tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — FHOPEN

名称

fhopen, fhstat, fhstatfs – ファイルハンドルによるファイルアクセス

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <sys/param.h>
#include <sys/mount.h>
#include <sys/stat.h>

int
fhopen(const fhandle_t *fhp, int flags);

int
fhstat(const fhandle_t *fhp, struct stat *sb);

int
fhstatfs(const fhandle_t *fhp, struct statfs *buf);

解説

これらのシステムコールはファイルハンドル fhp で渡されたファイルにアクセスする手段を提供します。 この方法はディレクトリのアクセス制限をバイパスするので、 これらのシステムコールの使用はスーパユーザに限定されています。

fhopen() システムコールは fhp が参照するファイルを flags で指定にしたがって読取り/書込み/読み書き用にオープンし、 呼び出したプロセスにファイル記述子を返します。 flags 引数は、 open(2) システムコールで使われる各種フラグの or をとって指定します。 ただし、フラグのうち O_CREAT は使えません。

fhstat()fhstatfs() システムコールはオープンされたファイルではなく、 fhp によって指し示されたファイルの情報を返すことを除いて fstat(2)fstatfs(2) 呼び出しと同等の機能を提供します。

戻り値

処理が正常に完了すると、 fhopen() はオープンされたファイルの記述子を返します。 そうでない場合は -1 が返され、エラーを示すために errno が設定されます。

The fhstatand fhstatfs functions return the value 0 if successful; otherwise the value -1 is returned and the global variable errno is set to indicate the error.

エラー

open(2), fstat(2), fstatfs(2) のそれぞれの返すエラーに加えて fhopen(), fhstat(), fhstatfs() は次のエラーを返します:
[EINVAL]
  fhopen() O_CREAT をセットされて呼び出されました。
[ESTALE]
  ファイルハンドル fhp はもう有効ではありません。

関連項目

fstat(2), fstatfs(2), getfh(2), open(2)

歴史

関数 fhopen(), fhstat(), および fhstatfs() システムコールは NetBSD ではじめて登場しました。 Alfred Perlstein が FreeBSD 4.0 に移植しました。

作者

このマニュアルページは William Studenmund によって NetBSD 用に書かれました。

FHOPEN (2) June 29, 1999

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

I'm not interested in developing a powerful brain. All I'm after is just a mediocre brain, something like the President of the American Telephone and Telegraph Company.
— Alan Turing