tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — SMBUTIL

名称

smbutil – SMB リクエスタとのインタフェース

内容

書式


smbutil [-hv] command [options] [args]

解説

smbutil コマンドは、SMB リクエスタの制御と、様々なコマンドの発行に使用されます。

指定される command に対して 2 種類のオプション、 すなわち共通オプションと個別オプションがあります。

共通オプションは次の通りです:
-h
  短かいヘルプメッセージを表示します。
-v
  出力を冗長にします。

コマンドと対応する個別オプションは次の通りです:
crypt [password]
  クリアテキストパスワードを暗号化して、 ~/.nsmbrc ファイルに格納できるようにします。 暗号化されたパスワードは、 ‘$$1’ というシンボルで開始します。 警告: 暗号化関数は非常に弱く、 クリアテキストパスワードを隠すことだけを意図しています。 コマンドラインに password が指定されないと、 smbutil は入力を促します。
help command
  command に関する使用方法を表示します。
lc アクティブな接続とそれらのパラメータを列挙します。
login [connection_options] //user@server[/share] 指定した servershare に対し、 user として、ログイン/接続します。 このコマンドは、SMB サーバに対する接続を作成して認証した後、 これをアクティブなままにして終了します。 よって、ユーザはただ 1 度だけログインすればよく、 その後は認証手続きや追加の接続無しに他の SMB コマンドを使用可能です。 [-connection_options] の解説については、 mount_smbfs(8) マニュアルページを参照してください (すべての大文字のオプションは、接続オプションです)。
logout //user@server[/share] 指定した servershare に対し、 user として、ログアウト/接続切り離しを行います。 このコマンドは、 login コマンドで作成した接続を破棄します。 他のプログラムが使用中の接続は、すぐには閉鎖されません。
lookup [-w host] name 指定した name を、IP アドレスに解決します。 NetBIOS 名前サーバは、 -w オプションで直接指定可能です。
print [connection_options] //user@server/share file 指定した file を、指定したリモートサーバのキューに送ります。 file - の場合、標準入力が使用されます。
view [connection_options] //user@server 指定した server 上でユーザ user が使用可能な資源を列挙します。

関連ファイル

~/.nsmbrc
  各接続の記述を保持します。 詳細は ./examples/dot.nsmbrc を参照してください。

作者

Boris Popov <bp@butya.kz>, <bp@FreeBSD.org>

バグ

どんなバグでも作者に報告してください。

SMBUTIL (1) February 14, 2000

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

To err is human...to really foul up requires the root password.