む 3 [mu] 3 のキー配列を持つ場合、 他の 5 つのキーは K1, K2, K3, K4, K5 で指定します。 3 [mu] 3 の方向パッドが必要な時、これらのキーは有用です。 以前 "その他" のファンクションキーを記述するために使用された、廃れた ko ケーパビリティは、上記のケーパビリティにより完全に置き換えられました。

ma エントリはまた、 端末の矢印キーが 1 文字矢印キーであることを示すためにも使用されます。 これは廃れた方法ですが、 vi のバージョン 2 で未だ使用されています。 メモリ制約の理由で、このコマンドを使用しているミニコンピュータがあるでしょう。 このフィールドは kl, kr, ku, kd, kh と冗長関係にあります。 このフィールドは 2 文字の複数グループから構成されます。 各グループにおいては、最初の文字は矢印キーが何を送るかを表し、 2 番目の文字は対応する vi のコマンドを表します。 コマンドは、 h kl に、 j kd に、 k ku に、 l kr に、 H kh に対応します。 例えば Mime では "ma=^Hh^Kj^Zk^Xl" となり、矢印キーの left (^H), down (^K), up (^Z), down (^X) を示します。 (Mime には home キーはありません。)

タブおよび初期化

これらのケーパビリティを使用するプログラムを実行する時に 端末を特別なモードにすることが必要な場合、 このモードに入るコードおよび出るコードは ti te で指定します。 これが関係あるのは、例えば Concept のようなメモリページを複数持つ端末です。 端末がメモリ相対のカーソル位置設定のみ持ち、 画面相対のカーソル位置設定を持たない場合には、 画面サイズのウィンドウに表示を固定し、 カーソル位置設定が正しく動作するようにする必要があります。 これは Tektronix 4025 でも使用され、 ti はコマンド文字を termcap が使うように設定します。

他のケーパビリティとしては、端末初期化文字列 is や、長い初期化文字列を格納するファイル名 if があります。 これらの文字列は、端末を termcap 記述と矛盾がないモードに設定するものと期待されています。 これらは通常、ユーザがログインするたびに、 tset(1) プログラムによって端末に送られます。 印字は次の順に行われます: まず is; 次に ct st によるタブ設定; そして最後に if です。 (terminfo(5) では is の代りに i1-i2 を使用し、プログラム iP を実行し、他の初期化の後 i3 を印字します。) まったくわけがわからない状態から回復するためのよりハードな リセットシーケンスの組が、類推できる名前 rs および rf で与えられます。 これらの文字列は、端末がはまった状態に陥いった時に使用される reset(1) プログラムにより出力されます。 (terminfo(5) rs の代りに r1-r3 を使用します。) これらのコマンドが画面上を騒がせ、 なおかつログイン時に必ずしも必要ではない場合に限り、 通常これらは rs および rf に格納します。 例えば、VT100 を 80 桁モードに設定するコマンドは、普通に考えると is の一部に入れるでしょうが、これは画面に困ったゴミを生じさせますし、 端末は普段既に 80 桁モードですので、実際は入れる必要はありません。

端末がハードウェアタブを持つ場合、 次のタブストップまで進むコマンドは ta で指定します (通常は ^I です)。 直前のタブストップへ左向きに移動する "バックタブ" コマンドは、 bt で指定します。 タブストップが端末には送られずに計算機により展開されることを 端末ドライバモードが示す場合、 ta bt が存在するとしても、プログラムでこれらを使用しないというのが約束になって います。 なぜなら、ユーザがタブストップを正しく設定していないかもしれないからです。 端末電源オン時に各 n 位置ごとにハードウェアタブが初期設定される端末の場合、 数値パラメータ it を使用し、タブストップ間隔を示します。 このコマンドは通常 tset(1) コマンドが使用し、ドライバモードをハードウェアタブ展開に設定するか否か、 およびタブストップを設定するか否かを決定します。 端末が不揮発性メモリにタブストップを保存可能な場合、 termcap 記述はタブストップが正しく設定されるものと仮定できます。

タブストップを設定およびクリアするコマンドが存在する場合、 これらのコマンドは ct (全タブストップをクリア) および st (全ての行における現在の桁にタブストップを設定) で指定します。 タブ設定のために、ここで示した方法より複雑なシーケンスが必要な場合、 このシーケンスは is if で指定します。

遅延

端末ドライバのパディングを制御するケーパビリティもあります。 これらのケーパビリティは、第 1 にハードコピー端末にて必要とされ、 tset(1) プログラムにより端末ドライバのモードを適切に設定するために使用されます。 ケーパビリティ cr, sf, le, ff, ta に埋め込まれる遅延は、端末ドライバの適切な遅延ビットを設定する効果があります。 pb (パディングボーレート) を指定した場合、 この値より低いボーレートにおいては、これらの値は無視されます。 BSD 4.2tset(1) では、遅延は別の数値ケーパビリティ dC, dN, dB, dF, dT で与えられます。

その他

端末が NUL (0) 文字以外のパディング文字を必要とする場合には、 pc で指定します。 pc 文字列の最初の文字のみが使用されます。

端末がカーソル位置を保存および回復するコマンドを持つ場合には、これらは sc および rc で指定します。

通常はソフトウェアが使用しない追加の "ステータス行" を端末が持つ場合、この事実を示すことができます。 ステータス行が最下行の下に追加の行として見える場合には、ケーパビリティ hs を指定します。 ステータス行の位置への移動およびステータス行からの復帰のための特別な文字列は、 ts および fs で指定します。 ( ts の前にカーソルが存在した位置に、 fs はカーソルを戻す必要があります。必要ならば、 sc および rc の文字列を ts および fs に含めてこの効果を得ることができます。) ケーパビリティ ts は、ステータス行の何桁目にカーソルが移動すべきを示すパラメータを 1 つ取ります。 エスケープシーケンスや他の特殊コマンド、 例えばタブがステータス行でも動作するならば、フラグ es を指定します。 ステータス行をオフにする (または内容を消去する) 文字列は、 ds で指定します。 通常、ステータス行の幅は画面の他の部分、 すなわち co と同じであると仮定されます。(端末が行全体の使用を許さない等の理由で) ステータス行の幅が異なる場合には、その幅を桁数で数値パラメータ ws で指定します。

端末が半行上下に移動可能な場合、 hu (半行上) および hd (半行下) で指定します。 これは、ハードコピー端末で上付き文字および下付き文字を使用するために有用です。 ハードコピー端末がページを排出して次のページに移動 (フォームフィード) する ことができる場合、これは ff (通常 ^L です) で指定します。

指定した文字を指定した回数繰り返すコマンド (同一文字を何度も送出する時間を節約します) がある場合、 パラメータ化された文字列 rp で指定します。 最初のパラメータは繰り返される文字であり、2 番目のパラメータは 繰り返す回数です。(これは terminfo(5) の機能であり、 termcap を使用するプログラムはこの機能をサポートしていないでしょう。)

Tektronix 4025 のように端末が設定可能なコマンド文字を持つ場合、 CC で指定します。 全ケーパビリティで使用されるプロトタイプコマンド文字が選択されます。 この文字を識別するために、この文字が CC ケーパビリティにより与えられます。 次の約束をサポートしている Unix システムがあります: すなわち、 CC 環境変数を検査し、もし設定されている場合には、 プロトタイプ文字を環境変数で設定されているものと置き換えるという約束です。 このように CC 環境変数を使用することは、 make(1) との衝突が発生しますので、非常に悪い考えです。

特定の既知の端末を表現するものではない端末記述、 switch, dialup, patch, network では gn (一般) ケーパビリティを設定し、 端末に対してどのように話しかければよいのか分らないと プログラムが文句を言えるようにします。 (このケーパビリティは、エスケープシーケンスが既知である 仮想 端末記述にはあてはまりません。

端末が xoff/xon ( DC3/ DC1) ハンドシェークを使用してフロー制御する場合、 xo を指定します。 コストに関するより良い判定を可能とするために 依然としてパディング情報を指定する必要がありますが、 実際にパディング文字が送出されるということはありません。

シフトキーのように動作し、送出される文字の 8 ビット目をセットする "メタキー" を端末が備える場合、 km を設定してこの事実を示すことができます。 これが指定されない場合は、ソフトウェアは 8 ビット目はパリティであると仮定し、 通常これをクリアしてしまいます。 "メタモード" をオンおよびオフする文字列が存在する場合、これらは mm および mo で指定します。

画面 1 枚分より多くのメモリ行を端末が備える場合、 メモリの行数を lm で指定します。 明示的に値 0 を指定すると、行数は固定ではないものの 画面分より多くのメモリがあることを示します。

Unix システムの仮想端末プロトコルにてサポートされる端末である場合、 端末番号は vt で与えられます。

端末に接続された外部プリンタを制御するメディアコピー文字列は、 次のように与えられます。すなわち ps: 画面内容の印字; pf: プリンタオフ; および po: プリンタオンです。 プリンタオン時には、端末に送られる全てのテキストはプリンタに送られます。 プリンタオン時に端末画面にもテキストが表示されるか否かは未定義です。 このバリエーションである pO は単一のパラメータを取り、 パラメータ値で指定される文字数だけプリンタをオンにし、 その後プリンタをオフにします。 このパラメータは 255 を越えてはなりません。 pf を含む全テキストは、 pO が有効である間、透過的にプリンタに渡されます。

プログラムファンクションキーへの文字列は pk, pl, px で指定します。 これらの文字列は次の 2 つのパラメータを取ります: それぞれ、プログラム対象のファンクションキー番号 (0 から 9 まで) と、 プログラムの文字列です。 この範囲外のファンクションキー番号を指定すると、 ここでは定義できないキーを端末依存の方式でプログラムするかもしれません。 これらのケーパビリティの差異は、 pk は指定したキーを押すと指定した文字列を ユーザがタイプしたものとして扱うものであり; pl はローカルモードの端末にて指定した文字列を実行させるものであり; px は指定した文字列を計算機に送出させるものである点です。 不幸なことに、 termcap では文字列パラメータが定義されていないため、 terminfo(5) のみがこれらのケーパビリティをサポートします。

グリッチと不良

文字 `~' を表示できない Hazeltine 端末は hz を指定する必要があります。

nc ケーパビリティは現在廃れていますが、 以前は Datamedia 端末を表すために使用していました。 この端末では、キャリッジリターンに対して \r \n をエコーし、続くラインフィードを無視します。

Concept のように am による折り返しの直後のラインフィードを無視する端末では、 xn を指定します。

強調表示を取り除くために (単に通常のテキストを上書きするだけで済まず) ce が必要な場合、 xs を指定します。

タブによって移動された全ての文字が空白にされてしまう Teleray 端末では、 xt (破壊的なタブ) を指定する必要があります。 このグリッチは、 "マジッククッキー" の先頭に カーソル位置を設定できないことと、 強調表示を消すためには行削除と行挿入が必要であることも表現します。

ESC ^C の文字を正しく送出できない Beehive Superbee は xb を指定し、 "f1" キーが ESC として使用され、 "f2" キーが ^C として使用されることを示します。( 特定の Superbee のみがこの問題を持ち、これは ROM に依存します。)

ある特定の端末に他の問題がある場合、 x x の形式のケーパビリティを追加することにより正しく動作するようにしても 構いません。

似た端末

2 つの非常によく似た端末がある場合、 例外はあるもののもう一方にそっくりであると、 一方を定義することができます。 文字列ケーパビリティ tc には似た端末の名前を与えます。 このケーパビリティは 最後 である必要があり、組み合わせたエントリの長さは 1024 を越えてはなりません。 tc の前に指定したケーパビリティは tc により呼び出される端末タイプの記述に優先します。 ケーパビリティのキャンセルのためには xx@ tc の呼び出しの左に置きます。 xx はキャンセルされるケーパビリティです。 例えば、エントリ
hn|2621-nl:ks@:ke@:tc=2621:

は、ビジュアルモードでファンクションキーラベルをオンにしないために ks ke のケーパビリティを持たない "2621-nl" を定義します。 端末の種々のモードやユーザの種々のプリファレンスを記述するために有用です。

関連ファイル

/usr/share/misc/termcap 端末記述を格納するファイル
/usr/share/misc/termcap.db
  端末記述を格納するハッシュデータベースファイル (cap_mkdb(1) を参照)。

関連項目

cap_mkdb(1), ex(1), more(1), tset(1), ul(1), vi(1), ncurses(3), printf(3), termcap(3), term(5)

警告およびバグ

: termcap の機能は AT&T V Release 2.0 の terminfo(5) に置き換えられました。 "廃れた" とされるケーパビリティを使用していなければ、 移行のための苦痛は比較的少ないです。

現在、行数および桁数は、 termcap エントリに格納するものと同様に、カーネルが格納します。 現在、ほとんどのプログラムはカーネルの情報を最初に使用します; このファイルに記述されている情報は、 カーネルが情報を持たない時のみ使用されます。

vi(1) プログラムは文字列ケーパビリティには 256 文字しか許しませんが、 termlib(3) のルーチンはこのバッファの溢れをチェックしません。 単一エントリの総計の長さは 1024 を越えてはなりません (エスケープされた改行は除きます)。

全てのプログラムが全てのエントリをサポートしているわけではありません。

歴史

termcap ファイルフォーマットは BSD 3 に登場しました。

TERMCAP (5) April 16, 1994

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

A child of 5 could understand this! Fetch me a child of 5.