tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — KDUMP

名称

kdump – カーネルのトレースデータを表示する

内容

書式


kdump [-dEnlRT] [-f trfile] [-m maxdata] [-p pid] [-t [cnisuw]]

解説

kdump は、 ktrace(1) が作成したカーネルトレースファイルを可読形式で表示します。 デフォルトでは、カレントディレクトリにある ktrace.out ファイルを変換して表示します。

オプションとしては、以下のものがあります:
-d
  すべての数値を 10 進数で表示します。
-E
  経過した時間を表示します (トレース開始からの時間)。
-f trfile
  ktrace.out のかわりに、指定したファイルを変換して表示します。
-l
  トレースファイルを何度も読みます。 いったん EOF に達すると、新たなデータが書かれるまで待ちます。
-m maxdata
  I/O をデコードする際に最高 maxdata バイトまで表示します。
-n
  各動作専用に用意されている変換を行わないようにします。 通常 kdump は多くのシステムコールを、より読みやすい形にデコードします。 たとえば、 ioctl(2) の値はマクロ名に置き換えられたり、 errno の値は strerror(3) を利用して文字列に置き換えられたりします。 この動作をやめて一貫したフォーマットで出力することで、 この出力をさらに処理して分析を行うことが容易になります。
-p pid
  プロセス pid に対応するトレースイベントのみを表示します。 同一のトレースファイルの複数プロセスの記録があるときに、有用かもしれません。
-R
  時間の表示に、前のエントリからの相対時間を使います。
-T
  時間の表示に、各エントリの絶対時間を利用します。
-t cnisuw
  ktrace(1)-t オプションを参照してください。

関連項目

ktrace(1)

歴史

kdump コマンドは BSD 4.4 から登場しました。

KDUMP (1) December 8, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

When people say "Drive safe!" I'm like no, a safe is for keeping money, I drive car.
— Artur Bagyants