tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — RUPTIME

名称

ruptime – ローカルネットワーク上の各マシンについて uptime と同様のステータスを表示する

内容

書式


ruptime [-alrtu] [host ...]

解説

ruptime ユーティリティは、ローカルネットワーク上に接続された全マシンについて、 uptime(1) と同様の表示を行ないます。この表示は、ネットワーク上の各ホストから 3 分ごとに ブロードキャストされるパケットをもとに作成されます。

オペランドが与えられない場合、 ruptime は全マシンの uptime ステータスを表示します。 そうでない場合、コマンド行に指定されたホストのみが表示されます。 コマンド行にホストが指定された場合、表示されるホストの順番は、 コマンド行にホストが指定された順番と同じです。

状態レポートのブロードキャストが 11 分以上途切れているホストについては、 システムダウンしているものとみなします。 4 日以上状態レポートを受け取らないホストについては、まったく表示しません。

以下のオプションが使用可能です。
-a
  すべてのユーザを含めます。 デフォルトでは、ユーザが 1 時間以上システムへ入力しなかった場合、 そのユーザは出力から省略されます。
-l
  ロードアベレージ順にソートします。
-r
  ソート順を逆にします。
-t
  uptime 順にソートします。
-u
  ユーザ数の順にソートします。

デフォルトではリストをホスト名でソートします。

関連ファイル

/var/rwho/whod.*
  データファイル

関連項目

rwho(1), uptime(1), rwhod(8)

歴史

ruptime ユーティリティは BSD 4.2 から登場しました。

RUPTIME (1) March 1, 2003

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Some people open all the windows; wise wives welcome spring by moving the UNIX.