tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — KILL

名称

kill – プロセスを終了させる、もしくは、プロセスにシグナルを送る

内容

書式


kill [-s signal_name] pid ...
kill -l [exit_status]
kill signal_name pid ...
kill signal_number pid ...

解説

kill は、 pid で指定されたプロセス番号のプロセスに対し シグナルを送ります。

他のユーザのプロセスにシグナルを送ることができるのは、スーパユーザ だけです。

オプションとしては以下のものがあります:

-s signal_name
  デフォルトの TERM シグナルのかわりに、 シンボルによるシグナル名で指定したシグナルを送ります。
-l [exit_status]
  オペランドを指定しない場合、シグナル名をリストします; オペランドを指定する場合、 exit_status に対応するシグナル名を表示します。
signal_name
  デフォルトの TERM シグナルのかわりに、 シンボルによるシグナル名で指定したシグナルを送ります。
signal_number
  負でない整数値を指定すると、 デフォルトの TERM シグナルのかわりに、その番号のシグナルを送ります。

以下のプロセス番号には特別な意味があります:
-1 スーパユーザの場合、全てのプロセスに対しシグナルを放送します; そうでない場合、そのユーザの全てのプロセスに対しシグナルを放送します。

主なシグナル番号とシグナル名は次のとおりです:
1 HUP (hang up)
2 INT (interrupt)
3 QUIT (quit)
6 ABRT (abort)
9 KILL (non-catchable, non-ignorable kill)
14 ALRM (alarm clock)
15 TERM (software termination signal)

シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの kill コマンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照してください。

使用例

pid 142 と 157 のプロセスを終了させます:

    kill 142 157

ハングアップシグナル ( SIGHUP) を pid 507 のプロセスに送ります:

    kill -s HUP 507

pgid 117 のプロセスグループを終了させます:

    kill -- -117

診断

The utility exits 0 on success, and >0 if an error occurs.

関連項目

builtin(1), csh(1), killall(1), ps(1), kill(2), sigaction(2)

規格

kill の機能は IEEE Std 1003.2 ("POSIX.2") 互換であることが期待されています。

歴史

kill コマンドは AT&T v3 から登場しました。

バグ

csh(1) ユーザのために "kill 0" の代替コマンドを用意するべきです。

KILL (1) April 28, 1995

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

A UNIX saleslady, Lenore,
Enjoys work, but she likes the beach more.
She found a good way
To combine work and play:
She sells C shells by the seashore.