tail head cat sleep
QR code linking to this page

manページ  — GETHOSTBYNAME

名称

gethostbyname, gethostbyname2, gethostbyaddr, gethostent, sethostent, endhostent, herror, hstrerror – ネットワークホストのエントリの取得

内容

ライブラリ

Standard C Library (libc, -lc)

書式

#include <netdb.h>
extern int h_errno;

struct hostent *
gethostbyname(const char *name);

struct hostent *
gethostbyname2(const char *name, int af);

struct hostent *
gethostbyaddr(const char *addr, int len, int type);

struct hostent *
gethostent(void);

void
sethostent(int stayopen);

void
endhostent(void);

void
herror(const char *string);

const char *
hstrerror(int err);

解説

gethostbyname(), gethostbyname2(), gethostbyaddr() 関数はそれぞれ、次に示す構造を持つオブジェクトへのポインタを返します。 構造体には、名前またはアドレスによって参照されるインターネットホストが 記述されていて、ネームサーバ named(8) から、または /etc/hosts にある行の内訳フィールドから得られた情報を含んでいます。 ローカルのネームサーバが実行されていない場合、これらのルーチンは /etc/hosts を検索します。
struct  hostent {
        char    *h_name;        /* ホストの正式名 */
        char    **h_aliases;    /* 別名リスト */
        int     h_addrtype;     /* ホストアドレスタイプ */
        int     h_length;       /* アドレスの長さ */
        char    **h_addr_list;  /* ネームサーバからのアドレスリスト */
};
#define h_addr  h_addr_list[0]  /* アドレス、後方互換用 */

この構造体のメンバは次のとおりです。
h_name
  ホストの正式名。
h_aliases
  ホストの別名 (エイリアス) のヌルで終わる配列。
h_addrtype
  返されるアドレスのタイプであり、通常は AF_INET
h_length
  アドレスのバイト数による長さ。
h_addr_list
  ホストのネットワークアドレスのヌルで終わる配列。 ホストアドレスはネットワークバイトオーダで返されます。
h_addr
  h_addr_list にある最初のアドレスであり、後方互換用。

ネームサーバを使用する場合、名前がドットで終わっていない時は gethostbyname() および gethostbyname2() は名前が付いたホストを、現在のドメインと親のドメインから検索します。 名前にドットが含まれてなく、且つ環境変数 " HOSTALIASES" にエイリアスファイルの名前が含まれている場合は、 入力名に適合するエイリアスが、まずエイリアスファイルから検索されます。 ドメイン検索の手続きとエイリアスファイルの書式については、 hostname(7) を参照してください。

gethostbyname2() 関数は gethostbyname() の発展型で、 AF_INET 以外のアドレスファミリ、たとえば AF_INET6 での検索を可能にするためのものです。ただし現在は、 af 引数に AF_INET を指定する必要があります。他の値を指定すると gethostbyname2() 関数は、 h_errno NETDB_INTERNAL に設定した後で、 NULL を返します。

sethostent() 関数は、問い合わせの際に接続された TCP ソケットを使いたい場合に使用できます。 stayopen フラグが 0 でなければ、 TCP によってすべての問い合わせをネームサーバに送り、 gethostbyname(), gethostbyname2(), gethostbyaddr() のそれぞれ呼び出し後にも、接続を保持するようにオプションを設定します。 フラグが 0 の時、問い合わせは UDP データグラムを使用して 実行されます。

endhostent() 関数は TCP 接続をクローズします。

herror() 関数は診断出力にメッセージを書き出します。 診断出力は文字列パラメータ s と、定数文字列 ": " と、 h_errno の値に対応するメッセージで構成されます。

hstrerror() 関数は、 err パラメータの値に対応するメッセージテキストの 文字列を返します。

関連ファイル

/etc/hosts
/etc/host.conf
/etc/resolv.conf
 

診断

gethostbyname(), gethostbyname2(), gethostbyaddr() のエラー状態は、 NULL ポインタが返ることで示されます。その場合は外部整数 h_errno をチェックすることにより、 一時的なエラーであるのか、 無効または未知のホスト名を指定したためかを判断できます。 herror() ルーチンによって、エラーを記述するエラーメッセージを表示できます。 引数 string NULL でなければ表示され、後にコロンとスペースが続きます。 エラーメッセージが終端の改行とともに印刷されます。

変数 h_errno は次の値を取り得ます。
HOST_NOT_FOUND
  指定した名前のホストが未知です。
TRY_AGAIN これは通常は一時的なエラーで、ローカルサーバが公式サーバ から応答が得られなかったことを意味します。しばらくして再度試みると成功する 場合があります。
NO_RECOVERY なんらかの予期しないサーバエラーが発生しました。 これは回復不能なエラーです。
NO_DATA 要求された名前は有効ですが、IP アドレスがありません。 これは一時的なエラーではありません。 指定したホスト名がネームサーバには知られているにもかかわらず、 対応するアドレスがないという意味です。 このネームサーバに対して同じドメイン名で別なタイプの要求を行うと、 回答が得られるかもしれません。 たとえばメールフォワーダがそのドメインに登録されている場合があります。

関連項目

getaddrinfo(3) [英語], resolver(3), hosts(5), hostname(7), named(8)

警告

ネームサーバは検索せずに /etc/hosts だけを検索するルーチンを使用するように libc(3) が構築された場合、 gethostent() 関数が定義され、 sethostent() および endhostent() が再定義されます。

gethostent() 関数は、 /etc/hosts ファイルの次の行を読み込みます。 この際、必要ならばファイルをオープンします。

sethostent() 関数はファイル /etc/hosts をオープンもしくはリワインドします。 stayopen 引数が 0 でなければ、 gethostbyname(), gethostbyname2(), gethostbyaddr() のそれぞれの呼び出しの後、ファイルはクローズされません。

endhostent() 関数はファイルをクローズします。

歴史

herror() 関数は BSD 4.3 で登場しました。 endhostent(), gethostbyaddr(), gethostbyname(), gethostent(), sethostent() 関数は BSD 4.2 で登場しました。 gethostbyname2() 関数は BIND バージョン 4.9.4 ではじめて登場しました。

バグ

これらの関数は静的データ記憶域を使用します。 後でこのデータを使う必要がある場合は、以後のこれらの関数呼び出しで データが上書きされる前に、コピーして保存する必要があります。 なお、アドレスデータとして受け入れるのは現在、 インターネットアドレスフォーマットだけです。

GETHOSTBYNAME (3) May 25, 1995

tail head cat sleep
QR code linking to this page


このマニュアルページサービスについてのご意見は Ben Bullock にお知らせください。 Privacy policy.

A child of 5 could understand this! Fetch me a child of 5.