tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — CONFSTR

名称

confstr – 文字列値の設定可能変数を得る

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <unistd.h>

size_t
confstr(int name, char *buf, size_t len);

解説

このインタフェースは、 sysctl(3) によって旧式になっています。

confstr() 関数は、システム構成により定義されている文字列値を、 アプリケーションが取得するための方式を提供します。

name 引数は、照会されるシステム変数を指定します。 各名前の値となるシンボリック定数は、インクルードファイル < unistd.h> の中にあります。 len 引数は、引数 buf が参照するバッファのサイズを指定します。 len が 0 でない場合、 buf は NULL ではないポインタで、 name は値を持っており、その値のうち最高 len - 1 バイトがバッファ buf にコピーされます。 コピーされた値の末尾は必ずヌル文字です。

利用可能な値は次のとおりです。

_CS_PATH
  全標準ユーティリティを検出する PATH 環境変数の値を返します。

戻り値

confstr() の呼び出しが正常に完了しない場合、-1 が返され、該当する errno が設定されます。 また変数に、システム構成により定義されている値がない場合 0 が返され、 errno は変更されません。 それ以外の場合は、設定定義された 値全体を入れるのに必要なバッファサイズが返されます。 このサイズが引数 len より大きい場合、 buf 内の文字列は切り捨てられています。

エラー

confstr() 関数がエラーになると、ライブラリ関数 malloc(3)sysctl(3) で規定されているエラーを errno に設定することがあります。

さらに、次のエラーがレポートされることがあります。
[EINVAL]
  name 引数の値は無効です。

関連項目

sysctl(3)

歴史

confstr() 関数は BSD 4.4 ではじめて登場しました。

CONFSTR (3) June 4, 1993

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

Some people open all the windows; wise wives welcome spring by moving the UNIX.