tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — KILL

名称

kill – プロセスを終了させる、もしくは、プロセスにシグナルを送る

内容

書式


kill [-s signal_name] pid ...
kill -l [exit_status]
kill signal_name pid ...
kill signal_number pid ...

解説

kill は、 pid で指定されたプロセス番号のプロセスに対し シグナルを送ります。

他のユーザのプロセスにシグナルを送ることができるのは、スーパユーザ だけです。

オプションとしては以下のものがあります:

-s signal_name
  デフォルトの TERM シグナルのかわりに、 シンボルによるシグナル名で指定したシグナルを送ります。
-l [exit_status]
  オペランドを指定しない場合、シグナル名をリストします; オペランドを指定する場合、 exit_status に対応するシグナル名を表示します。
signal_name
  デフォルトの TERM シグナルのかわりに、 シンボルによるシグナル名で指定したシグナルを送ります。
signal_number
  負でない整数値を指定すると、 デフォルトの TERM シグナルのかわりに、その番号のシグナルを送ります。

以下のプロセス番号には特別な意味があります:
-1 スーパユーザの場合、全てのプロセスに対しシグナルを放送します; そうでない場合、そのユーザの全てのプロセスに対しシグナルを放送します。

主なシグナル番号とシグナル名は次のとおりです:
1 HUP (hang up)
2 INT (interrupt)
3 QUIT (quit)
6 ABRT (abort)
9 KILL (non-catchable, non-ignorable kill)
14 ALRM (alarm clock)
15 TERM (software termination signal)

シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの kill コマンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照してください。

使用例

pid 142 と 157 のプロセスを終了させます:

    kill 142 157

ハングアップシグナル ( SIGHUP) を pid 507 のプロセスに送ります:

    kill -s HUP 507

pgid 117 のプロセスグループを終了させます:

    kill -- -117

診断

The utility exits 0 on success, and >0 if an error occurs.

関連項目

builtin(1), csh(1), killall(1), ps(1), kill(2), sigaction(2)

規格

kill の機能は IEEE Std 1003.2 ("POSIX.2") 互換であることが期待されています。

歴史

kill コマンドは AT&T v3 から登場しました。

バグ

csh(1) ユーザのために "kill 0" の代替コマンドを用意するべきです。

KILL (1) April 28, 1995

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Do you laugh when the waiter drops a tray full of dishes? Unix weenies do. They're the first ones to laugh at hapless users, trying to figure out an error message that doesn't have anything to do with what they just typed.
— The Unix Haters' handbook